安倍晋三が原発再稼働に踏み切る。こういうことは選挙期間中にどんなに玉虫色のことをいっても、わかっていたことだ。

日本は原発事故で地球環境を汚染し続けている。その真犯人は自民党である。

その自民党は対米隷属・官僚隷属・財界隷属の政党であって、日本国民の民意をくみ取る姿勢など元々ない政党である。

原発の使用済み核燃料は、どうするのか。安倍自民党は、その答えもなしに再稼動に突き進む。

東京電力は昨日( 2013年2月28日)、福島第一原発の港湾内のアイナメから、1キロ・グラムあたり51万ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。

この数値は国の規制値(100ベクレル)の5100倍に相当する。これまでの最高値は、昨年(2012年12月20日)に同じ福島第一原発港湾内でとれたムラソイの、25万4000ベクレルだった。

港湾外の魚も汚染されている。しかも魚は回遊するので、今や日本の魚介類は一時期の中国の食品よりも、はるかに危険な食材になっている。

放射能は、これまで日本人の健康と長寿を支えてきた良質の食材を軒並み壊してしまった。玄米、魚介類、お茶、牛乳、シイタケ、ヨーグルト、小魚、ニラ、ネギ。これまで体にいいとされてきたものばかりである。

昨年の4月、福島県沿岸で、東電が行った魚介類の調査で、スズキから食品の基準の16倍の放射性セシウムが検出している。ヒラメ、マコガレイなど延べ7種類でも基準を上回った。関西でも魚を食べるのが難しくなっている。魚は回遊するからである。

いや、関西の魚介類どころか、九州の養殖ものも危ない。昨年、鹿児島産の養殖ブリから7.2ベクレル/kgのセシウムが検出されている。

国際環境保護NGOグリーンピースが、スーパーマーケットで販売されている鮮魚の抜き打ち調査の結果を発表して、これがわかった。養殖魚に目をつけたのは、えさが汚染されていれば、当然、養殖魚も汚染されるからである。

東日本地域の川魚、太平洋沖の海魚、太平洋沖の貝類、東京湾の魚貝と海苔。この危険な海産物を、国民に何としてでも食べさせる。そこで国が「魚離れ」の対策として、調理の手間がかからない魚介類の加工食品を「ファストフィッシュ」として普及させる。異常な政治家・官僚たちである。

TPPに参加すれば、これに米国の遺伝子組み換え食品が加わる。かくして水と食料で、日本は衰亡してゆく。戦略なき無能な政治と、強欲資本主義とで、日本は衰亡してゆくのである。

さてTPPであるが、いよいよポチ安倍晋三が交渉参加を表明することになりそうだ。

これまでTPPが米国にのみ利益があって、わが国には全くメリットのない条約であることを、次の項目を通じて語ってきた。

1 ISD条項(Investor-State Dispute Settlement 投資家保護条項)

2 ラチェット条項(Ratchet条項)

3 スナップバック条項(Snap-back条項)

4 「間接接収による損害賠償」

5 NVC条項(Non-Violation Complaint条項 「非違反提訴」)

6 「未来の最恵国待遇」(Future most-favored-nation treatment)

7 「守秘合意」

8 「再協議禁止」

今回は、まずネガティブリスト方式について語る。
ブログランキング・にほんブログ村へ
「ネガティブリスト方式」

NHKを初め、日本の「記者クラブ」メディアは、TPPといえば必ず農業と他の産業との対立にもっていく。あたかも農業の対応策さえきちんとやれば、TPPは問題なしといいたいかのようである。

TPP問題では、郵貯マネー約270兆円、医療保険を通じた日本人個人資産700兆円の、米国への献上を隠すために、農業を前面に出している。

さて、日本が農産物の米を「ネガティブリスト方式」に入れてそれが認められたとする。すると、「非開放分野」の米以外は全てが関税撤廃されることになる。

これで日本のコメ農家が一安心するとしたら、とんでもない間違いである。

いちどTPPに参加してしまえば、どうにでも変更させられるようになっているのだ。次の「10」がそうである。

10 「規制必要性の立証責任と開放の追加措置」

何年か後に米国がどうしても米国の米を日本に輸出したいと思ったとしよう。すると米国は、それを日本に迫ることになる。日本政府が規制の必要性を立証できない場合は、関税撤廃のための追加措置を日本政府はとらねばならないのだ。

現在の我が国の劣化した政治と官僚に、米国を説得させるなど無理だとわたしは思っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
この続きは、

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 http://bit.ly/AvYMkY でご覧いただけます。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご購読をよろしくお願いします。

なお、この号の続きは読めませんが、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 http://bit.ly/n3i2Oc 携帯用 http://bit.ly/LP86GH を2011年8月29日より、配信サイト「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ