みんなの党の渡辺喜美代表が、みどりの風代表代行の行田邦子に対して、夏の参議院選挙にみんなの党から出馬するように声をかけた。

行田は前向きだったというから、おそらく次の選挙にはみんなの党から出馬するのだろう。

参議院の議員心理としては、直近の衆議院選挙の結果が自分の選挙結果の予測となるのは仕方がない。衆議院選挙に勝利し、勢いのある「自・公、維新、みんな」の方向に議員心理は流れていく。それは対米隷属のTPP参加の勢力だ。

もっと露骨な動きもある。民主党の参院議員川崎稔参院議員と植松恵美子参院議員は、22日にも民主党に離党届を提出する。衆議院選挙での民主党の壊滅を見て見切りをつけたわけだ。

さらに露骨な動きもある。国民新党代表の参議院議員自見代表は21日に、国民新党の吸収合併と自らの復党を自民党に要請した。

この自見庄三郎というのは政治を飯の種にしている男だ。この男の軌跡を追うと、政治理念や政策は二の次で、どう見ても政治家で飯を食うために、どうやって生き残るか、そこで政治的判断、出処進退を決めているとしか思えない。

ところで安倍晋三が21日に米国に向かって出発した。いよいよ偽物のナショナリストの、朝貢外交が始まるのである。

オバマの戦略は、米国自身の力の衰退を、日本の犠牲によってしのごうとするものだ。

すでに各州に米国連邦からの独立を求める動きが出ており、米国は「財政の崖」のために国防予算も大幅な削減に見舞われている。

とても米国はこれまでの軍事的プレゼンスを世界で維持できる状態にはない。

衰亡する米国と躍進する中国。中国の対米防衛線(第一列島線と第二列島線)を封じ込めることは、時間の推移とともに不可能になってくる。

そこで米国の代理戦争を日本にやらせる戦略が出来上がったのである。

それを受けたオバマのポチ安倍晋三の戦略はこうだ。

1 自民党は衆議院選挙で「TPP交渉参加反対」を訴え、農村票を獲得して政権に返り咲いた。それで安倍晋三は、今もTPP参加問題について「聖域なき関税撤廃を前提とする以上、TPPに参加しない」と気張っている。しかし、これは単なるパフォーマンスに過ぎない。

米国との話し合いはすでについている。例えばモスクワで開かれた主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、日本のアベノミクスに対して各国からの反対らしい反対意見は出なかった。その理由は米国が円安を認めているからである。

もし米国が安倍晋三の経済・景気政策を批判していたら、日本は各国の財務相・中央銀行総裁から、総攻撃を受けていただろう。

つまり、日本の重要な施策はすでに米国の手中にある。

TPP参加も、農産物の米だけを「例外」品目として残し、選挙での約束は果たしたと大見得を切って、7月21日予定の参議院選挙の後に、正式に参加表明することになろう。
ブログランキング・にほんブログ村へ
2 民主党政権によって揺らいだ「日米同盟」という名の対米隷属を、より強固に復活させる。そのために改憲・集団的自衛権・国防軍といった自衛隊傭兵化のための売国策をオバマに差し出す。

衆議院では自・公はすでに3分の2以上を獲得している。夏の参議院選挙で3分の2以上を獲得すれば、憲法改正の条件をクリアできる。

その上で憲法改正を国民投票にかけ、改憲を成し遂げ、集団的自衛権、国防軍、徴兵制度(国民皆兵)といったテーマを実現させてゆく。

3 原発を推進する。原発の維持推進は米国の要請でもあるが、その中心にあるのは、電気などではなくプルトニウムの生産である。

米国は原発から手を引くのに、日本には原発推進を指示している。(対日政策提言)。

この理由は2点ある。ひとつは米国がプルトニウムが欲しいからである。それで日本を最大のプルトニウム生産工場にするつもりだ。

2点目は、米国の、強いパートナー日本の確立によって、将来の日中戦争に備えるためである。(対日超党派報告書)

自民党の愚かさは、プルトニウムをため込んだところで、いつ原爆を作れるのか、まったく見通しがないことだ。

米国は日本の原爆保有を認めない。なぜならそれは植民地日本の、米国の核の傘からの自立を物語るからだ。

それに日本の原爆保有については、必死に最大の債権国(中国)が反対するだろう。日本が目指すべきは核なき世界だ。

原発市場は50兆円市場ともいわれるが、それは間違いなく地球環境破壊の市場なのだ。

4 『Bloomberg.co.jp』は、2013年1月14日の紙面で「FRB議長を安倍首相が手助けか-外債購入ファンド構想で」と題して、次のように報じた。

以前からわたしは、消費税増税が米国債購入に消えるといってきたが、その通りになってきた。

「安倍政権は、50兆円の外債購入ファンド設立の見通しである。外債購入といってもその大半は米国債となる。

ブログランキング・にほんブログ村へ
この続きは、

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 http://bit.ly/AvYMkY でご覧いただけます。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご購読をよろしくお願いします。

なお、この号の続きは読めませんが、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 http://bit.ly/n3i2Oc 携帯用 http://bit.ly/LP86GH を2011年8月29日より、配信サイト「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ