「脱原発」タグの記事一覧

中国の原発

China Russia Korea

日本で原発が問題になるときは、まず福島第1原発であり、続いて再稼動原発であり、政府の原発政策などである。 海外のメディアが採り上げるのも多くは福島第1原発だ。それは当然で、地球環境を、かつてなかったスケールで汚染し続けて・・・

民主党も「今だけ、金だけ、自分だけ」

状況

現職衆院議員の参院へのくら替え出馬が出てきた。民主党の菊田真紀子衆院議員が、わざわざ参院にくら替えして、こともあろうに新潟選挙区から出馬する。 これは非常に深刻な意味をもたらすだろう。なぜなら、菊田のくら替え出馬は、「生・・・

広島・長崎と福島をつなぐもの

原発・原爆・核兵器

脱原発(脱被曝、脱1%、脱原発依存、脱人体実験)は票にならないし、金にもならない。したがって、「今だけ、金だけ、自分だけ」の政治が支配する日本では、一部を除いて政治家も原発を語らないし、知識人も語らない。 原発に関しては・・・

メルケルが残したもの

状況

鳩山由紀夫がクリミアに入った。 この問題は鳩山由紀夫を止める方がおかしい。あの国には行くな、この国はよろしいと、いったい外務官僚や政治家は自分を何様だと思っているのだ。 わが国の外交を、対米隷属以外に何も知らない外務省や・・・

脱原発の深層

原発・原爆・核兵器

日本は「立派」なトップを次々と世界に送り出す。 それでこれまでも世界は正確に日本政治の劣化を知っていた。しかし、灯台もと暗しで、肝心の日本国民がそれを知らなかった。それは犬HKを初め、東京の大手メディアが、さかんに日本政・・・

小泉純一郎にだまされるな、の裏側

選挙

『福島民報』(2月16日付)に「只浦義弘さん最高賞 東京”粋な”ごはんグランプリ」という記事が載っている。 「東京都民の好みに合うコメを決める第1回「東京”粋な”ごはんグラ・・・

「脱原発」候補一本化の失敗のわけ

選挙

今日は雪だ。雪のなかで細川護熙と小泉純一郎の最後の訴えが、東京を駆け抜ける。 表舞台に出てこない小沢一郎を含めて、70歳を過ぎた、かれらの「脱原発」は、おそらく最後の巡礼になる。 人間、誰しも間違う。間違って、非を詫びる・・・

いかにして日本は失われたか

政局

『いかにして、アメリカは失われたか』という魅力的なタイトルで 元経済政策担当の財務次官補で、多数の大学で教鞭を執るPaul Craig Roberts が、2013年11月7日に記事を書いている。 http://bit.・・・

ページの先頭へ