「米国」タグの記事一覧

カードとしての「1つの中国」

China Russia Korea

  『英国エコノミスト』(2017年3月11日号)に、「1つの中国にはいろんな意味が 馬鹿げた1つの中国政策を維持すべき理由」が載っている。 「1つの中国」はいつか実現するのか。それとも米国の本音は「2つの中国・・・

英国のロシア接近

EU

世界の変化を捉えるのに、米国、ロシア、中国の、その外交と軍事政策の変化を見る。これがもっとも直截なとらえ方である。 もうひとつその周辺国の変化を見るという方法がある。これも非常に重要である。 今回のメルマガでは、英国の動・・・

「ブロック政治」と米中ロ

国際紛争

世界は米中ロ三国関係をめぐって展開している。この構造はしばらく変わらないだろう。 米国のデフォルトは時間の問題になっている。しかし、それによって米国がG7から外されたり、二流三流国に転落することはありえない。いずれ体勢を・・・

国富蕩尽のわけ

状況

政治がダメなので、その結果、日本ほどシロアリにたかられた国はない。米国というモンスターシロアリを筆頭にして、官僚も企業も政党(共産党を除く)政治家も国民の税金にたかっている。 1 米国(米国債、米国製兵器、思いやり予算、・・・

気持ち悪い状況

状況

北朝鮮が水爆核実験をやった。それが水爆であるか、それとも原爆であるかは、今はどうでもいいことだ。安倍追及の国会が始まった直後である。いいタイミングだ。 安倍が困ったときには、北朝鮮の応援がある。あるいは、安倍も核実験を掴・・・

中東での米国の肩替わり

国際紛争

メディアが嘘をついている。 欧米日のメディア情報は、ほとんど物語になってきた。 サダム・フセインの大量破壊兵器、アサドの化学兵器使用、イランの核兵器開発計画、そしてロシアのウクライナ侵略。これらはすべて嘘だった。 「ひる・・・

パリ同時連続襲撃事件

国際紛争

2015年11月13日夜、パリの、少なくとも6か所で、同時多発の連続襲撃事件が発生し、日本も狙われた。 「エリック ・C ル・フィガロ紙に「日本のレストランが標的として狙われた(un restaurant japonai・・・

ページの先頭へ