米朝交渉の行方

天木直人がこんなツイートをしていた。 蓮舫議員が台湾の蔡総統と会って日台関係強化へともに頑張ろうと記者団に話したらしい。立憲民主党の対中外交は大丈夫か?  山尾志桜里議員が小林よしのり、伊勢崎賢治、井上達夫らと自衛隊活用…


朝鮮半島有事における米中協調の可能性

オリアナ・スカイラー・マストロの「中国は北朝鮮を見限っている—半島有事における米中協調を」を切り口に、朝鮮半島有事を考えた。 (オリアナ・スカイラー・マストロは、ジョージタウン大学外交大学院 アシスタント・プロフェッサー…


核兵器は誰も使えない

1 世界最強でも勝てない戦争 今回の衆議院選挙には、政権交代の可能性があった。 ファシズムと戦争を止めるためにも、野党共闘を成功させて、どうしても政権交代を起こさねばならない選挙だった。 しかし、ひとつにまとまるどころか…


米露から見た日本政治

このページは、2017年6月3日に更新しました。 ・・・・・・・・・━━━━━━☆ [char no=”1″ char=”漱石”]犬HKをはじめ御用メディアは、共謀罪に賛成…


もし中国が北朝鮮への石油を止めたなら

今村雅弘復興相がまたやってくれた。 今村は、4月25日に、都内で開かれた自民党二階派のパーティーで講演をしている。 そこで、東日本大震災について「(発生場所が)東北で、地方だったから良かった。 これがもっと首都圏に近かっ…


カードとしての「1つの中国」

  『英国エコノミスト』(2017年3月11日号)に、「1つの中国にはいろんな意味が 馬鹿げた1つの中国政策を維持すべき理由」が載っている。 「1つの中国」はいつか実現するのか。それとも米国の本音は「2つの中国…


米国分裂はネオナショナリズムへと向かう

トランプ勝利の結果を出した米国は、現在、どうなっているのだろうか。 わたしたちに関心があるのは、米国の分裂である。そしてその分裂の真相である。今日のメルマガではそれを考えてみる。 サラ・エステスが「行き場を失った道徳的怒…


英国のロシア接近

世界の変化を捉えるのに、米国、ロシア、中国の、その外交と軍事政策の変化を見る。これがもっとも直截なとらえ方である。 もうひとつその周辺国の変化を見るという方法がある。これも非常に重要である。 今回のメルマガでは、英国の動…


「ブロック政治」と米中ロ

世界は米中ロ三国関係をめぐって展開している。この構造はしばらく変わらないだろう。 米国のデフォルトは時間の問題になっている。しかし、それによって米国がG7から外されたり、二流三流国に転落することはありえない。いずれ体勢を…


米国が日本に原発再稼動を求めるわけ

原子力村は、福島第1原発を観光名所にするつもりらしい。 普通の神経ではないが、いかにも日本らしい現象ではある。 そういえば東京オリンピック開催も並の神経では考えられぬことである。日本以外の国で、福島第1原発クラスの事件を…