状況への呟き(2018/02/03)

ときどき、ツイッターに投稿した表現を「状況への呟き」としてブログで公開します。

他の方の優れた「状況への呟き」も紹介します。

今後も読みたいツイートがありましたら、その方のフォロワーになってあげてください。

リンク先に、貴重な情報があるケースが多いので、それも併せてお楽しみください。

新しいツイートが上にきております。

時間とともに増えていきますので、あとでまたお寄りください。

皆さんの思索の糧になりますように。

・・・・・・・・・━━━━━━

・・・・・・・・・━━━━━━☆

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

キケロ兄弟の政治・選挙論と日本

1 安倍晋三の人間失格の暴言

郷原信郎が、かれのブログ『郷原信郎が斬る』に「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」は、“首相失格の暴言”」(2017年10月12日)を書いている。

昨夜(10月11日)のテレビ朝日「報道ステーション」の党首討論で、安倍首相が、「籠池さんは詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」と発言した。
内閣の長である総理大臣として、絶対に許せない発言だ。

籠池氏は、森友学園が受給していた国土交通省の「サスティナブル建築物先導事業に対する補助金」の不正受給の事実についての詐欺罪で逮捕され、起訴された。

しかし、刑事事件については、「推定無罪の原則」が働く。
しかも、籠池氏は、その容疑事実については、完全黙秘を貫いていると報じられている。
その籠池氏の公判も始まっておらず、本人に言い分を述べる機会は全く与えられていないのに、行政の長である総理大臣が、起訴事実が「確定的な事実」であるように発言する。

しかも、安倍首相は、憲法の趣旨にも反する、不当極まりない解散(【“憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」】)を、総理大臣として自ら行った。
それによる衆議院選挙が告示された直後に、自分の選挙を有利にする目的で行ったのが昨夜の放送での発言なのである。
安倍首相は「丁寧な説明をする」と言っていたが、それは、籠池氏が詐欺を働いたと決めつけることなのか。

法務大臣には、個別の刑事事件に関しても、検事総長に対する指揮権がある(検察庁法14条但し書き)。
その法務大臣に対して、閣僚の任免権に基づき、指揮を行うことができるのが総理大臣だ。
そのような「行政の最高責任者」が、司法の場で裁かれ、判断されるべき籠池氏の詐欺の事件について、「籠池さんは、詐欺を働いた」などとテレビの総選挙に関する党首討論で、言い放ったのである。
法治国家においては、絶対に許せない「首相失格の暴言」だ。

(中略)

しかも、安倍首相は、自分の妻である安倍昭恵氏が、その籠池氏に「騙された」と言うのである。
それは、どういう意味なのだろうか。
「詐欺師の籠池氏に騙されて森友学園の小学校の名誉校長になった」という意味だろうか。
それとも、「騙されて100万円を寄付させられた」という意味だろうか。(「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」は、“首相失格の暴言”)

一国の総理が、まだ裁判にもなっていない、完全黙秘をつらぬいている人物を捉えて、しかも関係した自分の妻を庇って、裁判官に先立ってテレビで有罪を決めつける。
「籠池さんは詐欺を働く人間。昭恵も騙された」。
まるで子供並みの言い草である。

そんなに自信があるのなら、堂々と国会の証人喚問に応じたらいいではないか。
うそがつうじない国会では夫婦で逃げ回る。
うそが通じるテレビでは裁判官に先立って有罪を決めつける。

ほんとうに、この卑小で卑劣な男に、日本はどこまで破壊されるのだろうか。

「推定無罪の原則」も安倍は知らないのである。
「首相失格の暴言」どころか、人間失格の暴言だ。

しかも今回の衆議院解散は、総理の犯罪である森友・加計学園事件を隠蔽するための、モリカケ逃亡解散である。
その総理の意図に応じて、米国のエージェントである小池百合子と前原誠司とによって、民進党内リベラル狩り、モリカケ潰しが行われ、自公が勝利するための段取りが実施された。

その効果があって、選挙は自民党の勝利が伝えられる序盤戦になっている。
勝つためには手段を選ばない、最低最悪の総理による、最低最悪の選挙になっている。

さて、今日のメルマガは、前回のメルマガで予告したように「キケロ兄弟の選挙戦術 —— 現代に生きる古代ローマの知恵と戦術」を切り口に、政治と選挙を考察する。

ここに引用するのは、共和政ローマ法務官であったクィントゥス・トゥッリウス・キケロが書いた政治論であって、選挙論である。
兄に向けて書いた手紙の形式をとっている。

クィントゥスの手紙は佳境に入る。

2 友人よりも敵を近くに

<友人を近くに、敵はもっと近くに>

さまざまな考えの持ち主を常に傍らに置いておくべきです。
投票権を持つ人々は、あなたを判断する場合に、質と数の両面においてどのような人物たちを周りに集めているかも考慮します。
そこには三つのタイプの支持者がいるはずです。
あなたの家にやってきてあなたに挨拶をする人、フォロ・ロマーノに向かうあなたをエスコートする人々、そして、どこにいくにも、あなたの供をする人々です。

最初のタイプの人々を信頼してはいけません。
多くの人は、複数の候補者の家に出向いて挨拶するものです。
とはいえ、「立ち寄ってくれたことをうれしく思う」と感謝することを忘れずに。
訪問をうれしく思うと伝え、(機会があれば)その人物の友人たちにも彼が挨拶にやってきたことを伝えるべきです。
友人たちがその言葉を相手に伝えてくれます。
何人もの候補者を訪問しているとしても、特に目をかければ、彼らをあなたの支持へと引き寄せることができます。

一方、訪問者がそれほどあなたを支持してはいない人物であると取り巻きから知らされたときも、相手を信じているふりをすべきです。
その人物が噂を否定すれば、「あなたの忠誠を疑ったことはないし、今後においてもそうだ」と言ってやるのです。
「友人として信頼している」と相手を納得させられれば、彼が本当にあなたの友人になる可能性を高められます。
とはいえ、あなたへの好意を相手が示しても、それを文字通り受け入れてはなりません。

(中略)

ここまで友情(と交流)について多くを書いてきましたが、次に気をつけるべき点を指摘します。
政治の世界は嘘、背信行為、裏切りであふれています。
これまで誠実な行動をとり、友人であるかのように装っていても、実際には、あなたに嫉妬している人物もいるかもしれません。
戯曲家のエピカルモスの賢明な言葉にあるように「簡単に人を信じてはいけません」

誰が信頼できる友人であるかを見極めたら、あなたの敵が誰なのかも考えなくてはなりません。
あなたに敵対する人のなかには、これまでにあなたが傷つけた人々、特に理由はなくてもあなたを嫌っている人々、そして対立候補の親しい友人たちが含まれます。

友人を擁護したがゆえに敵にまわしてしまった人々には、優雅に接して謝罪し、「自分は深いつながりを持つ人物を助けただけで、仮にあなたたちが友人なら、同じように擁護しただろう」と伝えるのです。
特に理由はなくても、あなたを嫌っている人々には、親切にするか、便宜をはかるか、彼らのことを心配していることを言動で示すことで、信頼を勝ち取るべきです。
あなたのライバルの友人たちにも同じアプローチを用いることができます。
あなたに敵対する人にも慈善の精神で接するのです。

クィントゥスの手紙を読んでいると、現代の政治と選挙の現実そのままであることがわかる。
いや、多くの日本の政治家はこのレベルには達していないであろう。

本来、政治というのは、哲学や倫理学、それに文学や宗教と密接に結びついているものだ。
だから偉大な政治家は、つねに政治家以外の人と交わり続けた。

「さまざまな考えの持ち主を常に傍らに置いておくべきです」。
これは政治家のみならず、すべての人間に対していえることである。

これが決定的に欠けているのが安倍晋三であろう。
とにかく自分を批判する人間はもちろん、耳に痛いことをいう人間も側におかない。
その結果、阿諛追従のオトモダチで周りが固められ、そのオトモダチに便宜を図る。

その結果、国家・国政の私物化、身内びいきが行われ、縁故主義(ネポティズム)がはびこることになった。
そして泥棒国家ができあがったのである。

「政治の世界は嘘、背信行為、裏切りであふれています」という考察は、いまも同じである。
日本の永田町といえば、うそと背信と裏切りのるつぼである。
それは、小池と前原による、民進党内リベラル狩り、モリカケ潰しでも露骨に炙り出された。

党の代表が自党の国会議員をだましてまで党破壊に率先して務める。
だまして他党に売られた政治家たちは、昨日までの政策をすべて捨て、自分はもともと戦争法(安保法制)にも改憲にも賛成だったというのだから、もはや政治家とて飯を食っていくためには何でもするという浅ましさである。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

[char no=”10″ char=”与謝野晶子”]そうです。
何を書くか、よりも、誰が書くか、ですね。
どんな位置にいる、誰が書くか、が大切なのです。
それは、ほんとうのことを言えるかどうかの違いになってきます。
この位置は、競合する表現者には同じステージで真似できない強みになるのですね。
「こんにちは! 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します」って、それだけ? あいかわらずぶっきらぼうですね。
若い人たちは、あなたのことを何も知らないのだから、もっときちんと自己紹介しなくちゃ。
せっかく「プロフィール」を書いているのだから、リンクを張っておきますね。[/char]

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

[char no=”9″ char=”太宰”]わかりやすいというのは、論理的ということね。
その論理も、説得する論理ではなく、納得させる論理でなければいけないのだろう。
それでどうしてもある程度の長さが必要になる。
ぼくが長編を書いたのも、そのためさ。
[/char]

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO

交渉録音データでさらに追い詰められた安倍晋三

このページは、2017年8月3日に更新しました。

『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

[char no=”1″ char=”漱石”]野党にとっては、10月の補欠選挙が重要ですね。ここで明確に対立候補を立て、選択肢を与えることが大事です。間違っても横浜市長選の轍を踏まないようにしなければなりません。安倍晋三が青息吐息のとき、民進党の野田―蓮舫は、森友・加計・稲田を棚上げし、長期の夏休みに入り、安倍に一息吐かせることにしました。いつもの安倍が困ったときの野田頼みです。民進党は今が攻めどきなのに、1か月かけて代表選をやります。国民が怒っているのにも気付きません。民進党の支持率の回復は当分ないでしょうね。いつも野田が下げているのです。[/char]

このページの要旨

10月には、自民党議員の死去に伴う愛媛3区、青森4区で衆議院の補欠選挙がある。
もしこのふたつとも落とすと、もう安倍晋三は恐くて解散はうてなくなる。
ずるずると来年の任期満了まで行き、野垂れ死に解散に追い込まれる。
それで、いっそ9月22日解散、10月22日投開票という案が自民党で浮上している。
つまり、愛媛、青森と同日選にしてしまい、影響を受けずに衆議院選挙をやってしまおうというわけだ。
森友学園事件は、籠池泰典ひとりに責めを負わせて、大阪のローカルな問題として安倍晋三は幕を引きたかった。
ところが劇的な展開が起きてしまった。
フジテレビ(FNN)が、近畿財務局と森友学園側の交渉録音を流したのだ。

2016年5月中旬から下旬にかけての近畿財務局と森友学園側の交渉が、録音されたとされる音声データが出てきた。
これで佐川宣寿の「あらかじめ価格について申し上げることはございません」は、やはりうそであることがわかった。
録音のなかで、近畿財務局の池田靖前国有財産統括官(当時)が「(ゴミ撤去費が)われわれが見込んでいる金額より少なくても、われわれは何もいわない」と語っている。
安倍晋三としては、文字通り籠池泰典のしっぽ切りで、すべては大阪で起きたこととして幕を引きたかった。
そして衆議院選挙に突入するつもりだった。
しかし、どうもすんなりとはいかぬ形成になってきた。

[char no=”2″ char=”芥川”]ついに会議の録音が出てきました。これからは、政治の必須のツールとしてレコーダーが登場してくるでしょう。日本の権力者はうそつきばかりで、紙に書かれた記録は証拠になりません。そこでレコーダー・ビデオカメラの登場になったわけです。しかし、これは政治の場でうそが常態化したことを物語るものです。言葉は政治家の命といいますが、ついに安倍晋三はその命を奪ったのです。最高権力者が言葉の上に立ち、言葉を監視する。警察国家の監視社会は、すでに森友・加計学園事件に顕在化しています。[/char]

・・・・・・・・・━━━━━━☆

1 森友も加計も終わらない

森友・加計学園事件は、大きな動きがあった。
今日のメルマガはその動きを書くが、その前に自民党の動きについて書いておく。

10月には、自民党議員の死去に伴う愛媛3区、青森4区で衆議院の補欠選挙がある。
同日選挙で、10月22日投開票となる見通しだ。

もしこのふたつとも落とすと、もう安倍晋三は恐くて解散はうてなくなる。
ずるずると来年の任期満了まで行き、野垂れ死に解散に追い込まれる。

それで、いっそ9月22日解散、10月22日投開票という案が自民党で浮上している。
つまり、愛媛、青森と同日選にしてしまい、影響を受けずに衆議院選挙をやってしまおうというわけだ。

もうひとつ衆議院選挙絡みで、自民党が焦っていることがある。
森友学園事件である。
ここは籠池泰典ひとりに責めを負わせて、大阪のローカルな問題として幕を引きたかった。

ところが劇的な展開が起きてしまった。
フジテレビ(FNN)が、近畿財務局と森友学園側の交渉録音を流したのだ。

金子勝

【財務省国税庁亡国2】「怪文書」人格攻撃の悪代官スガの特徴は嘘つきで恥知らず。
FNNが報じた近畿財務局と森友学園側の交渉が録音されたとされる音声データの存在をめぐり、調査もせず、逃げ続けマックロだ。
加計から甘い汁の竹下亘はそのパシリ。

冨永格

森友学園による値引交渉の録音記録がフジテレビで流れる。
近畿財務局の池田靖・前国有財産統括官らしき男性が「(ゴミ撤去費が)われわれが見込んでいる金額より少なくても、われわれは何も言わない」と籠池夫妻に話している。

IWJウェブ速報

【速報1】森友学園問題で国有地の正式な鑑定価格が出る直前の2016年5月中旬から下旬にかけての近畿財務局と森友学園側の国有地売却の交渉が録音された音声データをFNNが入手・公開。
交渉相手は近畿財務局の池田靖前国有財産統括官(当時)とみられる。

菅野完

籠池の黙秘権行使は当然の話でしかなくて、諸々漏れ伝わる話だと、検察側は
1)国有地の売買で財務省は何を言ったのか?
2)補助金もらう契約書作るとき業者は何を言ったのか?
3)酒井弁護士はどういう話をしたのか?
を聞いてるらしく、籠池からしたら全部「俺に聞くなよ」って話でしかない。

赤澤竜也

明日にも接見禁止が予想されるため、籠池氏のご令嬢と大阪拘置所へ面会に行ったが、「検事の指示により不可」と言われる。
「逃亡のおそれ」「罪証隠滅のおそれ」が認められない籠池夫妻を逮捕するだけでも行き過ぎなのに、肉親のたった一日の面会すら公権力で圧殺する大阪地検特捜部の冷酷無比さに驚愕。

2 交渉録音データでさらに追い詰められた安倍晋三

この国では、言葉は法的な証拠にはならない。
それはうそつきが多いからだ。
そのことは森友・加計学園事件を巡る国会の審議で明白である。

総理の犯罪を、オトモダチの権力者たちは、まずは言葉を「怪文書」と決めつけて逃げる。
それが「怪文書」でないことがわかると、「公文書」でない、単なる「メモ」だとして逃げる。
複数の証拠が出てきて逃げられないとわかると、そんなことをいった記憶がないと逃げる。

あとは「知らぬ存ぜぬ」で総理の犯罪を隠蔽する。
かくして良心も知性もない、きわめて暗愚な国会が出来上がった。

ここまで権力者がうそつきだとなると、レコーダーが必要になる。
さらにいいのはビデオカメラだろう。
いまは十分相手に気付かれない小型のビデオカメラがあるようなので、権力者との決定的に重要なやりとりは、ビデオカメラで保存する必要が出てきた。

つまり、そこまで日本の政治は、うそつきばかりで劣化してしまったということだ。

これで霞ヶ関文豪佐川宣寿の「あらかじめ価格について申し上げることはございません」は、やはり物語にすぎなかったことがわかった。

2016年5月中旬から下旬にかけての近畿財務局と森友学園側の交渉が、録音されたとされる音声データの一部は、以下で見ることができる。

近畿財務局の池田靖前国有財産統括官(当時)が「(ゴミ撤去費が)われわれが見込んでいる金額より少なくても、われわれは何もいわない」と語っている。
(FNN動画)

安倍晋三としては、文字通り籠池泰典のしっぽ切りで、すべては大阪で起きたこととして幕を引きたかった。
そして衆議院選挙に突入するつもりだった。
しかし、どうもすんなりとはいかぬ形成になってきた。

FNNが森友と財務局の交渉録音をスクープしたことは、事実以上に物語ることがある。
それは、安倍晋三がいよいよゴミ売を除く東京の大手メディアに見切られはじめたということだ。

菅野完の「漏れ伝わる話」は、どう理解すべきなのか。
「国有地の売買で財務省は何を言ったのか?」「補助金もらう契約書作るとき業者は何を言ったのか?」「酒井弁護士はどういう話をしたのか?」と訊く検察は、籠池泰典ひとりをクロにするために訊いているのである。
財務省や業者や酒井弁護士をクロにするためではない。
そこは籠池泰典もわかっているだろう。

もうひとつの加計学園事件である。
今治の獣医学部新設を考える際に重要なのは、学校建設にかかわる問題なのに、加計孝太郎が教育者ではないということだ。

いまも疑惑の説明もしなければ、感謝の言葉ひとついわずに逃げ回っている。

加計孝太郎が学校を作るのは、教育理念の実現のためではない。
単なるビジネス、金儲けのためである。

この認識は重要なのだが、あまり指摘されることがない。

最近、地元今治市での市民の闘いが注目されている。

その中心になっているのが、武田宙大、黒川敦彦などだ。

前号で紹介した、今治市の市議による報告会。
市民が見守るなかで、加計・市長から、議員ひとり1000万円のワイロをもらった「買収疑惑」が明確になってしまえば、告発しないわけにはいかない。
実際、武田宙大が告発した。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

[char no=”10″ char=”与謝野晶子”]そうです。
何を書くか、よりも、誰が書くか、ですね。
どんな位置にいる、誰が書くか、が大切なのです。
それは、ほんとうのことを言えるかどうかの違いになってきます。
この位置は、競合する表現者には同じステージで真似できない強みになるのですね。
「こんにちは! 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します」って、それだけ? あいかわらずぶっきらぼうですね。
若い人たちは、あなたのことを何も知らないのだから、もっときちんと自己紹介しなくちゃ。
せっかく「プロフィール」を書いているのだから、リンクを張っておきますね。[/char]

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

[char no=”9″ char=”太宰”]わかりやすいというのは、論理的ということね。
その論理も、説得する論理ではなく、納得させる論理でなければいけないのだろう。
それでどうしてもある程度の長さが必要になる。
ぼくが長編を書いたのも、そのためさ。
[/char]

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO

森友腐敗の構造 ~付け値の土地~

このページは、2017年7月29日に更新しました。

(7月27日(木)に、ワードプレスの、或るプラグインを更新したところ、サイトが開けなくなりました。管理者ページにも入れなくなり、せっかく訪問してくださった皆さまに、ご迷惑をおかけしました。

無事、復旧しましたので、今後ともよろしくお願いします)

『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

[char no=”1″ char=”漱石”]籠池泰典という人は面白い人ですね。ふつう警察や検察からの聴取というと、世間体もあって隠すものですが、かれはメディアを招き入れてやっています。これは日本でははじめての画期的なことではないでしょうか。国民の関心の高さが、自分を守ってくれる。そういっているようです。実際、忘れ去られたら、かれは好きに料理されるでしょうね。[/char]

このページの要旨

財務局は森友学園側にいくらまでなら支払えるのか尋ね、学園側は上限としておよそ1億6000万円という金額を提示していた。
財務局の担当者は国有地の土壌改良工事で国がおよそ1億3200万円を負担する予定であることを理由にこれを上回る価格でなければ売れないなどと事情を説明していた。
財務局はゴミの撤去費用の見積もりを民間業者ではなく国有地を管理している大阪航空局に依頼するという異例の対応を取り、値引き額はおよそ8億2000万円と決まった。
この結果、学園側への売却価格は1億3400万円となった。

2015年9月5日に、安倍昭恵が瑞穂の国記念小学院の名誉校長に就任した。
ここからすべてははじまった。
国有地の売り手が、買い手に幾らまでだったら払えるかと訊く。
安倍昭恵が名誉校長の小学校だからだ。
なるべくタダ同然で売って、安倍晋三の歓心を買いたい。
もう付け値(買い手が値段をつける)の世界だ。
佐川宣寿(財務省前理財局長)は、これまで売却価格を決める前に具体的な金額の交渉はしていないと、国会でうそ八百を並べ立ててきた。

[char no=”2″ char=”芥川”]売り手の国が、「いくら払える」と買い手に訊く。その価格に添ってゴミ撤去費用を高く設定して値引く。交渉にあたった酒井康生弁護士も、その報告を受けた籠池泰典も、安倍昭恵名誉校長の神通力に驚いたことでしょう。それを仕切った官僚が出世していくので、背後の真犯人は明確です。[/char]

・・・・・・・・・━━━━━━☆

1 この土地、幾らなら払える?

自民党の今井絵理子参院議員が妻子ある男性と「略奪不倫」をした。
世界一の歳費をもらっているので、遊ぶ金には困らない。

それも、ともに自民党の、中央の国会議員と地方の市議との不倫だった。

今井は、自分のようなバカが国会議員になれたので、すっかり世間をなめきっていた。
不倫のホテルを、濡れた髪のままパジャマ姿で闊歩していた。

こんなことは、どんなにおバカなタレントもやらない。
いまはテレビのバラエティにも、自民党議員が必ず顔を出す。

自民党の劣化は、ついに芸能を超えたのである。

今井絵理子は、国民の命と暮らしを守る仕事には不向きなので、すぐに国会議員をやめるがよい。

さて、籠池泰典が大阪地検の任意の事情聴取を受けた。
籠池は、公開のもとにこの事件を展開するつもりらしい。
なかなか逞しくあり、これまでなかった手法である。

普通、聴取を受けた被疑者は、取り調べの内容はもちろん、取り調べを受けたこと自体を隠す。
いまの日本では、検察に呼ばれたら、胡散臭い人であり、起訴は即クロなのだ。

それを籠池は公開していく。
事情聴取の前日からメディアを自宅に入れ、出発の当日もメディアに向かって語りかける。
こんな事件を見たことがない。

『NHK NEWS WEB』(7月26日)に「近畿財務局と森友学園 売却価格めぐる協議内容判明」が出た。

大阪の学校法人「森友学園」に国有地が8億円余り値引きされて売却された問題で、去年3月に近畿財務局と学園側との間で売却価格をめぐって行われた協議の内容が初めて明らかになりました。

関係者によりますと、財務局は学園側にいくらまでなら支払えるのか尋ね、学園側は上限としておよそ1億6000万円という金額を提示していました。
実際の売却価格は学園側の提示を下回る金額に設定されていて、大阪地検特捜部は詳しい経緯を調べています。

去年6月、近畿財務局は大阪・豊中市の国有地についておよそ9億5500万円だった鑑定価格から地中のゴミの撤去費用などとしておよそ8億2000万円を値引きして森友学園に売却していました。

この売却価格をめぐって学園との間でどのような協議が行われたのか、これまで財務省や財務局は「記録を廃棄した」などとして説明してきませんでしたが、協議の詳しい内容が関係者への取材で初めて明らかになりました。

森友学園の籠池前理事長は去年3月11日に国から借りていた国有地で地中から新たなゴミが見つかったため、建設中の小学校の開校時期が遅れることを心配し国有地の買い取りを希望したということです。

関係者によりますと、3月24日、籠池前理事長から交渉を一任された学園の当時の弁護士が財務局に対して土地の買い取りを初めて打診し、この日のうちに双方が具体的な金額を出して協議していたことがわかりました。

この場で財務局の担当者はいくらまでなら支払えるのか購入できる金額の上限を尋ね、学園の弁護士は当時の財務状況を基におよそ1億6000万円と答えたということです。

一方、財務局の担当者は国有地の土壌改良工事で国がおよそ1億3200万円を負担する予定であることを理由にこれを上回る価格でなければ売れないなどと事情を説明したということです。

この協議の6日後の3月30日、財務局はゴミの撤去費用の見積もりを民間業者ではなく国有地を管理している大阪航空局に依頼するという異例の対応を取り、値引き額はおよそ8億2000万円と決まりました。

この結果、学園側への売却価格は1億3400万円となり、3月24日の協議で財務局と学園の双方が示した金額の範囲内に収まる形となりました。(「近畿財務局と森友学園 売却価格めぐる協議内容判明」

2 森友腐敗の構造 ~付け値の土地~

2015年9月5日に、安倍昭恵が瑞穂の国記念小学院の名誉校長に就任した。
ここからすべてははじまった。

2016年3月11日、小学校の基礎工事中に、不思議なことに新たなゴミが見つかった。
ここから物語が起動する。

不思議な笑いがこみ上げてくる。
売り手が、買い手に幾らまでだったら買えるかと訊く。
安倍昭恵が名誉校長の小学校だからだ。
なるべくタダ同然で売って、安倍晋三の歓心を買いたい。
どうせ自分の土地ではない。
国の土地である。

買い手もすぐに事態を悟る。
さすがは腐った国だ。
安倍昭恵が名誉校長だと、ここまで神通力があるのか。

しかし、売り手にも、下値に限界がある。
森友学園事件の場合、ゴミ撤去に国が投下した金額だ。
これ以上でなければならない。

買い手は、それより200万円上回る金額をいう。
もう付け値(買い手が値段をつける)の世界だ。
案の定、その金額で広大な土地が手に入る。
酒井康生弁護士も籠池泰典も、神風が吹いた、と思ったにちがいない。

去年(2016年)3月、近畿財務局と学園側との間で売却価格をめぐって行われた協議で、財務局は学園側にいくらまでなら支払えるのか尋ねていた。

霞ヶ関文豪佐川宣寿(財務省前理財局長)は、これまで売却価格を決める前に具体的な金額の交渉はしていないと、国会でうそ八百を並べ立ててきた。

学園側は、1億6000万円を提示する。

財務局は国有地のゴミ撤去で1億3200万円を負担する予定であるから、これを上回る価格にしてほしいと説明する。
「お主もワルよのう」という場面が浮かんでくるところだ。

この協議の6日後の3月30日に、財務局はゴミの撤去費用の見積もりを民間業者ではなく国有地を管理している大阪航空局に依頼する。
つまり、民間に委託すると、適正な価格が出てしまう。
すると、籠池泰典が買えなくなる。
それでゴミ撤去費用(値引き額)をなるべく高く設定しなければならない。
その意が伝わるのは大阪航空局しかない。

このとき、地方の近畿財務局と大阪航空局、それから中央の財務省、国土交通省の4者間で入念な情報のすりあわせがあったのである。

その結果、値引きはおよそ8億2000万円と決まった。

つまり学園側への売却価格は1億3400万円である。
まさに付け値である。

大阪地検がどこまでやるか。
国民の関心は、籠池泰典の努力もあって、まだ消えていない。
政治の場では通用した「記憶も記録もない」が、はたして検察にも通用するのか。
わたしたちも関心を繋いでいこう。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

[char no=”10″ char=”与謝野晶子”]そうです。
何を書くか、よりも、誰が書くか、ですね。
どんな位置にいる、誰が書くか、が大切なのです。
それは、ほんとうのことを言えるかどうかの違いになってきます。
この位置は、競合する表現者には同じステージで真似できない強みになるのですね。
「こんにちは! 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します」って、それだけ? あいかわらずぶっきらぼうですね。
若い人たちは、あなたのことを何も知らないのだから、もっときちんと自己紹介しなくちゃ。
せっかく「プロフィール」を書いているのだから、リンクを張っておきますね。[/char]

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

[char no=”9″ char=”太宰”]わかりやすいというのは、論理的ということね。
その論理も、説得する論理ではなく、納得させる論理でなければいけないのだろう。
それでどうしてもある程度の長さが必要になる。
ぼくが長編を書いたのも、そのためさ。
[/char]

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO

「萩生田副長官ご発言概要」

このページは、2017年6月22日に更新しました。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

[char no=”1″ char=”漱石”]森友・加計学園事件は、奇妙な事件ですね。これほど証人と証拠が揃いながら、安倍は辞めませんね。側近も与党も誰ひとり辞めろとはいわない。むしろ自ら腐敗しながら安倍を守っている。政権が腐っているのですが、そればかりかメディアも辞めろといわない。これの結末は警察国家の深化であり、戦争でしょうね。[/char]

このページの要旨

小池百合子の正体は、女橋本であり、橋下徹と同じ自民党のセーフティーネットである。
じり貧の自民党は補完勢力がほしい。
そこに小池百合子が「都民ファーストの会」を作ってくれた。
「都民ファーストの会」に投票するのは自民党に投票するのと同じである。
こういうときのための小池百合子なのだが、野党まで小池百合子にすり寄っている状態では、都民が覚醒するのは何年も待たねばならないのかもしれない。

森友学園事件の3つのルートで、(1)官邸ルートと(2)大阪(近畿)ルートは、ともに安倍夫妻と財務省につながっていく。
それで検察は避けたのだろう。
もっともやりやすいのが(3)の現場ルートであるが、酒井康生や藤原浩一を下手にいじくると、中央に飛び火する可能性がある。
そこで、「気の毒な安倍昭恵」と「悪質な籠池泰典」といった2項対立にもっていきやすく、かつ官邸の評価が得られる籠池泰典だけに狙いがつけられたのであろう。

「総理は「平成30年4月開学」とおしりを切っていた」
「萩生田副長官ご発言概要」は生々しい聞き書きである。
萩生田光一には、自分がどれだけ危ない橋を渡っているかの認識が、最初からなかったようだ。
安倍一強支配の驕りが、すっかり不用心、無警戒にさせ、文科省を侮ってしまったのだろう。

[char no=”2″ char=”芥川”]現在の状況は日本民族の、ものごとを深く考えないネガティブな面が、露出しているのですが、それさえ誰もいいませんね。「日本スゲー」といいながら、腐敗していっている。それを指摘した者を逮捕するとなると、北朝鮮と同じ国になります。外国で戦争をはじめれば、北朝鮮以下の国になります。[/char]

・・・・・・・・・━━━━━━☆

1 小池百合子の決定は自民党案と同じ

小池百合子が20日、記者会見で豊洲に市場を移転させることを表明した。
築地は5年後をめどに再開発し、希望の業者は戻ることも可能だという。

築地の用地は売却せず、競りなど一部市場機能を残すという。
しかし、5年後にまた築地に移転する業者は、いないと踏んだ仕掛けである。

5年後の築地は、戻る場所ではなくなっているだろうし、再び戻る金も業者になくなっているだろう。

小池百合子の2度の引っ越し案は、究極のダマシであろう。
結局、小池が考えていたのは、自民党と同じ豊洲移転である。
しかし、最初からそれをいって自民党と手を取り合ったら反自民のメッキが剥げる。
そこで5年後の再引っ越し案というダマシが出てきた。

こんなツイートが目についた。

ほりぐち

今日の小池会見
・いつ移転するのかは未定だが豊洲に移転
・築地は活かす
・豊洲移転は子孫に負の遺産を残す。
だから築地ブランドを活かすべき
・でも築地に戻るかどうかは卸業者が勝手に考えろ
・税金かけないようにするが精査未了(税金投入かもね)
ひどすぎて言葉が無いわ。

KK

【解除できるのか 豊洲時限爆弾】(86)

「両市場併用」に特区活用案浮上
安倍官邸と小池知事の姑息な移転問題解決プラン
支持率と特区制度のイメージ回復が狙い!?
何だかウマイ話のようだが、問題は政治家の思惑先行で、市場や働く業者や消費者の目線に乏しいことだ。(日刊ゲンダイ)

小池百合子の正体は、女橋本であり、橋下徹と同じ自民党のセーフティーネットである。
じり貧の自民党はとっくに単独での政権は諦めており、政権維持のためなら悪魔とも手を結ぶ。
そのため補完勢力がほしい。
そこに小池百合子が「都民ファーストの会」を作ってくれたというわけだ。

都民がいつ気付くか。
都民は石原都政を長期にわたって受け入れたほどだから、小池百合子のだましを見破るのは相当にむつかしいだろう。

都議選を前に、東京が「全国ワースト支持率」で、29・5%に下降した。
その分、小池の「都民ファーストの会」にゆくのかもしれない。

「都民ファーストの会」に投票するのは自民党に投票するのと同じである。
こういうときのための小池百合子なのだが、野党まで小池百合子にすり寄っている状態では、都民が覚醒するのは何年も待たねばならないのかもしれない。

2 森友学園事件の幕引き

さて、国会閉幕と同時に、森友学園事件にも幕引きが謀られた。

これまで書いてきたように、森友学園事件には、3つのルートがある。

(1) 官邸ルート

安倍晋三安倍昭恵 ― 今井尚哉(首相秘書官) ― 谷査恵子(夫人付き) ― 逃げるは恥だが役に立つの迫田英典(売却交渉をしていた時期の財務省理財局長) ― 出世のために一貫して霞ヶ関文学で野党をけむに巻いた佐川宣寿(現理財局長)(嶋田賢和・大石吉彦) ― 田村嘉啓(理財局審理室長) ― 佐藤義信(国交省航空局長) ― 稲田朋美

(2) 大阪(近畿)ルート

松井一郎 ― 池田統括官 ― 武内良樹(近畿財務局長(土地取引)) ― 清水管理官(近畿財務局) ― 吉本馨私学課課長 ― 稲田龍二(稲田朋美の夫で弁護士) ― 松本設計事務所 ― 籠池泰典

(3) 現場ルート

ある意味でもっとも悪質な酒井康生(北浜法律事務所。
森友元弁護士) ― 渡辺慎吾(摂津市議) ― 森友学園 ― 阿部貴久(元府議。
自民党) ― 藤原浩一(藤原工業代表取締役) ― 秋山肇(あきやまはじめ。
3月6日暗殺。警察・消防・医者は自殺、家族は心筋梗塞と主張が異なるのも奇妙である。遺体に喉をかきむしったあとがあり、ここから立花孝志(「NHKから国民を守る党」代表)の毒殺説が出てきた)

この3つのルートで、(1)官邸ルートと(2)大阪(近畿)ルートは、ともに安倍夫妻と財務省につながっていく。
それで検察は避けたのだろう。

もっともやりやすいのが(3)の現場ルートであるが、酒井康生や藤原浩一を下手にいじくると、中央に飛び火する可能性がある。

そこで、「気の毒な安倍昭恵」と「悪質な籠池泰典」といった2項対立にもっていきやすく、かつ官邸の評価が得られる籠池泰典だけに狙いがつけられたのであろう。

結局、籠池泰典は、安倍晋三にトカゲのしっぽ切りに遭い、最終的に検察によって法的に始末をつけられることになった。
けっしてやったことがいいとはいえないが、不憫さがつきまとう。

ただ、森友学園事件の(1)官邸ルートは、名前を加計学園事件に変えてまだ生きている。

加計学園事件は、憲法53条の規定「衆院か参院のいずれかで議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は臨時国会を召集しなければならない」に基づいて、野党4党は追及を継続・強化しなければならないだろう。

3 「10/21萩生田副長官ご発言概要」

19日夜に放映されたNHKの「クローズアップ現代」が暴露した、文科省3部署約10人が共有していた「10/21萩生田副長官ご発言概要」が話題を呼んでいる。

NHK クローズアップ現代+「波紋広がる“特区選定”~独占入手 加計学園“新文書”~」

これは、萩生田光一官房副長官(学校法人加計学園系列の千葉科学大の名誉客員教授)が、文科省の局長に対して発言した文書(10月21日付け)である。

10/21萩生田副長官ご発言概要

○(11月にも国家戦略特区諮問会議で獣医学部新設を含む規制改革事項の決定がなされる可能性をお伝えし、)そう聞いている。

○内閣府や和泉総理補佐官と話した。
(和泉補佐官が)農水省とも話し、以下3点で、畜産やペットの獣医師養成とは差別化できると判断した。

(1)ライフサイエンスの観点で、ハイレベルな伝染病実験ができる研究施設を備えること。
また、国際機関(国際獣疫事務局(OIE)?)が四国に設置することを評価している、と聞いたので、その評価していることを示すものを出してもらおうと思っている。

(2)既存大学を上回る教授数(72名)とカリキュラムの中身を増やすこと。
また、愛媛大学の応用生物化学と連携するとのこと。

(3)四国は水産業が盛んであるので、魚病に特化した研究を行うとのこと。

○一方で、愛媛県は、ハイレベルな獣医師を養成されてもうれしくない、既存の獣医師も育成してほしい、と言っているので、2層構造にする。

○和泉補佐官からは、農水省は了解しているのに、文科省だけが怖(お)じ気(け)づいている、何が問題なのか整理してよく話を聞いてほしい、と言われた。
官邸は絶対やると言っている。

○総理は「平成30年4月開学」とおしりを切っていた。
工期は24か月でやる。
今年11月には方針を決めたいとのことだった。

○そうなると平成29年3月に設置申請をする必要がある。
「ハイレベルな教授陣」とはどういう人がいるのか、普通の獣医師しか育成できませんでした、となると問題。
特区でやるべきと納得されるような光るものでないと。
できなかったではすまない。
ただ、そこは自信ありそうだった。

○何が問題なのか、書き出して欲しい。
その上で、渡邊加計学園事務局長を浅野課長のところにいかせる。

○農水省が獣医師会押さえないとね。(10/21萩生田副長官ご発言概要

「和泉補佐官からは、農水省は了解しているのに、文科省だけが怖じ気づいている」「官邸は絶対やると言っている」

「総理は「平成30年4月開学」とおしりを切っていた。工期は24か月でやる。今年11月には方針を決めたいとのことだった」

それにしても生々しい聞き書きである。
萩生田光一には、自分がどれだけ危ない橋を渡っているかの認識が、最初からなかったようだ。

安倍一強支配の驕りが、すっかり不用心、無警戒にさせ、文科省を侮ってしまったのだろう。安倍晋三は明確に関与するばかりか、中心で指示し、開学日まで決めていた。「腹心の友」への明確な利益誘導であり、京産大は最初から排除されていたのだ。こんなあからさまな差別行政が許されていい筈がない。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

[char no=”10″ char=”与謝野晶子”]そうです。
何を書くか、よりも、誰が書くか、ですね。
どんな位置にいる、誰が書くか、が大切なのです。
それは、ほんとうのことを言えるかどうかの違いになってきます。
この位置は、競合する表現者には同じステージで真似できない強みになるのですね。
「こんにちは! 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します」って、それだけ? あいかわらずぶっきらぼうですね。
若い人たちは、あなたのことを何も知らないのだから、もっときちんと自己紹介しなくちゃ。
せっかく「プロフィール」を書いているのだから、リンクを張っておきますね。[/char]

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

[char no=”9″ char=”太宰”]わかりやすいというのは、論理的ということね。
その論理も、説得する論理ではなく、納得させる論理でなければいけないのだろう。
それでどうしてもある程度の長さが必要になる。
ぼくが長編を書いたのも、そのためさ。
[/char]

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO

前川喜平の願い

このページは、2017年6月3日に更新しました。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

[char no=”1″ char=”漱石”]政敵をやっつけるのに、日本では女性や金銭問題を持ち出します。菅義偉には、ぜひ出会い系バーにいってほしいですね。そこには学費を稼ぐために女子大生や高校生も来ています。そこで、菅たちが破壊してしまった日本の現実を、ぜひ見てほしい。菅義偉もまた、小遣いを渡したくなるかもしれない。菅義偉の、前川喜平に対するゲスの勘ぐりの根底には、自分たちがやってしまったことへの 無知がありますね。[/char]

このページの要旨

文科省から流出した「総理のご意向」文書に対する官邸の姿勢は、とんでもない人物がやっていると、人物破壊を企て、信頼を殺ぐものであった。

籠池泰典、前川喜平、ジョセフ・ケナタッチと都合の悪い人間は人物破壊を企てられる。
問答無用ということになる。
これは政権が内容的に答えられないことを物語っている。

文科省が長年、獣医学部の新設を認めてこなかったのには理由がある。
犬、猫、牛、豚をはじめ動物の数は年々減っており、獣医師の供給不足は起きていなかった。

石破茂地方創生相時代の15年6月には、政府は獣医学部新設の「4条件」を閣議決定している。
新設は既存の獣医学部で対応できないニーズに応える獣医師を要請する場合に限る、といった内容だ。

文科省は、獣医学部新設の過程で、安倍晋三の身内びいき・縁故主義(ネポティズム)の政治に押し切られ、「赤を青と言え」といわれ、調査では「黒を白にしろ」といわれてしまった。
今、政権中枢からの圧力が強くなり、官僚の自立した仕事が崩れつつある。

[char no=”2″ char=”芥川”]籠池泰典、前川喜平と大きな犠牲を払って、本気の闘いを見せてくれました。しかし、民進党は、お約束の「反対して通す」スケジュール闘争で昼寝しています。安倍―神津(連合会長)―野田―蓮舫翼賛体制を代えなければ、国民は救われませんよね。民進党にも優れた人材はいるのだから、過去との決別を図るべきです。
党首討論? あれは安倍晋三が危なくなったので、民進党が宣伝と弁明の機会を安倍に与えてやったわけですね。[/char]

・・・・・・・・・━━━━━━☆

1 はじめに

5月24日夜、安倍晋三は赤坂の日本料理店・古母里に、テレビ朝日の早河洋会長と篠塚浩報道局長を呼び出し、酒食をともにしている。
メディアの嘘頼みの政権である。
追い詰められてくると、メディアに加計学園を採り上げないでくれと頼むしかない。

ただ、現代は政治もメディアも国民に監視される時代である。
この酒食ひとつとっても、国民に監視されている。
今後、テレビ朝日の報道姿勢が大きく変われば、この日の酒食が問題にされよう。

メディアも、屈辱を葬るときだ。
国民に寄り添い、真実を勇気をもって報道すれば、腐敗に満ちた安倍政権はもたない。
権力者には、たとえ1杯のコーヒーもごちそうにはならない、という欧米のジャーナリストのポリシーを採り入れるべきだ。

現在の日本で、安倍批判はタブーになっている。
これでは民主主義が育たない。
安倍の邪魔者はメディアに叩かせ、脅しがかかる。(籠池泰典、前川喜平)

質問さえ許されない。
国連の特別報告者で、「プライバシー権」を担当するジョセフ・ケナタッチが質問すると、逆上して質問には何も答えず抗議する。
今後、おそらく拠出金をなくすか減らすかするのだろう。

基本的に問答無用の政権である。
とりわけ批判を、子供のように嫌う。

文科省から流出した「総理のご意向」文書に対する官邸の姿勢は、とんでもない人物がやっていると、人物破壊を企て、信頼を殺ぐ手法を採った。

例えば逆恨みの動機とか。
しかし、前川喜平の次官辞任は自分から申し出たものであり、省内で惜しまれた辞任であった。

「総理のご意向」文書の場合、告発の動機は本質的な問題ではない。
文書が本物かどうかが大切なのだ。

この文書は、安倍政治の正体を剔抉している。
すでにこの文書で、官僚や政治家が独裁者としての安倍晋三を怖がっており、日本の行政が歪められていることが明確になっている。

2 石破4条件

前川喜平は今年1月まで文科省事務次官だった。
つまり「総理のご意向」文書の真相をもっともよく知る人物である。

前川はこの「総理のご意向」文書を、昨年(2016年)秋に、担当の専門教育課から説明を受けたときに示されていた。

前川は『週刊文春』の取材に対して重要な証言をしている。

暗黙の了解として、この件は今治市と加計学園の問題という認識は共有されていました。
何しろ今治市と加計学園は従来の構造改革特区制度を利用し、これまで15回にわたって獣医学部の新設を申請し、全て却下されていましたから。

もちろん、文科省が長年、獣医学部の新設を認めてこなかったのには理由があります。
犬、猫、牛、豚をはじめ動物の数は年々減っており、獣医師の供給不足は起きていなかったのです。

石破茂地方創生相時代の15年6月には、政府は獣医学部新設の「4条件」を閣議決定しています。
新設は既存の獣医学部で対応できないニーズに応える獣医師を要請する場合に限る、といった内容です。

一見、門戸を開いたようで、現実には高いハードルです。
以来、新設を巡る議論は止まっていました。
ところが、 16年8月に大臣が代わり(首相のイエスマンの山本幸三 注 : 兵頭)、話が動き始めたのです。(「『総理のご意向』文書は本物です」文科省前事務次官独占告白」)

石破茂が地方創生相時代の15年6月に、政府は獣医学部新設の「4条件」を閣議決定している。

この国家戦略特区における獣医学部新設の「4条件」とは、次の通りである。

1 既存獣医師養成でない具体的な構想

2 ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき具体的需要が明白

3 既存の大学・学部では対応困難

4 近年の獣医師需要動向

実は安倍晋三が総理になってから、暗黙の5条件目が付加されたことがわかる。
それは「総理のご意向」があれば前記の4条件がすべてクリアされるという無茶苦茶な条件だ。

それで総理の「腹心の友」加計孝太郎が身内びいき・縁故主義(ネポティズム)の恩恵に与ったのである。

3 身内びいき・縁故主義(ネポティズム)の政治

今治市と加計学園は、従来の構造改革特区制度を利用し、これまで15回も獣医学部の新設を申請し、却下されてきていた。
ということは、それほど新設許可の理由が薄弱だったということだ。

その理由のひとつとして、前川喜平は、「犬、猫、牛、豚をはじめ動物の数は年々減っており、獣医師の供給不足は起きていなかった」ことを挙げている。

それ以来、新設を巡る議論は止まっていた。
しかし、舞台裏で安倍晋三と加計孝太郎との間で、ゴルフや食事の合間に認可のための策が練られたと、わたしは考えている。
そして山本幸三が認可の使命を帯びて登場したのである。

前川は『週刊文春』でこのようにも語っていた。

はっきり申し上げて、(「総理のご意向」文書は 注 : 兵頭)確認作業などするまでもなく、存在している文書です。
にもかかわらず、後輩たちは『記憶にない』『共有ファイルにない』と答えざるを得なかった。
その苦衷は察するに余りあります。

獣医学部新設の過程で『赤を青と言え』と言われ、調査では『黒を白にしろ』と言われてしまった。
ただ、松野大臣は『存在しない』ではなく『確認できない』と発表しました。
ギリギリのところで踏ん張ってくださったのだと思っています」

(中略)

加計学園は今年3月、文科省に獣医学部の認可申請を完了している。
前川氏は最後にこう締めくくった。

「行政というのは司(つかさ)、司が責任を持って、判断を下すことで成り立つもの。
ところが今、政権中枢からの圧力が強くなり、それが崩れつつあるのが現実です。

加計学園の獣医学部は今後、文科省の責任で設置審査を進め、8月ごろに最終結論を出すことになる。
圧力に屈したなどと言われないよう、公平公正な審査をして欲しいと思っています」

加計学園の獣医学部新設を巡っては、37億円相当の市有地が無償譲渡され、総事業費の半分の96億円を愛媛県と市が負担する。

さらに、開学すれば、助成金など多額の公金が流れることになる。
そもそも獣医学部新設は本当に必要だったのか。
「総理のご意向」で行政が歪められたことはなかったのか。

国会、メディアによる徹底検証が必要な時である。

文書は存在するし、前川喜平は嘘をついていない。
こういう判断力が日本人からほんとうに失われてしまった。
何かというと証拠、エビデンスという。
それがなければゴミ売りのようにゲスの勘ぐりをやって始末する。
前川の告発には、全体を見て、判断する直感力が非常に重要なのだ。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

[char no=”10″ char=”与謝野晶子”]そうです。
何を書くか、よりも、誰が書くか、ですね。
どんな位置にいる、誰が書くか、が大切なのです。
それは、ほんとうのことを言えるかどうかの違いになってきます。
この位置は、競合する表現者には同じステージで真似できない強みになるのですね。
「こんにちは! 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します」って、それだけ? あいかわらずぶっきらぼうですね。
若い人たちは、あなたのことを何も知らないのだから、もっときちんと自己紹介しなくちゃ。
せっかく「プロフィール」を書いているのだから、リンクを張っておきますね」[/char]

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

[char no=”9″ char=”太宰”]わかりやすいというのは、論理的ということね。
その論理も、説得する論理ではなく、納得させる論理でなければいけないのだろう。
それでどうしてもある程度の長さが必要になる。
ぼくが長編を書いたのも、そのためさ。
[/char]

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO

森友学園にゴミはなかった

このページは、2017年5月18日に更新しました。

『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすくわかりやすく発信しています。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

このページの要旨

[char no=”1″ char=”漱石”]「瑞穂の国記念小学院」は、安倍昭恵が名誉校長になった時点で、国家プロジェクトに格上げされたのですよ。籠池泰典は、この時点で、すでにしっぽでした。[/char]

安倍晋三は、皇室の婚約騒ぎを、共謀罪隠しと森友学園事件隠しに利用した。

民進党が籠池泰典と財務省・国交省の関係者を同席させて対決させる予定のヒヤリングで、国有地が値引きされる根拠となった地中のごみの一部が、最初から存在しなかったとするメールが出てきた。

「瑞穂の国記念小学院」(安倍晋三記念小学校)の建設主体は、途中から完全に国家プロジェクトになっていた。

敷地が国家戦略特区だったら、加計学園のように土地をタダで籠池にやることも可能だった。
しかし、特区ではなかったので、いかにして安倍晋三記念小学校(名誉校長は安倍昭恵)にタダ同前で土地を差し出すか、が構想されていった。

[char no=”2″ char=”芥川”]森友学園事件では人が死んでいますからね。いい加減な幕引きは許されないでしょう。[/char]

・・・・・・・・・━━━━━━☆

1 皇室の婚約騒ぎも共謀罪・森友学園隠しに利用する官邸

小僧寿司のヨイショ山口敬之は、どうしているのだろう。
山口も、かれを使い続けてきたテレビも、かれの準強姦疑惑については説明せずに逃げている。
まことに学歴詐称程度の問題で、叩かれ、メディアから放逐された評論家が可哀想になるほどだ。

この卑劣なレイプ魔は、『週刊新潮』が自分のレイプ問題を取材していることを知ったあと、官邸関係者に相談していたというのだ。
権力の威光でもみ消してもらおうとしたのだろう。
国民をいじめることしか考えない腐った政権であり、その周りにうごめく人間たちの卑劣さを炙り出している。

皇室の婚約スクープは、絵に描いたようなスピン報道である。

政府は一応驚いて見せている。
「政府としてこのタイミングで発表するつもりはなかった」とか、「びっくりしている」と語ってはいる。
もちろん嘘である。

皇室の婚約騒ぎを、共謀罪隠しと森友学園事件隠し(民進党が籠池泰典と財務省・国交省の関係者を同席させて対決させる予定のヒヤリング)隠しに利用したのである。

現在、永田町に巣くっている偽物の保守、正確には新自由主義のグローバリスト、売国奴たちは、皇室を利権と野望のために利用しようとしている。

最終的には天皇を元帥にして、自分たちの戦争責任追及を、天皇を前面に立てることで一切国民に封じるつもりだ。

今朝は、モーニングショーまでが、長々と皇室の婚約話をやっていた。
他局の番組は推して知るべしだ。
肝腎なところでは、日本のメディアは、政権の隠蔽工作に協力する。

安倍の悪政で、日本には結婚できない若者が大勢いる。
特権的な若者の婚約騒動に何をはしゃいでいるのか、という思いを禁じ得ない。

2 やはり敷地にゴミはなかった

5月16日、民進党は籠池泰典と財務省・国交省の関係者を同席させて対決させるヒヤリングを予定していた。
ところが、官僚は籠池との直接の対決から逃げて出席しなかった。

ここでまたぞろ衝撃的な籠池爆弾が炸裂した。
籠池が新たな証拠を提出したのである。

これは設計事務所が、北浜法律事務所の酒井康生顧問弁護士に出したメールだ。

ポイントは以下の4点である。

1 国有地が値引きされる根拠となった地中のごみの一部が、最初から存在しなかったとするメールが出てきた。

敷地には、少なくとも地下3.8メートルまでゴミがあるために、その撤去費用として8億1900万円が値引きされたのである。

しかし、籠池泰典に送られていたメールには「添付にボーリング調査の資料をつけております。約3m以深には、廃棄物がないことを証明しております」それで「ボーリング調査の資料は抹消いたしました」と書かれていた。

森友学園事件の最大の問題である8億円値引き根拠が、実は嘘だったことになる。
これまでの国会の質疑は何だったのだろうか。

2 財務省側から籠池側に送られたメールには、「瑞穂の國記念小学校開校に向けご協力いただきありがとうございます」(財務省の担当者)とあった。

[char no=”3″ char=”ドストエフスキー”]そうか、安倍昭恵に名誉校長を依頼した時点で、主客は入れ替わったのだな。官僚は、安倍晋三の学校として走り出していた。利用したつもりが、利用される側に転落したことに、籠池は気付いていなかった。[/char]

建設の主体は、途中から完全に国家プロジェクトになっていた。
この安倍夫婦を中心とした国側の意識の変化について、籠池は「安倍昭恵夫人がわたしどもの小学校の名誉校長になられた後。ご意向がここまで伝わったかという感じ」と語った。

3 籠池泰典は、小学校建設に関して、業者や行政とのやりとりを北浜法律事務所の酒井康生弁護士に任せていた。
有り体にいえば籠池は蚊帳の外におかれ、好きなように操られ、利用されていたのである。
その証拠が、ここでも明らかになったといえよう。

4 このメールの存在は、地下3メートルより下には「そもそもゴミが存在しなかった」ことが記されている。
すると田中造園土木の秋山肇は、やはり殺されたという仮説が、大きな真実味をもってきた。

「添付にボーリング調査の資料をつけております。約3m以深には、廃棄物がないことを証明しております」(設計業者)。
秋山肇は、もちろんこの事実をすべて知る立場にあった。
その一部を『毎日新聞』に訊かれて喋ったので、殺されたのだろう。

3 国家戦略特区でなければ、ゴミをでっち上げてタダ同然に

以上の4点であるが、結局、財務省は、安倍案件のため、ゴミの有無などどうでもよく、最初から8億値引きで突き進んでいたのである。

ほんとうは敷地が国家戦略特区制度だったら、加計学園のように土地をタダで籠池にやることも可能だった。
しかし、特区ではなかったので、いかにして安倍晋三記念小学校(名誉校長は安倍昭恵)にタダ同前で土地を差し出すか、が構想されていったのである。

ゴミのでっち上げが、浅ましく、かつ愚かな知恵の所産だった。

今回の新事実の経緯を時系列に沿って纏めると、以下の通りになる。

1 森友学園が2016年3月に土地の購入希望に切り替える。

2 国は、ゴミ撤去費算定のために森友学園に資料の提出を要求した。
持ち主の国側が算定しなかったところに、もうひとつの深い闇が横たわる。

3 設計業者は年4月8日に、国から提出を求められたボーリング調査結果について、「約3メートル以深には廃棄物がないことを証明している」と弁護士らにメールを送った。

4 翌4月9日に、設計業者は「敷地全体でも無いであろうと推測できる」として「じゃあ、そんなに(金額を)引けないですよね……という正論で負けてしまいそうな感じがしてなりません」と酒井弁護士らにメールで伝えていた。

5 酒井弁護士は「裁判になれば負ける要素になるのであれば、それは仕方ない」として、ボーリングの調査結果図を国側に提出することを見送るよう提案した。
そして翌4月10日、設計業者は「今回ボーリング調査に関する資料は抹消いたしました」と報告した。

近畿財務局(財務省)は、「瑞穂の国記念小学院」(安倍晋三記念小学校)にゴミがないことは知っていた。
それでは値引きできないので、ゴミがあることにして、8億円の値引きをして、現地の業者にはゴミを掘り起こすなと指示したのだろう。

それを一部秋山肇が『毎日新聞』に訊かれるまま喋ってしまった。
それで8億円値引きのイカサマがバレるのを恐れた何ものかによって、秋山は殺されたのである。

[char no=”4″ char=”トルストイ”]秋山肇か……。日頃から自殺をするような人物ではなかったといわれていますね。遺書もありませんでしたし。 死の前日に『毎日新聞』のインタビューを受けて、「国にゴミは掘り起こす必要はないと指示された」と語っていた。これが、敷地にゴミはなかったとする籠池の暴露と繋がりますね。[/char]

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。
2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されてきましたが、2016年11月6日にPC用だけで3000を超えました。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。

© GIHYO

死者は黙らない

このブログは、2017年5月15日に更新した。

『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を発信している。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

このページの要旨

ネットメディアの、森友学園事件や加計(かけ)学園事件などに露出した総理の犯罪についての関心は、あいかわらず高い。

最近、森友学園の残土処理を行っていた田中造園土木の秋山肇について、立花孝志が、最初から指摘されていた他殺説を深めて、毒殺の可能性を指摘している。

秋山は、死の前日に『毎日新聞』のインタビューを受けて、「国にゴミは掘り起こす必要はないと指示された」と証言していた。

2015年9月に、近畿財務局は、工事業者らに対して地下廃棄物の撤去を見送るよう伝えていたのである。

秋山は、8億円の値引きの根拠となった残土処理のカラクリを知っており、そのざっくばらんな性格から、今後も取材されたら、8億円値引きを企んだ者たちのカラクリを喋る可能性が出ていた。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

はじめに

共謀罪が通れば、日本の文化そのものが衰退していくように思われる。

自民党でさえ過去3回も廃案にしてきた共謀罪である。
しかし、戦後最低の総理になったために、どうやら成立しそうである。
想像力も責任感も知性もないために、こんな亡国の法案を通すのである。

わが国には、国民の内面まで監視しなければならないような状況など、どこにもない。
メディアも若者も温和しく、それは世界中から指摘されることだ。

日本は外国に支配された奴隷国家である。
米国(日米合同委員会、安全保障、メディア、政治)、朝鮮(田布施システム、統一教会、政治、メディア)、ユダヤ(金融、原発)と、各界のトップ層と日本の急所は、これらの国に管理・支配されている。

だから安倍晋三のように、まるで恨みでもあるように自国を破壊し続ける総理が出てきても、かれの所属する共同体のためにやっているので、利権の枠組みのなかで整合性はとれているのだ。

報道ステーションが「共謀罪」の漢字を、それぞれ自民党、公明党、維新に当てはめて、こんなスタジオを作って話題になった。

<評判>「共謀罪」自・公・維の醜悪な関係を表現した「報ステ」のスタジオ造りが秀逸

これを見ると、共謀罪の危険な主体は、国民ではなく、まさにこの3党にあることに思い至る。

そんな末期症状の日本で、元気に、いい仕事をしている山本太郎が、こんな発言をしていた。

無関心だった人が、思わず興味を持ってしまう演説はこれだ!「山本太郎氏が共謀罪法案を語る!」

安倍晋三が倒れない理由

ネットメディアの、森友学園事件や加計(かけ)学園事件などに露出した総理の犯罪についての関心は、あいかわらず高い。

地上波メディアが引いていったのと好対照だ。

野党は、地上波メディアが引いたからといって、行動をともにしてはならない。
森友学園事件で、安倍晋三の退陣は後一歩のところまできている。

ほんとうは、安倍内閣はとっくに倒れていたのである。

それがまだ延命しているのは次の3点の理由だ。

1 自民党内に、次の総理を狙う優れた政治家がいない。

2 野党が非力で、とりわけ最大野党の民進党を、野田―蓮舫の自民党補完勢力が握り、この者たちがスケジュール闘争をやっている。
行儀がよくて、何が何でも政権の暴走を止めるという迫力がない。

3 例外的に優れた番組もあるが、犬HKを先頭に、総じて日本のメディアが米国・朝鮮のメディアである。わが国のメディアは、戦後一貫して、(1)内閣(行政)に対しては世論を捏造し、(2)国会(立法)に対しては選挙を操作し、(3)裁判所(司法)の判決にも影響を与えてきた。
一言でいえば、愚民化策であり、これを使って、森友学園事件など総理の犯罪については、一貫して消極的である。

野党は、まだ何一つ森友学園事件で成果を上げていない。

国民の評価と支持は、安倍政権を倒してこそ獲得できるのである。
政治は結果である。
その結果を見て、国民は支持を決めるのだ。

安倍晋三は、「(国有地売却や学校認可に)関係していたということでありましたら、総理大臣も国会議員も辞めるということははっきりと申し上げておきたい」と大見得を切っている。
ここまでなめられて、これで追い詰められない野党なら、もはや存在理由はない。

安倍昭恵が「瑞穂の国記念小学院」(安倍晋三記念小学校)の名誉校長になったのは事実であり、また国有地がただ同然で払い下げられたことも事実である。
さらに谷査恵子が尽力して、籠池泰典の希望に満額回答のFAXを送ったことも事実である。

財務省近畿財務局が、森友学園に対して、どうやったら土地を入手できるか、その勘どころを懇切丁寧に説いた、「平成26年12月17日時点における今後の手続きについての説明資料」と銘打った指南文書の存在まで明らかになっている。
これは、谷査恵子のFAX同様の、総理夫妻の関与を物語る重要な物的証拠である。

秋山肇の死

最近、森友学園の残土処理を行っていた田中造園土木の秋山肇(あきやまはじめ)の死について、立花孝志(「NHKから国民を守る党」代表)が、最初から指摘されていた他殺説を深めて、毒殺の可能性を指摘している。

秋山は、2017年3月6日に亡くなった。
警察・消防・医者は自殺といい、家族は心筋梗塞の病死と説明した。
異なる原因が最初から出てきた(これ自体、異様である)ためにネットでは騒ぎになり、他殺説が出てきていた。

他殺説の根拠は次の3点である。

1 日頃から自殺をするような人物ではなかったこと。

2 遺書がなかったこと。

3 死の前日に『毎日新聞』のインタビューを受けて、「国にゴミは掘り起こす必要はないと指示された」と語っていたこと。

以上の3点であるが、とくに「3」が他殺の可能性に導く。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されてきましたが、2016年11月6日にPC用だけで3000を超えました。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。

森友学園事件の現在

このブログは、2017年5月13日に更新しました。

『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を発信しています。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

このページの要旨

森友学園事件をうやむやにすれば、ますます安倍晋三は増長し、野党もメディアも官僚も国民もバカにされ、暗黒の独裁国家が完成される。

森友学園事件や加計(かけ)学園事件は、総理の犯罪であり、安倍退陣に結びつく可能性が高い。

籠池は、現場での、ゴミ搬入と撤去などの陰謀には、外されていた可能性が高い。
籠池はゴミのカラクリを知らなかったし、毒殺された秋山との面識もなかったといっている。

籠池は最初から最後まで、酒井弁護士を無警戒に信じていて、酒井に指示されるままに小学校認可の申請を取り下げている。この事実が、敷地のゴミ問題のカラクリから外されていた可能性を暗示している。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

森友学園の保育園が休園?

いつまで森友学園事件をやるのか。
真実が究明されるまでだ。

それにはふたつの大きな意味がある。

ひとつは、森友学園事件は総理の犯罪の可能性が高いということがある。
もし、この事件をうやむやに放置すれば、この国は、安倍晋三とその周囲の人間は、何をやっても法的に許されることになる。
逆に安倍晋三を批判したりする者、あるいはかりに仲間であっても安倍晋三に都合が悪くなれば葬られることになる。

すでにそれは現実化されている。
森友学園事件をうやむやにすれば、ますます安倍晋三は増長し、野党もメディアも官僚も国民もバカにされ、暗黒の独裁国家が実現されるにちがいない。

それに、もうひとつ森友学園事件や加計(かけ)学園事件は、総理の犯罪であり、安倍退陣に結びつく可能性が高い。
換言すれば、他に安倍退陣に直結する政治的テーマはない。

森友学園系列の「高等森友学園保育園」もまた、保育士不足で事業停止になることとなった。

吉村洋文市長は、籠池泰典に5月24日まで弁明の期限を設ける。
その後に審議会に諮った上で、7月1日付で命令を出すことになる。

現在の保育園の園児数は42人である。
これだと常勤保育士6人が必要なところ、現状は非常勤が3人。
園側は、3人を追加採用し、6人体制にするとしていた。

吉村市長は「事業停止命令を出しても改善されない場合、認可取り消しもあり得る」と述べている。

教育勅語を中心に据えた森友学園の過去の教育方針には、けっして賛成できない。
しかし、とうとう籠池泰典がすべてを失う惨状には、一抹の気の毒さを感じる。
というのも、さんざん籠池をその気にさせた隠れ主犯たちは、無傷で高笑いしているからだ。
その落差があまりにも大きい。

森友学園事件の3つのルート

これまで、森友学園事件を考えるときは、ふたつのルートに分けて考えてきた。
(「安倍と橋下が切る最後のしっぽ」(2017年3月29日)「メールが語る森友学園事件」(2017年3月26日)

その後、明らかになったことがあるので、3つのルートに拡大し、さらに深化させて再掲する。

(1) 官邸ルート

安倍晋三 ― 安倍昭恵 ― 今井尚哉(首相秘書官) ― 谷査恵子(夫人付き) ― 逃げるは恥だが役に立つの迫田英典(売却交渉をしていた時期の財務省理財局長) ― 出世のために一貫して霞ヶ関文学で野党をけむに巻いた佐川宣寿(現理財局長)(嶋田賢和・大石吉彦) ― 田村嘉啓(理財局審理室長) ― 佐藤義信(国交省航空局長) ― 稲田朋美

(2) 大阪(近畿)ルート

松井一郎 ― 池田統括官 ― 武内良樹(近畿財務局長(土地取引)) ― 清水管理官(近畿財務局) ― 吉本馨私学課課長 ― 稲田龍二(稲田朋美の夫で弁護士) ― 松本設計事務所 ― 籠池泰典

(3) 現場ルート

ある意味でもっとも悪質な酒井康生(北浜法律事務所。森友元弁護士) ― 渡辺慎吾(摂津市議) ― 森友学園 ― 阿部貴久(元府議。自民党) ― 藤原浩一(藤原工業代表取締役) ― 秋山肇(あきやまはじめ。3月6日暗殺(警察・消防・医者は自殺、家族は心筋梗塞と主張が異なるのも奇妙である。遺体に喉をかきむしったあとがあり、ここから立花孝志(「NHKから国民を守る党」代表)の毒殺説が出てきた)

https://www.youtube.com/watch?v=Iq0dI-gUeug

籠池泰典の人の良さ、脇の甘さ

官邸ルートと大阪ルート、それに現場ルートとは、複雑に入り組んでいる。

今井家と安倍家は縁戚に当たる。
迫田英典・国税庁長官も地元安部の親戚関係にある。
安倍政治は、身内びいき・縁故主義(ネポティズム)の政治であり、腐敗は必然である。

政権が長引くほど、安倍の身内はいくら法律に抵触しても救われる。
反対に安倍の批判者は、またたとえ批判者でなくても安倍にとって都合が悪くなった者は、何も悪いことをしていなくても罰せられる。

これが、政治に無関心な国民や、選挙協力で候補者をひとりに絞りきれない、愚かな野党のせいで、わたしたちに降りかかってきた現実なのだ。

籠池泰典を、現場ルートではなく、大阪ルートに入れたのは、意味がある。
籠池は、現場での、ゴミ搬入と撤去などの陰謀には、外されていた可能性が高いからだ。
籠池はゴミの存在を知らなかったし、毒殺された秋山との面識もなかったといっている。

その籠池の発言はなぜ信じられるのか。
籠池は安倍夫婦に切られてから、逆にいい子になっているのではないか。

そうではないとわたしは思っている。
籠池は最初から最後まで、たとえば酒井弁護士を無警戒に信じていた。
酒井に指示されるままに小学校認可の申請を取り下げている。

これは決定的な失敗だった。
これで籠池は、もし大阪府が不認可に踏み切った場合の、損害賠償の手段を、自ら捨ててしまったのである。
松井一郎がいかに喜んだかは想像に難くない。

酒井は、籠池に「財務省の佐川理財局長が『しばらく身を隠してはどうか』といわれている」と伝えた。(酒井は、籠池によって暴露されたこの事実を否定している)。
籠池は、それを真に受けて、しばらく身を隠した時期がある。
何をいわれても黙っておれ、という指示は、死ねという指示と同じである。

こういった籠池の素朴な人の良さ、脇の甘さを知ると、ありもしないゴミを敷地に搬入させ、それで8億円値引きに繋ぐようなワルにはとても思えないのである。

籠池泰典は国会の証人喚問で、山本太郎に「今回の件で、理事長が怒りを覚えた政治家、3人ほど挙げてください」と訊かれたとき、「大阪府知事です」と答えている。
さらに山本が「大阪府知事以外には」と訊くと、「大阪府知事です」と繰り返した。

つまり、現場ルートの策謀には気付いておらず、いまもって知らないのではないか。
灯台下(モト)暗しである。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。
2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されてきましたが、2016年11月6日にPC用だけで3000を超えました。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。

人口削減から見た森友学園事件

デイヴィッド・ロックフェラーが亡くなった。101歳というから、たいへんな長生きである。

文字どおり、米国の帝王として君臨した。米国の3つの顔のうち、ホワイトハウスを除く2つの顔(米国軍産複合体を中心とした顔と、米国を陰で支配し、操っている国際金融資本の顔)を支配した。トランプを除くこのふたつの顔こそディープステート(国家の中の国家)といわれる勢力である。戦争で米経済を回していく戦略と、人口削減という共通政策をもっている。

ロックフェラーが生前になしたことで、指摘しておきたいことのひとつは、地球の人口削減に非常な情熱を注いだことだ。なぜ人口削減は必要だったのだろう。

『マスコミに載らない海外記事』に F. William Engdahl の「D. ロックフェラーの陰惨な遺産」(2017年3月30日)が載っていた。

「慈善活動は、同胞の人間に対する愛情が動機であるべきだというのであれば、ロックフェラー財団の贈与はそうではない。医学研究を見てみよう。1939年と戦争までの時期、ロックフェラー財団は、ベルリン、カイザー・ウィルヘルム研究所の生物学研究に資金提供した。それは、優れた人種を、いかにして育成し、彼らが“劣っている”と見なした人種を、いかにして全滅、あるいは断種するかというナチス優生学だった。

ロックフェラーは、ナチス優生学に資金提供していたのだ。ロックフェラーのスタンダード・オイルも、戦時中、秘密裏にナチス空軍に貴重な燃料を供給して、アメリカの法律に違反していた。戦後、ロックフェラー兄弟は、残虐な人体実験に関与した主要ナチス科学者を、優生学研究を継続させるため、別人物にしたてあげ、アメリカとカナダにつれ出す手配をした。彼らの多くは、CIA極秘のMK-ウルトラ・プロジェクトで働いた。

1950年代、ロックフェラー兄弟は優生学を推進するため人口協議会を設立したが、産児制限に関する人口調査を装っていた。ロックフェラー兄弟は、ロックフェラーの国家安全保障顧問キッシンジャーが率いた、“世界的人口増加の、アメリカの安全保障と海外権益に対する潜在的影響”と題する1970年代のアメリカ政府による極秘プロジェクトNSSM-200の責任を負っている。

石油や鉱物などの戦略的原料を産出する開発途上国における大幅な人口増加は、より多くの国民が、それらの資源を国内で使用しての(原文通り!)国の経済成長を要求するので、アメリカ“国家安全保障の脅威”だと主張している。

NSSM-200は、発展途上国世界の人口削減計画を、アメリカによる支援の前提条件にした。1970年代、デイヴィッド・ロックフェラーのロックフェラー財団は、WHOとともに、 女性の妊娠状態を維持できなくし、人口を抑制する、文字通り人の生殖プロセスそのものを目指す特殊な破傷風ワクチン開発にも資金提供していた。

ロックフェラー財団が、モンサント社の所有権と、“遺伝子砲(パーティクル・ガン)”や、所定植物の遺伝子発現を人為的に変える他の技術を産み出すため大学の生物学研究に資金提供をして、遺伝子操作分野まるごとを作り出したのだ。

GMO(Genetically modified organism》遺伝子組み換え作物 注 : 兵頭)の狙いは、ロックフェラーが、悲惨なフィリピンの黄金米プロジェクトを後援して以来、GMOを、人間と動物の食物連鎖で使用することなのだ。現在、アメリカで栽培されているあらゆる大豆の90%以上と、あらゆるトウモロコシと綿の80%以上がGMOだ。ところが表示はされていない」(「D. ロックフェラーの陰惨な遺産」

「優れた人種を、いかにして育成し、彼らが“劣っている”と見なした人種を、いかにして全滅、あるいは断種するか」。これはナチス優生学である。普通の学者や政治家がいう分には、あまり影響はないのだが、ロックフェラーのように巨万の富を持ち、米政界に決定的な影響力をもつ人間の信念である場合には、それは現実に実現されていく。

第二次世界大戦後、ロックフェラーは、ナチス科学者に優生学研究を継続させるため、米国とカナダに逃亡させた。そしてCIAのMK-ウルトラ・プロジェクトで働かせた。要は裏で国家を動かし、実現するのである。

米国のイルミナティを論じるときは必ずキッシンジャーが出てくる。ここでもロックフェラーはキッシンジャーに「世界的人口増加の、アメリカの安全保障と海外権益に対する潜在的影響」と題する米国政府による極秘プロジェクトNSSM-200をやらせた。

次の文章は、イルミナティの思想がいかに悪魔的で、人間を虫けら同様に見ているかを物語るものだ。

「石油や鉱物などの戦略的原料を産出する開発途上国における大幅な人口増加は、より多くの国民が、それらの資源を国内で使用しての(原文通り!)国の経済成長を要求するので、アメリカ“国家安全保障の脅威”だ」。

まさに他国の富は米国の富である。他国の人口増加は、米国の富を減らす。だから、“国家安全保障の脅威”なのである。どのような邪宗の神もこうまで傲慢にはならないだろう。唯一、イルミナティの悪魔だけが他国の人口削減を口にするのである。

米国の支援がほしかったら、NSSM-200を受け入れ、人口削減計画を実行せよ。1970年代、ロックフェラー財団は、WHO(イルミナティ・フリーメイソンの支配組織 注 : 兵頭)を使って、人口を抑制する特殊な破傷風ワクチン開発に資金提供をしていた。

ロックフェラー財団が、モンサント社の所有権をもっていることはあまり知られていない。

F. William Engdahl は、「1970年代、キッシンジャーは、デイヴィッド・ロックフェラーの世界戦略をこう要約した。「石油を支配すれば、国家を支配できる。食料を支配すれば、人々を支配できる。金を支配すれば全世界を支配できる」。モンサントの世界戦略は、食による人間支配にあるのだ。

こういった現実存在したディープステート(国家の中の国家)の支配者の発言を、陰謀論で括るところに、真の陰謀論があることに、そろそろわたしたちは気付かねばならない。陰謀論という言葉は、自分たちへの批判をかわすためにCIAが作ったものである。

東京の大手(「記者クラブ」)陰謀メディアに日々洗脳され、考えない民族にされた結果、日本国民は、世界でもっとも遺伝子組み換え食物を食べさせられている。

さて、上西小百合がこんなツイートをしていた。‏

稲田防衛大臣は、憲法は公務員を縛るもので、国民を縛るものではないという基本さえ忘れるとんでもない人。なまじ法律家なのでたちが悪い。安倍総理の趣味の領域を超えない低レベルの国会議員。国会は医者や弁護士の副業だったり、事務次官になれなかった官僚の墓場じゃない。

そういえば国会は副業の場であったり、官僚の墓場であったりしているが、これは昔からである。いまでは悪霊の住処になっている。日本は悪霊にたたられており、国会が、国民を不幸にする法律を次から次へと通していく。豊かになるのは米日の1%だけだ。

安倍晋三が教育勅語について、教材として使用を認める閣議決定をした。

教育勅語は、戦前・戦中の修身教育(道徳)の根本理念となり、「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」と教え、日本を太平洋戦争に導き、民族的な厄災をもたらした。

太平洋戦争の敗戦後に、文部次官通牒で、奉読も禁止され、衆参両院で、教育勅語の排除・失効の確認が決議された。

天皇のためには死ぬのが美徳とされるような理念を、いまさら教えることが可能なのだろうか。そこまで教育現場は変わったのだろうか。

数年前、もし教育勅語を教える教師がいたら、保護者からの抗議電話が学校か教委にあった。当の教師は管理職に注意されるか、継続して教えている場合は職員会が開かれる。そういった健全さがまだ日本にはあった。

それが安倍晋三の登場によって、あっという間に変わった。その先導を務めたのは東京の大手(「記者クラブ」)寿司友メディアであり、自公・維新の議員たちである。このあたり、日本1%への不信感を強くもたされる。

森友学園事件が教えたものは、この国の政権の中枢はマイノリティに支配されており、99%の棄民のみならず、同志さえ、いとも簡単に切り捨てるということだった。

日本人がよくないのは、こういう場合、政治がよくないよね、と怒らないことだ。クビをすくめてしまう。しっぽ籠池みたいな目には遭いたくないと思ってしまうのである。

森友学園事件の真偽は明確だ。しっぽ籠池が安倍昭恵に、安倍晋三の口利きを期待して電話した。そして留守電に依頼の趣旨を簡単に残した。

その後、夫人付きの谷査恵子から電話があり、「昭恵さんにお電話いただいた件ですが…。急ぎの様なのでこちらに文書を送って下さい」といってきた。それでしっぽ籠池は手紙を送った。すると、しばらく経って谷査恵子からFAXでの回答が寄せられた。

それは満額回答であり、現実も「カミカゼが吹いた」としっぽ籠池が感じるように動いていった。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されてきましたが、2016年11月6日にPC用だけで3000を超えました。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。