「福島第1原発」タグの記事一覧

中国の原発

China Russia Korea

日本で原発が問題になるときは、まず福島第1原発であり、続いて再稼動原発であり、政府の原発政策などである。 海外のメディアが採り上げるのも多くは福島第1原発だ。それは当然で、地球環境を、かつてなかったスケールで汚染し続けて・・・

暗い時代

状況

最初に少し明るい情報を紹介しておこう。 国連の次期事務総長は、ポルトガルのアントニオ・グテレスになるかもしれない。この人物は1999年から2005年まで社会主義インターナショナルの世界全体のトップを務めていた。 中露を中・・・

エルドアンの偽旗作戦

国際紛争

エルドアンの偽旗作戦の前に、日本の重要な状況をひとつ採り上げる。 『福島民報』(2016年7月18日)に、「第一原発廃炉プラン 「石棺」表現削除へ」が載っていて、笑ってしまった。いかにも日本的だと思ったからだ。亡国の重大・・・

だまされる99%

状況

1%は99%をだます。政府は国民をだます、といってもいい。今日のメルマガでは、その状況的な事例を挙げておく。 『現代ビジネス』(2016年6月3日)に飯塚真紀子の「「フクシマではいま、再汚染が起きている可能性がある」米国・・・

3.11は深化する

原発・原爆・核兵器

放射線障害というと、わたしたちが考えるのは心臓疾患やガン、白血病などである。しかし、最も多いのは知能障害という説がある。放射能汚染が、知能低下と性格崩壊、意欲の減退などをもたらすという。実際、放射能汚染が、細胞死とDNA・・・

黙示録としての原発

原発・原爆・核兵器

今日のメルマガでは、日本の状況を、原発中心に考え、また状況と斬り結ぶことの意味について考えてみる。 STAP細胞にも触れようとしたが、笹井芳樹・小保方晴子が正当に評価されるのには、もう少し時間がかかるようだ。書くのは、も・・・

放射能汚染から子供を守る戦略

原発・原爆・核兵器

今日は、これまでとは違って、身近な教育問題を採り上げる。 本メルマガの購読者はご存知だろうが、教師の世界には全国政治が入ってきている。学校には、右翼も左翼もいる。大学から幼稚園まで、共産党も社民党も自民党も公明党もいる。・・・

持続する希望のために

状況

3月11日から、「生活の党と山本太郎となかまたち」が、街頭に出て市民との直接の対話を始めた。 第1回は、渋谷ハチ公前で山本太郎がやった。試みには賛成だ。動画を見たが、迫力のある話で、山本は、2年間でずいぶんと逞しくなった・・・

メルケルが残したもの

状況

鳩山由紀夫がクリミアに入った。 この問題は鳩山由紀夫を止める方がおかしい。あの国には行くな、この国はよろしいと、いったい外務官僚や政治家は自分を何様だと思っているのだ。 わが国の外交を、対米隷属以外に何も知らない外務省や・・・

ページの先頭へ