「石原慎太郎」タグの記事一覧

過労死という名の殺人

事件・裁判

劇場型政治とは、愚民観に基づく、演じるだましの政治である。 今は覚醒した99%の異議申し立てに、劇場型政治を打ち破る一縷の望みがある。豊洲新市場の盛り土問題で、歴代の3知事、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一らに対して、工事・・・

小池百合子の「ある程度までは」

状況

小池百合子は、10月4日に都議会で所信表明をおこなった。 そのなかで「働き方改革が都民の活力を引き出す」という、わざわざ安倍晋三と同じ項目を設けていた。(「2 「新しい東京」を目指して」のなかの「都民誰もがいきいきと活躍・・・

暗い時代

状況

最初に少し明るい情報を紹介しておこう。 国連の次期事務総長は、ポルトガルのアントニオ・グテレスになるかもしれない。この人物は1999年から2005年まで社会主義インターナショナルの世界全体のトップを務めていた。 中露を中・・・

ホセ・ムヒカのつまずきの石

状況

日本の政治家は、太平洋戦争を振り返って、アジアの近隣諸国に「迷惑をかけた」ということになっている。 太平洋戦争の犠牲者数は、中国が1000万人以上、インドネシアが400万人、ベトナムが200万人、インドが150万人、フィ・・・

イルミナティとメディア

状況

ネット上でも、甘利明の正体が次第に明らかになってきている。 ゴイムは正しいものを罰し(小沢一郎)、不正なものを許す(甘利明)。 ゴイムの罪悪への寛容を利用して、売国と不正を、「生き様」「美学」とまで言い放った男。 秘書に・・・

ふたつのシルクロード

国際紛争

新国立競技場の総工費をめぐる騒動がやまない。 スポーツ報知(7月12日)によると、石原慎太郎が「(競技場のデザイン審査委員長を務めた)安藤さんの責任ではない」として、工費に新税導入案を語った。 「工費の都の一部負担につい・・・

子供・若者が夢をもてない日本

教育

ベルギーのブリュッセルで行われたG7サミットで、安倍晋三は、オバマに首脳会談を申し込んだが、拒否されていた。 安倍晋三がブリュッセルに着いたのは、サミット前日の3日夜だった。サミットが始まるまでに、安倍は「日米首脳会談」・・・

浅ましいふたりの知事と日本のメディア

政局

浅ましい政治が続いている。 結局、沖縄県知事仲井真弘多は、条件闘争でできるだけ多額の復興予算を日本政府からむしり取ることが目的だったのである。金額次第でどうにでもなったわけだ。 これはちょうど原発を地元に誘導するときに、・・・

「マイナンバー」制度の招来する未来

政局

アホノミクスの幻想が消えかけている。選挙まであと1か月を切った。自民党もそれまで幻想がもつか必死だろう。 アホノミクスの最大の幻想は株価の上昇である。現在の株価急落が続けば直接に選挙に響くだろう。

ページの先頭へ