沖縄知事選に勝利して

9月30日に投開票された沖縄県知事選の最終的な投票率は63.24%だった。

この選挙は、沖縄ばかりでなく今後の日本に重大な影響を与える選挙だった。それは辺野古の米軍基地建設が争点になっていたからである。

結果は以下の通りである。

玉城デニー 39万6632票(当選)

佐喜真淳 31万6458票

兼島俊 3,638票

渡口初美 3,482票

自公推薦の佐喜真淳(日本会議)に約8万票差で圧勝した玉城デニーは、ツイッターで、「沖縄県知事選が終わりました。誰に投票した人であれ、沖縄の未来を真剣に考えた一票だったと思います。その想いをこの一身に受け止めます。この勝利は玉城デニーの勝利ではありません。みなさんの勝利です。たたかいはこれから。ともに新時代沖縄へ進みましょう」と訴えた。玉城デニーの得票39万6632票は、知事選過去最高のものだった。台風と創価学会の自由投票があれば、さらに大きな得票になったと思われる。

目についたツイートには次のようなものがある。

山口二郎

NHKの見当外れについて何度も批判してきたが、今日は特にひどい。11時50分のBSニュースでは、台風情報は仕方ないとして、日馬富士の引退を報じて、何で沖縄県知事選挙の結果を報じないのか。玉城氏の勝利を徹底的に無視したいという強い意志を感じる。報道局は忖度局。

金子勝

総裁選で地方票の半分が石破氏に流れ、アベ政権による辺野古にノーを突きつける沖縄県知事選。外交はプーチンやトランプにコケにされ、FTAをTAGとすり替え。自動車も農産物も風前の灯。世界の金利上昇でシャブ中アベノミクスも限界。政策はみな目標未達。それで民意に反する改憲。もう辞めた方がいい。

布施祐仁

「これまでは知事の承認を得ないで進められるギリギリの工事をしてきたが、それも限界に近づきつつある」(防衛省幹部)。これこそ官邸と与党本部が総力をあげて県政奪還にきた理由であった。つまり、知事の新たな承認がなければ、本格的な埋め立て工事に入ることができないのである。

岩上安身

菅の臆面もない嘘のつきっぷりも、進次郎の恐ろしく中身のないスカスカぶりも(応援演説全文覚文字起こしして愕然としました。みんな彼の断片しか知らない。通して聞くとスッカラカンです)、本当に凄まじいものでした。彼らが国の権力の中枢にいるということが、この国の劣化を象徴しています。

内田樹

雨の後の透き通ったような庭の緑を眺めながら、原稿書き。まずはAERA。沖縄県知事選について書きました。「潮目の変化」があったと僕は思います。一つは公明党支持層の25%が玉城候補に投票したこと。政策的には玉城候補に共感しながら、党の押す佐喜真候補に入れた学会員も多数いたはずです。

沖縄の公明党支持層のおそらく半数近くが現政権については党執行部と評価を異にしている。この乖離を収拾して学会内世論を統一しないと、創価学会を自公連立政権の「盤石の土台」として当てにすることは出来なくなります。公明党執行部は政権との距離感を(表面的には)強調せざるを得なくなる。

公明党が(表面的にではあれ)学会員に向けてアピールするために、官邸との距離感を演技せざるを得ないようになるというのは、9条改憲に前のめりになっている安倍政権にしてみるときびしい環境です。これが今回の県知事選のもしかするといちばん大きな影響ではないかと思います。

玉城デニーの勝因と佐喜真淳の敗因とは表裏の関係にある。それを指摘しておくと次のようなものがある。

1 やはり選挙戦の深層に故・翁長雄志がいて、底流は弔い合戦だった。選挙終盤に翁長雄志の妻・樹子が登場してきて、玉城デニー支持を明確にしたことが決定的に大きな流れを作った。それまでは佐喜真淳まで翁長の後継者を装っていたが、この嘘が粉々にくだけた瞬間だった。

2 9月20日の総裁選でアホぼん三世は3選を果たしたが、その内容は大きな不安を抱かせるものだった。公認権とポストとカネと恫喝で自民党内を締め付けたにもかかわらず、石破茂は善戦し、議員からも党員からもアホぼん三世陣営の予想を上回る支持を集めた。とりわけ、党員票は55対45という接戦だったのである。このとき、自民党には、アホぼん三世では国政選挙を闘えないという声があがってこなかった。現在の保身だけを考えているのだが、その保身の最大のものが自分の選挙であることすら考えられていなかったのである。その怯懦に今回の沖縄知事選は痛棒をくらわせるものだった。

3 沖縄での争点隠し(辺野古の米軍基地建設)は不可能である。沖縄の基地問題は、日常生活の問題になっている。いわば生活を愛するか捨てるか、といった問題だった。その点、争点隠しに終始した佐喜真淳には戦略的な間違いがあった。争点隠しといった新潟では通じた仕掛けが沖縄では通じなかった。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

メルマガの一部の紹介はここまでです。

申し訳ありません。ぜひ有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』の購読をご検討ください。

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

・・・・・・・・・━━━━━━

沖縄知事選と総裁選

最初は意気揚々としてはじまった沖縄知事選が、どうもそういうことでもなくなっている。状況はたいへん厳しい。前回は自主投票だった創価学会が佐喜真淳(日本会議)に一本化しただけでもそれはわかる。

こんなツイートが目についた。

山口二郎

某社の選挙担当責任者から、沖縄県知事選挙の情勢分析を聞く。玉城デニー陣営にとって極めて厳しい情勢。そもそも選対の態勢ができていない。公明党の組織戦、自民党の業界動員という統制の取れた動きとは、横綱と幕下の違い。これから10日で何とか巻き返してほしい。

田中龍作

学会だけじゃない。自民党も企業ぐるみで期日前投票に行かせている。

「『佐喜眞』って書きました」のウソは通用しない。写メで撮影させるから。

沖縄知事選で辺野古の米軍基地建設反対を訴えている玉城デニーが、厳しいことになっていることは、複数のツイートからわかっていた。しかし、こういうふうに具体的に知らされると理解が早い。

野党は、「オール沖縄」を立てて、なるべく陰の役割に徹しようという姿勢だ。しかし、こんなきれい事をいっていたら、とても自公には勝てないだろう。

自公の闘いは、なりふり構わないものだ。玉城デニーに対するデマと中傷。期日前投票で、実際に自公推薦の佐喜真淳と投票用紙に書いたかの、写メによる報告。

これはショックだ。田中は、おそらくそれを不本意にさせられた被害者から聞いて、思い詰めてツイートしたものだと思われる。

ツイッター上には、写メをやっている証拠の写真を田中はもっているだろうから、それを出せという意地悪なツイートも出てきた。田中は沖縄の人間ではない。選挙権はないので、期日前投票所に行ってそんなことは不可能であるし、もし強引にそれをやったら投票の秘密を侵すことになる。

田中は情報源を守るので、結局、田中を信じるかどうかの問題になる。わたしは田中を信じている。というか、こういったことはいかにもありそうである。すでに日本のあちこちで行われているのではないかと思う。

創価学会員も本土から6000人送り込む。ほんとうに甘く見ない方がいい。

創価学会のやることは、徹底している。選挙は個人の判断で自主的にやるものといった考えなど微塵もない。ある意味で、選挙における組織だった緻密さという点では共産党をも抜いているのではないかと思う。

公明党という政党を作っても、まだ池田大作が元気なうちは平和と福祉への志向性が公明党を縛っていた。池田が物言えぬ人になってから公明党の山口那津男が創価学会を指導するようになった。そして急速に政治結社の趣を強めてしまったのである。

野党は、裏方に徹するなどといっていると、後悔することになろう。もっと徹底的に闘うべきだったと。裏方ではなく、「オール沖縄」を尊重しながら、議論し合う。「オール沖縄」も子供ではないのだから、政党の言い分も聞くはずだ。そこで一致点、妥協点を見つけ出していく。最初から「オール沖縄」のお好きなように、わたしたちは裏方でお手伝いしますから、ではとても自公・創価学会には勝てないだろう。

選挙に勝利した段階で、野党はすっと引っ込む。成果はすべて「オール沖縄」に差し出したらよい。

状況の深刻さを伝えるこんなツイートもある。

鈴木まりこ(自由党京都府第5区総支部長)

次の連休で佐喜真陣営は拡大電話作戦で沖縄の有権者に電話をかけまくり、小沢代表の別荘を餌に支持の拡大を狙うようです。学会員が総動員されて行われるようですが今更ながら政教分離の原則はどうなっているのでしょう? 小沢代表のデマイメージでデニーさんを追い詰める作戦! 私には情報はダダ漏れなのに。

澤田愛子

再度言います。デニーさん非常な苦戦だそう。選対が弱すぎてと。安倍批判者のリベラルの皆さん、理想論やきれい事で選挙は勝てませんよ。反基地の皆さん、何をやってらっしゃるのですか。相手は巨大宗教政党と巨大自民、現実を見てさらに活動されることを期待します。枝野さん、今沖縄に行くべきです。

ここにきて小沢一郎が出てきた。沖縄の有権者に、玉城デニーが知事になると、実質的に小沢一郎の院政が敷かれるというのだ。また、沖縄にある小沢の別荘へのデマ。沖縄に別荘を持っている人は多い。自公の政治家にも大勢いるのではないか。

小沢が院政を敷くというのはないだろう。引退したら沖縄で釣り三昧の余生を送るのではないか。たまにテレビに出て、ふがいない政治家たちを叱る。もっと生々しいこともやってもらいたいが、もう解放してあげたらよい。

それより最大野党の立民の枝野幸男はどうしているのだろう。すっかり次期総理のつもりになって、米国で政権の根回しまでやる始末だ。今回の知事選は、立民が沖縄県民の許しを得て、沖縄に足がかりを得る絶好の機会だ。地方選などどうでもいいと高をくくっていると、中央の支持率がさらに急降下するだろう。

半年で支持率が約半分になる激減。米国で政権交代の根回しどころではないだろう。すぐに沖縄にゆくべきだ。ためらっていると、ほんとうは佐喜真淳が当選してくれた方が枝野総理としての政権運営はやりやすいと思っていたのでは、という疑いをもたれるだろう。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

メルマガの一部の紹介はここまでです。

申し訳ありません。ぜひ有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』の購読をご検討ください。

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

・・・・・・・・・━━━━━━