野党共闘に関する、共産党の歴史的な転換が、自民党を慌てさせている。これはわたしたちが思っている以上にボディブローのように自公に効きそうだ。 鈴木貴子の質問主意書と、それに対する時代錯誤の閣議決定の答えなどは、その狼狽ぶり・・・