トランプの姿勢で成否は決まる

米朝会談にお花畑の楽観論をもつべきではない。それは愚かであるばかりか、会談の成功と朝鮮半島の平和、さらには南北統一の妨げにさえなる。

わたしたちは冷静に論理的に分析し、何が問題なのか、何が阻害要因なのか、それを排除するには何が必要か、といったことを、慎重に見極めていかねばならない。

今日は、最新の情報をもとに、米朝会談を展望してみよう。

文正仁が「米朝間の立場の違いと韓国の立場―― 南北首脳会談と非核化に向けた今後の課題」を書いている。

(文正仁は、韓国大統領特別補佐官。外交・国家安全保障担当で、延世大学教授)

完全な非核化が公的な文書に書き込まれたことも画期的な展開だった。これまで北朝鮮は南北交渉の場で核問題をアジェンダとして受け入れることを拒み、それについては米朝が対処すべき問題だと主張してきた。

だが今回、金正恩は書面で非核化へのコミットメントを示し、朝鮮労働党の機関紙・労働新聞も、完全な非核化の合意を初めて報道した。金正恩は完全な非核化へのコミットメントを裏付けようと、文在寅に対して、北朝鮮の豊渓里にある今も使用可能な核実験場を5月に閉鎖し、閉鎖プロセスの監視と検証のために米韓の専門家やジャーナリストを受け入れると約束した。

首脳会談において、金はつねにプラグマティック(実利的)で現実主義的な立場をとった。非核化の前提条件(a precondition)として、彼が在韓米軍の規模の削減や撤退、あるいは米韓同盟について言及することはなかった。「協議を始めれば、私が韓国、太平洋、アメリカに向けて核兵器を発射するような人間でないことが、アメリカにも分かるだろう」と彼は語っている。

金は「ワシントンに対して何を望んでいるか」についても文に伝えている。頻繁な会談、信頼醸成、朝鮮戦争の正式な終結、そして不可侵条約だ。これらの条件が満たされるのなら(If these conditions are met)、「私たちが核兵器を保有して苦しむ理由はなくなる」とも語っている。

非核化を戦争終結と平和的体制の構築のプロセスをリンクさせたいと彼が考えた理由はここにある。最終宣言にあるように、朝鮮戦争を終結させて休戦協定を平和条約に転換させるプロセスが動き出せば(if the process of ending the Korean War and transforming the armistice into a peace treaty occurs)、北朝鮮は非核化のプロセスを促進させるだろう。

最後に、2人はいずれも過去の合意の過ちを認識し、合意内容を実行するために正確で具体的な約束を示している。宣言には、主要な会談やイベントの日付が明記され、ハイレベル交渉と軍高官レベルの会談を5月に実施することが予定されている(訳注:5月16日に開催予定だった南北閣僚会談は中止された)。離散家族の対面は8月15日に実現する予定で、秋には文が平壌を訪問する計画だ」(『Foreign Affairs Report』2018 NO.6(予定))

ここで米朝韓三国の戦略を明確にしておこう。

1 米国「非核化が先で見返りは後」という戦略

2 北朝鮮非核化の(部分的)履行と見返りを、段階的に繰り返す戦略

3 韓国非常に重要な立ち位置を文在寅は占めている。どちらにもつかず、双方が折れ合える条件を模索し続けることになる。習近平と協力してトランプと金正恩を説得する機会が増えそうだ。

ここでわかるのは、金正恩が本気だということだ。「協議を始めれば、私が韓国、太平洋、アメリカに向けて核兵器を発射するような人間でないことが、アメリカにも分かるだろう」という発言は、いかなる意味においても本音だと思っていい。

金正恩は、北朝鮮の豊渓里にある核実験場を、5月に閉鎖すると約束した。その監視と検証のために米韓や欧州の専門家やジャーナリストを受け入れるとまで約束した。こういう積み重ねを米国も評価し、信頼し、譲歩すべきである。

部分的な実績を積み重ねていかねば、相互の信頼は醸成されない。世界の大きな国家間交渉はすべて何年もかかっている。

非核化が先で見返りは後、という戦略はいかにも米国らしい。傲慢で、大国が小国を見下して一方的な譲歩を迫る戦略だ。これでは有無を言わさず北朝鮮は丸裸にされてしまい、米国はその後の交渉をやらずに、イラクやリビアの運命が待ち構えているかもしれない。その不信感から出た北朝鮮の核武装なのに、米国の戦略は相手国の立場を完全に無視している。

文在寅の役割が大きくなりそうだ。

米朝会談が重要なのは、米国の傲慢な戦略が、北朝鮮を追い詰めて、皮肉にも交渉をはじめたために、朝鮮半島での第三次世界大戦にまでつながっていく可能性を秘めていることだ。

この論文を書いた文正仁は、金正恩が「頻繁な会談、信頼醸成、朝鮮戦争の正式な終結、そして不可侵条約」と突き進み、「これらの条件が満たされるのなら(If these conditions are met)、私たちが核兵器を保有して苦しむ理由はなくなる」と語った内容を紹介している。

物事には順番がある。トランプも時間をかけて、ひとつずつ段階的に解決してゆき、最後に北朝鮮の核放棄を求めた方がいいだろう。これまで米国が各国との交渉で見せてきた強引な手法を金正恩に適用すると、金正恩の立場を危うくする。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

メルマガの一部の紹介はここまでです。

申し訳ありません。ぜひ有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』の購読をご検討ください。

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

朝鮮半島の緊張緩和から統一朝鮮へ

2018年4月27日に、文在寅(ムン・ジェイン)と金正恩(キム・ジョンウン)は、板門店の平和の家で南北首脳会談をおこなった。

今日は、「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言 」(2018年4月27日)を中心に、この問題を採り上げる。

東京の大手(「記者クラブ」)寿司友メディアは、官邸の「圧力と制裁」にしたがって、南北首脳会談の成功を矮小化し、ネガティブに描くことに必死だ。

以下は兵頭のまとめた、「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言 」の骨子である。両首脳は何を決めたのか。

(1)金正恩は、自分の国が将来、韓国と統一されることへの期待を表した。

(2)朝鮮半島の非核化に向けて前進することで合意した。

(3)閣僚級会談をはじめとする、各分野の対話と協議を、早い日時に開催し、首脳会談で合意された問題を実践するための積極的な対策を立てていく。

(4)地上と海上、空中をはじめとするあらゆる空間で、軍事的な緊張と衝突の根源となる、相手方に対する一切の敵対行為を全面的に中止する。

(5)西海の北方限界線(NLL)一帯を平和水域にする。偶発的な軍事的衝突を防止し、安全な漁労活動を保障する。

(6)当局間協議を緊密にし、民間交流と協力を円満に保障するために、双方の当局者が常駐する南北共同連絡事務所を開城(ケソン)地域に設置する。

(7)民族の重要問題を解決するため、直通電話による連絡を定期的に利用する。

(8)民族分断により発生した人道的な問題を至急に解決するために努力する。南北赤十字会談を開催し、離散家族・親戚再会をはじめとする諸般の問題を協議、解決していく。

(9)文在寅によるこの秋の平壌訪問を検討する。

以上であるが、南北朝鮮の和解が急速に進んでいる。

これまで行われてきた国際的経済制裁の66%は失敗し、軍事的冒険主義に対する制裁にいたっては79%が失敗している。今回もそれを証明して制裁は終わることになる。

隣国に暮らす者として、これは非常に喜ぶべきことだ。もちろん、これからの交渉が重要であり、米国戦争屋も黙ってはいないだろう。米軍産学複合体を中心とした米国1%の損失は、朝鮮半島の緊張緩和で甚大なものになる。

まず、アジア諸国を敵対させ、分割統治支配してきた米国の戦略が破綻する。

北朝鮮の脅威を煽って、米国のポンコツ兵器を破格の言い値で買わせてきた根拠が崩れ、軍産学複合体は日韓といった「顧客」を失う。

日本の大手メディアは本質的には米国のメディアなので、南北首脳会談をネガティブに描くのである。

朝鮮半島有事で、米軍産学複合体のスクラップアンドビルドが緒に就く構想が破綻する。戦争で北朝鮮・韓国・日本を破壊し、その後に莫大な復旧・復興特需を狙う構想は、これで完全に消える。そういう意味では、南北両首脳は、会談を失敗させるわけにはいかなかったのである。

しかし、もし南北統一になれば、統一朝鮮と日本とを対立させればよい。これがおそらく米ディープ・ステート・戦争屋の考えであろう。

この南北の和解は、本来、同一民族の南北朝鮮の問題である。ここでもし外国から横やりが入れば、国際社会が許さないだろう。

宣言文では、「南と北は南北関係の全面的で画期的な改善と発展を成し遂げることにより、途絶えた民族の血脈をつなぎ、共同繁栄と自主統一の未来を引き寄せていく。南北関係を改善し、発展させることは、すべての同胞の一途な願いであり、これ以上、先延ばしにすることができない、時代の切迫した要求だ」と述べている。南北統一は「途絶えた民族の血脈」「すべての同胞の一途な願い」なのである。他国がとやかく干渉すべき問題ではないのだ。

米国の最大のメリットは、韓国から撤退できることだ。これは大きな絵のなかでは、相対的に露中の存在感と影響力が増し、米国の影響力は衰退していく。しかし、それはトランプのオフショアバランシング戦略の実現である。他国への干渉の廃止、米軍駐留経費の削減につながるものだ。

ここでも軍産学複合体の戦略・利害と、トランプの戦略・利害とは、激しくぶつかっている。

日本にとっても、朝鮮半島の緊張緩和が進めば、中長期的に大きなメリットがある。

(1)米ポンコツ兵器を買わされずにすむ。

(2)東アジアが平和になることで、沖縄駐留米軍の撤退、ひいては日米安全保障条約の廃止が課題にのぼってくる。日本の真の独立のためには、まず日米安全保障条約の鎖を解き放つ必要がある。その現実的な環境ができる。

日本の現実は、憲法よりも日米安保条約で動いている。この安保条約を廃止すれば、自動的に日米地位協定やガイドライン、さらには日米合同委員会で動く日本の植民地支配は終わる。

逆に、もし日本がこのまま安保条約の支配下におかれ続けると、米国の肩替わりの戦争の道に突き進むことになる。

安倍晋三は、今や日本国民の民意や憲法よりも、米国益のために動いている。そうしなければ政権から降ろされるからだ。端的にいって日本は実質的な米国の植民地なのだ。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

状況への呟き 〜裁量労働制〜 (2018/02/28)

今日も、ツイッターに投稿した表現を「状況への呟き」としてブログで公開します。

他の方の優れた「状況への呟き」も紹介します。

今後も読みたいツイートがありましたら、その方のフォロワーになってあげてください。

リンク先に、貴重な情報があるケースが多いので、それも併せてお楽しみください。

新しいツイートが上にきております。

時間とともに増えていきますので、あとでまたお寄りください。

皆さんの思索の糧になりますように。

・・・・・・・・・━━━━━━

・・・・・・・・・━━━━━━☆

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

状況への呟き 〜裁量労働制・麻生太郎・安倍晋三〜 (2018/02/20)

今日も、ツイッターに投稿した表現を「状況への呟き」としてブログで公開します。

他の方の優れた「状況への呟き」も紹介します。

今後も読みたいツイートがありましたら、その方のフォロワーになってあげてください。

リンク先に、貴重な情報があるケースが多いので、それも併せてお楽しみください。

新しいツイートが上にきております。

時間とともに増えていきますので、あとでまたお寄りください。

皆さんの思索の糧になりますように。

・・・・・・・・・━━━━━━

・・・・・・・・・━━━━━━☆

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

状況への呟き 〜安倍晋三・朝鮮半島有事〜 (2018年02月14日)

ときどき、ツイッターに投稿した表現を「状況への呟き」としてブログで公開します。

他の方の優れた「状況への呟き」も紹介します。

今後も読みたいツイートがありましたら、その方のフォロワーになってあげてください。

リンク先に、貴重な情報があるケースが多いので、それも併せてお楽しみください。

新しいツイートが上にきております。

時間とともに増えていきますので、あとでまたお寄りください。

皆さんの思索の糧になりますように。

・・・・・・・・・━━━━━━

・・・・・・・・・━━━━━━☆

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

状況への呟き ~平昌五輪~ (2018/02/10)

ときどき、ツイッターに投稿した表現を「状況への呟き」としてブログで公開します。

他の方の優れた「状況への呟き」も紹介します。

今後も読みたいツイートがありましたら、その方のフォロワーになってあげてください。

リンク先に、貴重な情報があるケースが多いので、それも併せてお楽しみください。

新しいツイートが上にきております。

時間とともに増えていきますので、あとでまたお寄りください。

皆さんの思索の糧になりますように。

・・・・・・・・・━━━━━━

・・・・・・・・・━━━━━━☆

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

状況への呟き(2018/01/21)

ときどき、ツイッターに投稿した表現を「状況への呟き」としてブログで公開します。

他の方の優れた「状況への呟き」も紹介します。

今後も読みたいツイートがありましたら、その方のフォロワーになってあげてください。

リンク先に、貴重な情報があるケースが多いので、それも併せてお楽しみください。

新しいツイートが上にきております。

時間とともに増えていきますので、あとでまたお寄りください。

皆さんの思索の糧になりますように。

・・・・・・・・・━━━━━━

・・・・・・・・・━━━━━━☆

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

福島の山火事と韓国のTHAAD

このページは、2017年5月11日に更新しました。

『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を発信しています。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

このページの要旨

福島の帰還困難区域で発生した山火事について、放射性物質の拡散を指摘し、不安に応える政府の情報発信や報道が少ないことを批判した地方新聞に、「風評被害を助長する」などの声が寄せられた。
「心配をかけ、迷惑を与えた」と陳謝する羽目になった。
いかにも日本らしい劣悪な状況が展開している。

北朝鮮との融和路線を掲げるムン・ジェイン(文在寅)の勝利によって、米国の北朝鮮への先制攻撃は困難になった。
ムン・ジェイン(文在寅)はTHAADの設置に反発を示す対中国関係を巡って、厳しい決断を迫られることになる。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

はじめに

フィンランド政府が、2015年にトルコ海岸で死亡したシリア難民男児のアイランの写真を、フィンランドの貨幣に刻印した。
アイランは死亡当時3歳だった。

通貨に、他国で悲劇的な死を迎えた3歳の、他国の子供の写真を刻印する。
こういうことは日本ではけっして起こりえない。
そこに強い関心を惹かれた。

こういうのはきわめて自由でヒューマニズムに富んだ精神の産物である。
これが政治家に備わっている。
そこにある種のうらやましさを感じたのだ。

日本では、逆に国民の内心まで監視し、管理する。
共謀罪が来週にも成立する。
これは国家が何によって繁栄し、国民は何によって幸せになるのかを考えたことのない政治家の産物である。
「フィンランドが、同国の貨幣にトルコ海岸で死亡したシリア難民男児の写真を印刷」

福島の山火事と放射性物質の飛散

帰還困難区域に指定されている浪江町井手の十万山で起きた山林火災は、10日経っても消すことができない。
周辺3か所で8日測定した大気中の放射性セシウム137の濃度が、前日の約3~9倍に上がった。

福島の山火事の危険性は、以前から指摘されてきた。
ついに現実化したわけだ。
それにしてはお粗末な消火作業である。
10日経っても消せない。
おそらく警告する声を「風評被害」として逆に攻撃し、あるいは無視し、何の事前対策も考えられていなかったのである。

『毎日新聞』(2017年5月9日)が、次のように報じている。

宮城、岩手、福島3県で発生した山火事は9日、延焼中の岩手県釜石市と福島県浪江町で空と陸からの消火活動が日没まで続いた。
気象条件に加え、浪江町では堆積(たいせき)した腐葉土の影響などから難航し、鎮火の見通しはない。

(中略)

原発事故に伴う「帰還困難区域」の福島県浪江町井手で起きた山林火災は、発生から丸10日たっても消えず、焼失面積は50ヘクタール以上。
県によると、消火を阻む要因は、強風や乾燥に加え「広い範囲に積もった腐葉土」。

ヘリからの散水で表層の火を消しても、落ち葉や腐葉土の中で火がくすぶり続け、一晩たつと再び表層も燃え始めるという。
一方、8日に住宅など9棟を全焼し、山林にも延焼した同県会津坂下町の火災は9日に鎮火した。

8日夜に鎮火した宮城県栗原市の山火事は、住宅など11棟の他、山林など約5ヘクタールを焼き、火元とみられる付近でたき火の跡が見つかった。(「東北・山火事 福島浪江 消火活動難航、鎮火の見通しなく」

東京の大手(「記者クラブ」)寿司友メディアは、政権に都合の悪い情報は国民にほとんど知らせない。
たまに知らせる場合も、放射性物質が降ってくる危険性は、ほとんど無視する。

「広い範囲に積もった腐葉土」といっても、福島第1原発破壊以来、放射性物質が降り積もった山の除染はされないまま放置され、うずたかく腐葉土が堆積されたのである。
この因果関係をけっしていわない。

状況の深刻さは、放射性物質の飛散のほかに、もうひとつあった。

和歌山県の『紀伊民報』に、「水鉄砲」というコラムがある。
その2日付1面のコラムで、福島の帰還困難区域で発生した山火事について、放射性物質の拡散を指摘するコラムを掲載した。

『毎日新聞』の引用によると、「電元社員の情報を基に「放射能汚染の激しい地域では森林除染ができておらず、火災が起きれば花粉が飛ぶように放射性物質が飛散するという」と記述し、不安に応える政府の情報発信や報道が少ないことを批判した」。
このどこがいけないのだろうか。

ところが、「風評被害を助長する」などの声が寄せられた。
そして9日付の同欄で「心配をかけ、迷惑を与えた」と陳謝する羽目になった。
いかにも日本らしい状況だ。(「紀伊民報 福島山火事で「放射性物質飛散」 コラムで陳謝」

抗議したのは「福島県の被災者ら」とされているが、ほんとうにそうだろうか。
とても信じられない。

自衛隊員や消防隊員は、放射線防護服などで消火に従事しているのだ。
これも風評被害の所産なのか。

(熊本大学入口紀男名誉教授)最後は地球を一周するだろうと思います。
我われが日常的に呼吸する空気の中には、秦の始皇帝やクレオパトラがくしゃみしたときの空気の分子も含まれています。
1779年の桜島噴火のとき火山灰は江戸の街にも降りました。

福島第一の2号機からの放射性物質の「漏れ」は、桜島の大噴火のように成層圏に届くほどの高さには及びませんでしたが、それでも風向きによって関東に及ぶ広い範囲が汚染されました。
山火事の場合は「何キロメートル」とは一概に言えませんが、国土の侮れない広範な地域が二次汚染されるだろうと思います。

放射性物質が花粉などを担体として空気中に浮遊している場合はマスクが効きそうです。
3.11の後、放射性物質はしばらくは空中に浮遊していましたが、すぐに森林や平地に沈着してしまいましたね。New life after 3.11

もし、こういう警告をも「風評被害」を助長するとしたら、ますます日本はバカの国になる。
安倍晋三の好き勝手に何でもできる国になる。
しかも自己防衛もできない悲惨な国になる。

ここに表出しているのは、自民党の人災としての福島第1原発破壊を、被災者をダシにして隠蔽する企みにすぎないのである。
一億総被曝のジェノサイドが続いている。

韓国の大統領選

韓国の第19代大統領選挙は、事前の調査通り、さらには出口調査の結果通りに革新系の最大政党「共に民主党」のムン・ジェイン(文在寅)が勝利した。

文候補は「明日からわたしは国民全員の大統領になる。わたしを支持しなかった方にも奉仕する統合大統領になる」「国民の切実な望みと願いを決して忘れず、正義の国、原則を守り国民が勝つ国を必ず作る」と語った。

大統領が変わっても、対米、対日関係とも、簡単に変わるわけではない、と思っている人が多いのではないだろうか。

ただ、ムン・ジェイン(文在寅)の「太陽政策」は、韓国軍の軍事力増強で、有事の韓国軍の指揮権も、米国から韓国に移譲させ、対米自立を図り、それをもとに北との融和路線をとっていこうとしている。

これがどこまで可能か。
これが実現すれば、「太陽政策」の中身自体が変わる。
対北関係も大きく質的に変わる可能性がある。

今回の半島危機は、もともと北朝鮮が起こしたのでも韓国や日本が起こしたのでもない。
米国が危機をでっち上げただけのものである。

米国が北朝鮮への先制攻撃をやれば、北朝鮮が核をもつ前の米軍の推定で、300万人以上の死者が出る。
北朝鮮が核をもち、米軍基地のある日本を反撃目標に加えると公言している現状では、死者は、400万人を遙かに超える可能性が高い。
いくら米国が戦争になれているといっても、そう簡単に攻撃に踏み込めないだろう。

もし米国が北朝鮮を攻撃すれば、米国は北朝鮮を殲滅できるだろうが、戦後に、米国は日韓両国民の激しい憎悪の対象になるだろう。

しかも、今回の韓国大統領選挙で、北朝鮮との対話を掲げる政治家が大統領になった。

これでいよいよ米国は北朝鮮への先制攻撃が難しいことになった。

しかも一貫して中国、ロシアが北朝鮮への先制攻撃に反対している。
もし攻撃に踏み切れば、大きな代償を米国は払うことになるだろう。

トランプ政権の本音は、米国本土に到達する北朝鮮のICBM開発と核の小型化を凍結させる。
その見返りに金王朝の存続を保証するというものだろう。
つまり米国の安全が将来的に保証されればいいわけで、日韓の安全保障は無視されることになる。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。
2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されてきましたが、2016年11月6日にPC用だけで3000を超えました。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。