内田樹が「従者の復讐」を書いていて、これが面白い。面白いという言い方は、内田樹は不満かもしれないが、これもひとつの才能の証なのだ。 なぜ面白いかは、読者には読みながらわかっていただけると思う。 わたしは内田の説に賛成など・・・