「中国」タグの記事一覧

安倍晋三の戦争屋としての動き

安倍晋三・橋下徹

朝鮮半島の危機が高まっている。 その危機の、大きなファクターに安倍晋三がなっている。 国内でほとんど指摘されていないことのひとつに、北朝鮮への拉致被害者あるいは北朝鮮在住の日本人安否の問題がある。 安倍晋三はトランプの背・・・

もし中国が北朝鮮への石油を止めたなら

国際紛争

今村雅弘復興相がまたやってくれた。 今村は、4月25日に、都内で開かれた自民党二階派のパーティーで講演をしている。 そこで、東日本大震災について「(発生場所が)東北で、地方だったから良かった。 これがもっと首都圏に近かっ・・・

バノンとクシュナー

トランプ・ナショナリズム

政権内のふたりの確執に世界中が関心をもっている。 こういうことは滅多にないことだ。 今日は、トランプ軍事政権内のバノンとクシュナーの確執を採り上げよう。 これは日本にも関係してくる、そしてわたしたちの生活にも関係してくる・・・

北朝鮮への先制攻撃論の正体

国際紛争

現在の日本で、もっとも幸福な人種がいるのは永田町であろう。国会議員の多くは、北朝鮮の攻撃から国民を守ることよりも、遊びに忙しいようだ。 われらの安倍晋三は、北朝鮮からのサリン攻撃で国民を脅した後、いい気持ちになったのか新・・・

THAAD配備と中韓関係の悪化

China Russia Korea

2018年から小学校に導入される道徳の教科書検定で、パン屋を例に出すのは郷土愛から不適切とされた。それで和菓子屋にして検定が合格になった。 一方で政府は、もっとも大切な国語の時間を減らし、小学校から英語を導入している。あ・・・

カードとしての「1つの中国」

China Russia Korea

  『英国エコノミスト』(2017年3月11日号)に、「1つの中国にはいろんな意味が 馬鹿げた1つの中国政策を維持すべき理由」が載っている。 「1つの中国」はいつか実現するのか。それとも米国の本音は「2つの中国・・・

トランプのアジア政策(2)

トランプ・ナショナリズム

(今回の記事は、1月6日配信「トランプのアジア政策(1)」の続きになります) トランプが、「ロシアと良好な関係を持つことは良いことであり、悪いことではない。ばかな人だけが悪いことと考えている」と語った。当たり前のことであ・・・

ページの先頭へ