2013年の新年が明けました。

先の選挙で惨敗した政党の立候補者も、このメルマガを読んでいることでしょう。

ですから、今年もよろしくお願いします、とだけ年頭のご挨拶をさせていただきます。

これは新年最初のメルマガである。

それで今号は、いつもとは違って、ちょっと趣を変えて、わたしの表現の現在について述べておきたい。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』の配信を始めた。月・水・金・それに加えて、ほぼ週に1回の号外と、週に4回の発行を継続している。

購読者を、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳から解き放ち、現在とは違うステージに招待することをモチーフにしてメルマガを始めた。

現在のわが国の情報空間は、既得権益支配層の利害に沿って国民を洗脳・誘導する「記者クラブ」メディアに支配されている。

この問題の深刻さと危険性については、今回の衆議院選挙が如実に物語っている。

前議員で再起を誓っている生活の党の三宅雪子が、支援者の、ある人の話として、今日(1月2日)、面白いツイートをしている。

「ということで、遅くまで昨夜は話し込んだ。T新聞と□新聞。なんとT新聞をとったら販売店が□新聞をおまけにさせてくれといってきたそう。驚愕。そんな時代がくるとは。得なようだが販売部数にカウントされる(に違いない)。」
(引用終わり)

このツイートが物語るように、新聞の購読者が激減している状況で、現在の大手新聞は、国民の洗脳と誘導といった使命を果たすために、もはや無料でいいから読ませる、といったところまできている。

それを対象化し、既得権益層の利害に洗脳・誘導しないメディア、自分の頭で考え、判断するメディアとしてネットメディアが存在する。

米国・官僚・財界・「記者クラブ」メディアの利害から自立しているだけでも、ネットメディアは優れている。しかし残念ながらそのすべてが質的に信頼できるものでもない。

第一、ネットのなかに「記者クラブ」メディアは入ってきており、たとえば小沢バッシングをネットでも日々繰り広げ始めた。

それに、わたしのメルマガの購読者は例外だが、ネットの読者がすべて「記者クラブ」メディアから解放された、自由で先進的な人々であるわけでもない。

ご存知のようにわたしはツイッターを高く評価している。民意の所在を確認するのに、現在のところ、これに勝るものはない。そのスピードはもちろん、水準は相当なものだ。

もっともいいのは、「記者クラブ」メディアの受け売りといった執筆者があまりいないことだ。

しかし『兵頭正俊の優しさ出前』はそこからさらに先を走って行こうと思っている。

ツイッターをやっていて面白いのは、フォロワーの激減の局面に接したときだ。

たとえば首都圏反原発連合が主催する原発再稼働反対の抗議行動。これに対する評価の違いがフォローの増減を生んだ。

この抗議行動は、毎週金曜日、夕18時から20時まで、官邸前で行われていた。

これをツイートしていたとき、最初は驚くほどのフォロワーの増加があった。しかし、わたしが「反原連」への疑義をツイートし始めると、あっという間にフォロワーが激減し始めた。

官邸前の抗議行動を無条件に「善」として、そして「聖なるもの」として、捉えている層の存在をわたしは知った。

フォローの取捨選択は必要である。わたしを勘違い(誤解)してフォロワーになった人もいるだろうから、その人はわたしから去ってゆくべきだ。

しかしすぐにわたしのフォロワーは増勢に転じた。事実、その日が「反原連」主催の抗議行動のピークであり、かれらの主催する抗議行動は下火になっていった。
ブログランキング・にほんブログ村へ
この興味深い現象に対する最近の例では、日本未来の党の代表嘉田由紀子の乱がある。

これもわたしが嘉田を厳しく批判し始めた時点で、ツイッターのフォロワーがマイナスに転じ、わたしに対しては批判の返信が舞い込んできた。

これは2日続いた。たくさんの真面目なツイートをやって、フォロワーが減少するのはけっして愉快なことではない。

しかし3日目から微増に転じ、潮目が変わった。4日目に、日本未来の党の、分党の話が具体化し、表面化していった。

そのとき、わたしはこのようにツイートしている。

2012年12月26日
「現在の日本未来の党の、嘉田の乱も、次第に真相が知られてきた。24、25の両日はまだわかっていない人も多かったが、今日あたりは、だいぶ空気が違ってきた。党所属の議員よりはメディアに向かって重要事項を話す嘉田の手法も、その真相が知られてきた。反小沢で人気を得ようとしていたのだ」
(引用終わり)

つまりフォロワーの動きで、状況の推移と潮目がわかる。

ブログランキング・にほんブログ村へ
この続きは、

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 http://bit.ly/AvYMkY でご覧いただけます。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご購読をよろしくお願いします。

なお、この号の続きは読めませんが、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 http://bit.ly/n3i2Oc 携帯用 http://bit.ly/LP86GH を2011年8月29日より、配信サイト「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ