わが国の不幸の原因、国民がいくら懸命に働いても幸せになれない元凶は、不断に国民を洗脳し、既得権益支配層の権益確保に仕える、16社体制の御用情報空間が存在するからだ。

したがってわが国ではマスメディアの問題は情報の問題ではない。優れて政治の問題なのである。

わが国には全国紙の5紙がある。(1)朝日・(2)読売・(3)毎日・(4)日経・(5)産経である。

それぞれが系列のテレビ5局、(6)テレビ朝日・(7)日本テレビ・(8)TBS・(9)テレビ東京・(10)フジテレビを所有している。これに(11)NHKを加えて6局のテレビがある。

また(12)共同・(13)時事の通信社2社が存在する。

これにブロック紙3紙の、(14)北海道・(15)中日・(16)西日本を加えたものを、16社体制と呼んでいる。これが日本の情報空間を統制支配している。

そのピラミッドの頂点、メディアコントロールの総本山に位置するのがNHKである。ここではネット上ですでに市民権を得ている犬HKの呼称を使うことにする。

知られているように犬HK会長、副会長らの人選に決定権を持つのは経営委員会である。この経営委員会の委員は、内閣総理大臣に任命権がある。つまり犬HK人事権の要は内閣総理大臣が握っている。ここに御用メディア犬HKの病巣の根本原因がある。

犬HKの抜本的改革には、経営委員会の委員を内閣総理大臣が任命するシステムを変えないと駄目である。

この経営委員会の古色蒼然として反動的な体質を知るには、安田喜憲の発言を見るのがいいだろう。安田は、2009年に犬HKの経営委員となり、2012年2月末の任期終了まで務めた。

安田は任期中に次のような発言をしている。

「日本の未来を考えるときには、今の若者を根本的に立て直すことを考えることが必要」

「今の若者に徴兵制はだめとしても、徴農制とか、徴林制とか漁村に行けとか、そういう法律で、テレビの番組も何時から何時まできちんと見るということにすればいい。

この番組を見なければ会社に就職させないとか、抜本的に政策を変えないと、日本は本当に大変なところへ行くのではないか。そういう面でNHKの役割は非常に大きいので、許される範囲を超えるものもあるが、もっときつい方策をとらなければならないところまで来ているのではないか」

「プラグマティック(実利的)だということですから、学生や若者は自分なりに価値があると判断しなければ見ません。だから、これを見たら受験に役立つ、これを見たら就職に役立つというようなイメージの番組作りをしていくことが必要だと思います。NHKのある番組を見ていなかったら就職もできないよというような」
(引用終わり)

こういう御仁がいて、こういう発言を気楽にできる経営委員会のレベルは推して知るべきである。本人は大真面目に語っており、聞くほうも大真面目であり、こういった人物が、なんと1996年に中日文化賞を、2007年には紫綬褒章を、2010年には中山賞大賞を得ているのである。

この経営委員会の定数は12名であり、任期は3年である。放送法第30条は、「経営委員会に委員長一人を置き、委員の互選によってこれを定める」としているが、過去の経緯をみると、実態は総理が任命する前に、総理の意中を忖度して、総理の人脈から互選しているようである。「権力の監視」とは程遠い、権力の犬が生まれるわけだ。

現在の委員は次のメンバーである。

委員長

浜田健一郎
(株)ANA総合研究所 取締役会長

委員長職務代行者

作田久男
オムロン(株) 取締役会長

以下は委員である

石原進
九州旅客鉄道(株) 取締役会長

井原理代
犬HK経営委員会 委員(常勤)、香川大学 名誉教授

上村達男
早稲田大学法学部 教授

大滝精一
東北大学大学院経済学研究科長 教授

北原健児
元(社)日本民間放送連盟 専務理事

幸田真音
作家

竹中ナミ
社会福祉法人 プロップ・ステーション 理事長

松下雋
日本ガイシ(株) 代表取締役会長

室伏きみ子
お茶の水女子大学ヒューマンウェルフェアサイエンス研究 教育寄附研究部門 教授

渡邉恵理子 弁護士
ブログランキング・にほんブログ村へ
3分の1が「取締役会長」であり、財界人たらい回しの経営委員長人事、時の権力べったりの御用知識人で構成されていることがよくわかる。

その報酬がすごい。

これについては竹野内真理が、2013年4月26日付「NHK への12の質問」の12項目目の質問で、次のように書いている。

「NHK経営委員の給与について、月に二回の会議出席でこれだけあるのは、いささか高いのではないのですか?

また、こちらのページに以下のおかしな発言が記録されています。「今の若者に徴兵制はだめとしても、徴農制とか、徴林制とか漁村に行けとか、そういう法律で、テレビの番組も何時から何時まできちんと見るということにすればいいと思います。この番組を見なければ会社に就職させないとか」真意を教えてください。
http://bit.ly/1337Ln9 」
(引用終わり)

それでは具体的に報酬を見てみよう。

常勤の経営委員会委員は、その役職に応じて下記の金額が支給される。

以下、役職の下に月額報酬、期末報酬(各期)、年間報酬の順に挙げる。

委員長

1,932,500円
3,865,000円
30,920,000円

委員長職務代行者

1,681,250円
3,362,500円
26,900,000円

委員

1,378,750円
2,757,500円
22,060,000円

まるで別世界のような高給取りである。これは犬HKのホームページで公開されているもののみである。他にも様々な手当てがつくのかもしれない。

現在、わが国は年収200万円に満たない国民が6年連続で1,000万人を超えている。経営委員にこの庶民の生活の苦しみなどわかるはずがない。だから犬HKが消費税増税・原発再稼働に理解を示し、TPP参加に賛成し、アホノミクスを礼賛するのである。

さて、冒頭に一部紹介した竹野内真理の、2013年4月26日付「NHK への12の質問」に戻ろう。

この公開質問は12項目にわたり、非常に重要で犬HKの本質に迫るものばかりである。

本号では紙幅の都合で質問の「1」を取り上げることにする。それは以下のようなものである。

「1.2011年3月15日に10時から11時などは1100Bq、放射性ヨウ素合計はセシウム137の9倍以上、14核種の合計は、セシウム137の18倍以上ありますが、なぜリアルタイムで計測していたこの重大データをNHKは報道しなかったのですか?
http://bit.ly/1338rcd

また、2013年1月12日に放送されたNHKスペシャル「空白の初期被ばく~消えたヨウ素131を追う」でもなぜか、この具体的なBq数値を発表しませんでした。おかしくないですか?」
(引用終わり)

政権と犬HKが嘘をついている。当時の菅直人も官邸も、SPEEDI情報は菅直人の下まで届かなかったという。しかし菅直人は米軍にはSPEEDI情報を提供している。

ブログランキング・にほんブログ村へ

この続きは、 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 でご覧いただけます。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ