「乾杯」のイントロ部分に時代への批判をこめた長渕剛の歌が話題になっている。

12月7日の「2016FNS歌謡祭」でのことだ。長渕剛が出演して、ギター一本の弾き語りで、時代への批判的メッセージを歌った。

イントロの歌詞は次のようなものだった。一部字幕の歌詞と違っているが、かれが歌ったとおりに書き起こしてある。歌詞のなかの「ウ・タ・ヨ・ノ・コ・レ」とは「歌よ残れ」の意味である。

アメリカの大統領が誰になろうとも
凶と出るか吉とでるかそりゃ俺たち次第じゃねえか
今日もマスメディアの誰かが
無責任な話ばかりしている
正義のツラしてしったかぶりしているヤツの言うことを聴いている俺

これ以上答えのねぇ話なんか聞きたくねぇ
歌の安売りするのも止めろ
日本から歌が消えてく
日本から言葉が消えてく

自らの言葉をつむぐ歌い手たちが
群れを成して魂の歌をつむぐならば
俺たちは歌によって
正しい道を見つけることが出来るのに
「ウ・タ・ヨ・ノ・コ・レ」
「ウ・タ・ヨ・ノ・コ・レ」
「ウ・タ・ヨ・ノ・コ・レ」

俺たちの東北・仙台・俺たちの九州・熊本、そして福島も頑張ってんだ
オリンピックもいいけどよぉ
若者の貧困、地域の過疎化どうする?
騙されねぇぜマスコミ
騙されねぇぜヒットチャートランキング
騙されねぇぜワイドショー

ところでけなげな少女の瞳が今日も銃弾に撃ち抜かれていく
岸に倒れた名もない兵士は
母の名を叫んで死んだ
アジアの隅に追いやられてきたしなびきったこの島国で
屈辱の血ヘドを吐きながら俺たちは歌う

 

「今日もマスメディアの誰かが/無責任な話ばかりしている…歌の安売りするのも止めろ/日本から歌が消えてく/日本から言葉が消えてく」。これは覚醒した多くの人たちを代弁した言葉だ。政治家の命は言葉であるが、その政治家によって言葉が扼殺される時代にわたしたちは生きている。

旧民主党の消費税増税反対。自民党のTPP反対。日本から言葉が泣きながら去って行く。政治家は国民の命と暮らしを決める者たちであるが、ここでまず言葉は処刑された。日本のエリートのポリティカル・コレクトネスは、米国よりも極端で、「国民のためだから」といいながら、国民の首を絞めてくる。

その悪を暴き、止めるのがメディアの責任なのだが、日本のメディアは国民の首を絞める綱の一端を権力とともに握っている。

「騙されねぇぜマスコミ/騙されねぇぜヒットチャートランキング/騙されねぇぜワイドショー」。ここまで歌いきったら立派というだけではない。日本国民の不幸の元凶は東京の大手(「記者クラブ」)陰謀メディアにあるのだから、悲惨な状況の核心を突いているのだ。

宗主国が9.11の自作自演のビル爆破で、すっかり病に冒されたからといって、日本まで病気になることはなかった。しかし、すぐに病気は伝播してしまった。しかも米国のオリガーキー(寡頭政治。少数の富裕者階級が自己の利益のために行う政治支配体制)は植民地の事情を良く知っていて、安倍晋三に日本の構造改革を、破壊を命じた。

政治家がすっかりお行儀良くサラリーマン化してしまった。現在の自公政治家は、ポリティカル・コレクトネスを駆使しながら、まるで米国や官僚の操り人形を見ているようだ。

そんななか、12月9日午後の参議院本会議で行われたTPP採決で、自由党の山本太郎、森裕子のふたりが「牛歩」をやった。最後まで抵抗する、こういう闘いの仕方を、わたしたちは支持しなければならない。

どうせ多数決で可決されるのだから、といったら、委員会の質疑自体が成り立たない。いや、衆参選挙後には、意味のない少数派の議員は登院しなくてもいいことになる。「どうせ決で負けるのだから」。

若い人たちは知らないだろうが、以前は「牛歩」も国会ではよく見られたものだ。議員の質も今よりは揃っていたように思われる。今はすっかりサラリーマン化してしまった。

世の革命家・世直し派は、すべて少数派から出発している。それから仲間を少しずつ増やし、世界をひっくり返したのである。

そのプロセスでは、千鈞の重みをもつ行動も見かけは卑小に写ってしまうのである。わたしたちはふたりの行動に拍手を送らねばならない。

山本太郎は牛歩戦術の後、「TPPの中身を知っている人はほとんどいない。そのまま、すっと通るのはおかしい」と記者団に語っている。知らないものを、安倍晋三のメンツのために通すとは、並足のポップな投票行動の方が無責任なのだ。

参院議長の伊達忠一が牛歩に対して「早くやれよ」とヤクザの本性を顕す一幕があった。昔の自民党には真面目なカタギも少なくなかった。今は不真面目で無責任なお金狂いのヤクザが多い。

それにしても議長の品格というものがあろう。この国は病気になってしまったのである。病気をうつした米国は、もしかしたら日本より先に快復に向かうかもしれない。

ジェファーソン・カーウィーは、「見捨てられた白人貧困層とポピュリズム」のなかで書いている。

(ジェファーソン・カーウィーはバンダービルト大学教授(歴史学))

民主党と共和党は互いに、貧しい白人労働者階級が苦境にあるのは、相手のせいだと互いに主張したがる。実際には、両党ともこのグループへの目配りを怠ってきた。2008年の大統領選挙でバラク・オバマは次のように主張している。

ペンシルバニアのいくつかの小さな町、それに中西部の多くの小さな町では、もう25年も雇用が失われ、それに代わるものは何も生まれていない。彼らはクリントン政権にも、ブッシュ政権にも無視された。歴代政権はみな、これらのコミュニティーをどうにか再生すると言ってきたが、それは現実になっていない」

これに続けてオバマが語ったことは政治問題になった。「そうだとすれば、彼らが苦々しい思いをしているのは驚きではない――自分たちの苛立ちを説明する方法として、銃や宗教に固執し、自分たちとは違う人々への反感、あるいは反移民感情、反貿易感情にしがみつくのは驚きではない

この発言にはどこか見下したような響きがあった。これは、オバマが大統領就任後、明らかに貧しい白人労働者階級に恩恵をもたらす政策を掲げても、このグループの支持を得られない事態を予兆する伏線だった。

実際、その意図がどうであれ、オバマの任期中に白人貧困層の境遇に大きな変化はなかった。一方、非白人有権者が増えたことによって、民主党は、伝統的に支持者の多い「青い」州で教育水準の低い白人有権者の支持を獲得しなくても、手堅く勝利を収められるようになった。

2016年の民主党全国大会では、さまざまな人種が集う美しい光景がみられたが、そこには「私たちは白人(貧困層)を見限った」というメッセージが隠されていると感じた視聴者もいただろう。

対照的に、共和党、少なくともトランプが共和党の大統領候補指名を勝ち取るのを後押ししたグループは、白人層を中心に据えたキャンペーンを展開した。郡レベルの人口動態と2016年の共和党予備選の結果を比較検証したニューヨーク・タイムズ紙のニール・アーウィン記者とジョシュ・カッツ記者は、次のような結論を示している。

すべての郡で、トランプの支持率は高卒未満の白人の割合、国勢調査の祖先の項目で「アメリカ人」と答えた住民の割合、トレーラーハウスに住む人の割合、キリスト教福音派の割合、そして1968年の大統領選で人種隔離を主張したジョージ・ウォレスを支持した人の割合と強い相関性がある。

しかしトランプの支持率と、「オールド・エコノミー」関連雇用への依存率、そして低い労働参加率の間にも強い相関関係があった。だからこそトランプは、経済ポピュリズムを選挙運動の大きな柱に据えた。

その中心が保護貿易と連邦社会保障給付の維持だった。そうすれば貧しい白人労働者階級も、親や祖父母の世代が戦後享受したような安全と繁栄を得られると、トランプは約束した」(『Foreign Affairs Report』2016 NO.12)

「民主党と共和党は互いに、貧しい白人労働者階級が苦境にあるのは、相手のせいだと互いに主張したがる。実際には、両党ともこのグループへの目配りを怠ってきた」。つまり、両党とも言葉が行動を伴わないのだが、ただ喋っているだけの専門家なら、政治家の存在理由がない。

オバマのペンシルバニアへの発言など、ほぼ、かれの任期中の評価を象徴するものだ。「わかっているが、やらない」。ただ言葉が美しいだけだ。広島見物時の言葉と同じだ。

「自分たちの苛立ちを説明する方法として、銃や宗教に固執し、自分たちとは違う人々への反感、あるいは反移民感情、反貿易感情にしがみつくのは驚きではない」と見下し、それでもやらないとすれば、トランプに投票するより仕方がないではないか。ヒラリー敗因の深層はオバマが作ったのである。

オバマは、貧困白人層のみならず、出自の黒人層の貧困、人権すら向上させなかった。ただ、軍産複合体の上に乗り、しかも個人的にはノーベル平和賞を取り、矛盾した延命の道を模索しただけだった。

逆に、母体の民主党は、非白人有権者が増えたことで、その方に比重を傾けていった。それがトランプの勝利に直結したのである。

その支持基盤が、「高卒未満の白人の割合、国勢調査の祖先の項目で「アメリカ人」と答えた住民の割合、トレーラーハウスに住む人の割合、キリスト教福音派の割合、そして1968年の大統領選で人種隔離を主張したジョージ・ウォレスを支持した人の割合と強い相関性がある」というのは当然であるが、これは逆にトランプの危険性も物語るものだ。

この階層の具体的生活を改善しなければ、トランプの4年後の再選は危ない。オバマとヒラリーのポリティカル・コレクトネスに絶望した階級であるから、トランプの嘘もプラグマティックに確実に見破る。

現在、トランプとファシズムとの関連を危惧する向きもあるが、それはいささか性急すぎる。トランプの拠って立つ支持基盤は白人貧困層であり、かれらの生活を向上させることが、トランプの使命になる。

それも時間に限りがある。わずか4年間だ。その間にめざましい改善がなされなければ、4年後には落選が待っている。

この一事を以てしても、トランプとファシズムとの相関は希薄なように思われる。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されてきましたが、2016年11月6日にPC用だけで3000を超えました。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

皆さんの判断の材料に供すべく、次の資料を添付しておきます。 2016年11月13日のメルマガの冒頭に書いたものです。

「初めにご報告と感謝を。

無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と携帯用とを2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信してきました。

PC用と携帯用をあわせて3千を越える読者に支持されてきました。読者の皆さまには深く感謝しております。

2016年11月6日、PC用だけでついに3千超えを達成し、「まぐまぐ」の「殿堂入り」を果たしました。

5年ほどかかりました。テレビにでも出ていたら、桁が違っていたでしょうが、出なかったおかげでほんとうのことを書き続けてこれました。

わたしのようにどの組織にも属さず、辛口の政治評論が中心で、どの政党も遠慮せずに批判し、既得権益支配層を批判するばかりか、だらしのない国民をも叱咤し続けて、3千部達成というのは、珍しいのです。

たまにお便りで読者を知ることがあるのですが、わたしの読者は粒よりで、一騎当千のつわものばかりです。これが何よりのわたしの誇りです。

なにぶん歳なので、いつまで書けるかわかりません。それ以上に、狙われているので、ネットから追放される可能性もあります。皆さんのなかにもわたしのツイートをリツイートして、妨害された方がおられるでしょう。共産党からネトウヨまで、幅広い妨害に遭っております。つまり公認左翼と右翼とに怖がられております。

毒にも薬にもならない言葉ではないわけで、妨害はわたしの栄光だと思っております。

いくら妨害に遭っても、明察の支持者がいて、11月8日にはツイッターのフォロワーが3万人を超えました。感謝しております。

PC用だけで「まぐまぐ」の殿堂入りという、ひとつの区切りを迎えました。ご報告と感謝を述べておきます」

以上です。

ご検討のほどよろしくお願いいたします。