1 日本は「武士の国」

報道によると、立民の辻元清美国会対策委員長が、2日の、常任、特別委員会の各理事を集めた党内の会合で、党所属議員と自民党議員との、夜の飲食を見合わせる方針を決めた。
報道では、「当面」、「自粛」の言葉が使われていたが、ぜひ継続的に禁止してほしいものだ。

自民党との酒席、会食というと、すぐに思い浮かぶのは安倍晋三と東京の大手(「記者クラブ」)寿司友メディアとの酒席だ。
これが国内はもちろん国際的にも非常に評判が悪い。
顰蹙を買っている。

きちんとした与党との闘いをするのなら、酒席など必要ない。
メディアが御用メディアに堕落したように、野党も御用野党に崩されていく。

カメラの前では闘い、「反対して通させる」なれ合いのスケジュール闘争が、国民には見破られている。
民進党(旧民主党)の支持率の低迷は、その答えだ。

これは夜の酒席を自民党とするのは、国民の理解が得られない、という理由しか報道は述べていない。
しかし、若い立憲民主党の議員たちが自民党議員に毒されることをも心配したものだろうとわたしは思っている。

民進党(旧民主党)の支持率の低さ、国民の不信感の原因を、立憲民主党はもっともよく知る立場にある。
そこからよく学ぶべきだ。
だらだらと同じことを習慣のようにやっていてはいけない。
おかしいところはどんどん改めていくべきだ。

幸い、選挙後も立憲民主党の支持率は伸びている。
野党では立憲民主党だけである。
ここで絶対にやってはならないことは、民進党、希望の党、無所属の会との政界再編成である。
ほぼ以前の民進党と同じになるわけで、これをやると国民の支持は一挙に離れていく可能性が高い。

立憲民主党に対する国民の支持は、以前の民進党に何を期待し、それが裏切られ、適わなかったことの証左である。
分離した立憲民主党こそが、その期待の形だったのだ。
ここに現れた国民の気持ちを裏切ってはいけない。

このまま、与党と懸命に闘い、党勢の拡大は野党共闘による選挙で実現するのがいい。

トランプの娘イヴァンカがやってきて、日本人の軽薄さが一挙に暴かれた形になった。

こんなツイートが目についた。

山崎雅弘

米大統領に先立って来日した大統領の娘を、メディアが「芝居の前座」のように持て囃し、ムードを盛り上げてから米大統領が来日。
あたかも「日米両国は一蓮托生」のような錯覚の空気が、日本国内に広がっている。
米大統領が戦争を決断しても、それを受け入れて挙国一致で協力する心理が醸成されている。

松尾貴史

イバンカをもてはやす感覚が何かを省みるべき。
構造的に、迂闊だ、ミーハーだではすまない愚。
浮かれる為政者を見て、気色の悪さをも感じる。

ほんとうに恥ずかしい時間だった。
まるでイヴァンカはハリウッドのスターであり、ちょうどオバマが広島見学に訪れたときのような気恥ずかしさを体験させられた。

安倍晋三によって私物化された外交が、国家の威信をかなぐり捨て、純然たる植民地として、宗主国大統領の娘を迎え入れていたのである。

11月5日にやってくるトランプは、「真珠湾を忘れない。アリゾナを忘れない」と高いアドバルーンを上げた。
いつもの譲歩を迫るアドバルーンである。
しかも仮装の独立国家の表玄関羽田からは入国せず、植民地支配の象徴たる横田基地に降り立つ。

そのトランプが来日前に、こんな物騒なことを喋っていた。

ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は2日、中国に対し、北朝鮮の脅威が対処されなければ「武士の国」である日本が自ら事に当たる可能性もあると警告した。

トランプ氏は5日、大統領就任後初となるアジア歴訪を開始する。
北朝鮮による核・ミサイル開発をめぐって高まっている緊張が、中心議題になるとみられている。

トランプ大統領は米FOXニュース(Fox News)のインタビューで、「日本は武士の国だ。私は中国にも、それ以外に聞いている皆にも言っておく。北朝鮮とこのような事態が続くのを放置していると、日本との間で大問題を抱えることになる」と語った。

その一方で、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は北朝鮮問題で「相当素晴らしい」働きを続けており、「中国はわれわれを助けてくれている」と持ち上げもした。

中国はトランプ氏から、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長を制御できていないと批判を受けていた。
その後、国連(UN)が科した厳しい対北制裁を履行し、習氏とトランプ氏の関係は改善しているとみられている」(トランプ氏、対北で「武士の国」日本が動く可能性を中国に警告『AFP』2017年11月3日)

2 宗主国の代理戦争へ

もともと米国と北朝鮮との対立だった。
日本に前代未聞の愚かなお坊ちゃん総理がいる。
この好機を捕らえて、米国によって、北朝鮮と日本との対立にすり替えられていく、その危険性を何度も指摘してきた。
それが日を経る毎に明確な色彩を帯びてきた。

ちなみにサムライの本質は奴隷なのだ。
主君にけっして盾突かない。
攻撃を命じられると、理不尽を感じても黙って命令に従う。
死の従順な受け入れは、奴隷の究極であり、だから「武士道というは死ぬことと見つけたり」というのだ。

宗主国にとってこれほど有り難い植民地はないのだ。

今日のメルマガでは、アンドリュー・ベーセビッチの「トランプの何が問題なのか —— 啓蒙的アメリカ・ファーストへの道筋を描く」を切り口に、トランプの心の深奥に潜む「日本と北朝鮮」について考えてみたい。

(アンドリュー・ベーセビッチは、ボストン大学名誉教授(国際関係学・歴史学))

介入と不介入の間

似たようなことは、アメリカの軍事政権にも言える。
未来の世代が、自分たちで選択できる機会をもてるようにしなければならない。
残念ながら、ユートピア的グローバリズムの下で実施された軍事行動は、莫大な資源を浪費した挙げ句、未来の世代の選択肢を狭めてしまった。

9.11以降の戦争がいかに長期化しているかを考えれば、それは明らかだ。
アフガニスタンはアメリカ史上もっとも長い戦争になり、それに続くのがイラクだ。
もはやワシントンであえてそのコストを計算しようとする者がほとんどいないほどの莫大な浪費は、劇的な債務の拡大を引き起こしている。

冷戦終結時のアメリカの債務は約4兆ドルだったが、現在は20兆ドルに膨らみ、2020年までには25兆ドルに達するとみられている。
アメリカは始めた仕事を終わらせられない国となり、途方もない借金を使ってその失敗を隠そうとしている。

アメリカ・ファーストの視点からみると、その解決策は二段階になる。
第1に、アメリカの重大な国益が切実に脅かされているのでない限り、軍事介入の衝動を抑えなければならない。

第2に、戦争のコストは未来の世代にツケを回すのではなく、そのタイミングで支払わなければならない。
未来の世代にはバランスのとれた財政を委ねるべきだ」(『Foreign Affairs Report』2017 NO.11)

米国一極支配の時代はすでに終わっている。
トランプ自身がそのように認識しているのだから間違いはない。
世界で米一極支配の幻想にすがっているのは日本ぐらいだろう。
英国でさえ中国へ舵を切り替えている。

トランプの「アメリカ・ファースト」は、そこから多極化する時代に対応する戦略である。
トランプ外交は、政権内部の対立を反映して一貫性を欠いているので、端から見ると衝動的に写る。
北朝鮮問題に関して、平和主義者かと思えば、好戦派に豹変する。
いったいトランプの本音はどこにあるのか。

そのどれもが本音なのだ。

米国の一番の懸念事項は明確だ。
経済的破綻である。
その原因が、莫大な資源を浪費した軍事行動であったことも明白である。

「9.11以降の戦争がいかに長期化しているかを考えれば、それは明らかだ。
アフガニスタンはアメリカ史上もっとも長い戦争になり、それに続くのがイラクだ。
もはやワシントンであえてそのコストを計算しようとする者がほとんどいないほどの莫大な浪費は、劇的な債務の拡大を引き起こしている」とアンドリュー・ベーセビッチはいう。

もちろんその戦争のおかげで、米国軍産複合体・イスラエル・米議会・国際金融資本(米金融ユダヤ)・メディアは潤ってきた。
99%の若者の死を代償に、1%は潤ったのである。
もしその99%の若者を日本の若者に代えられたら、こんな素敵なビジネスはない。

「冷戦終結時のアメリカの債務は約4兆ドルだったが、現在は20兆ドルに膨らみ、2020年までには25兆ドルに達するとみられている。アメリカは始めた仕事を終わらせられない国となり、途方もない借金を使ってその失敗を隠そうとしている」。
借金は、米国を一度経済破綻させない限り、延々と膨らみ続けるだろう。

アンドリュー・ベーセビッチは、その解決策として、次の二段階を提唱する。

(1)第1に、アメリカの重大な国益が切実に脅かされているのでない限り、軍事介入の衝動を抑える。

(2)第2に、戦争のコストは未来の世代にツケを回すのではなく、そのタイミングで支払う。

いわれてみると当たり前のことのように思われるが、真実というのはいつもこのようなものだ。
単純で、骨太で、常識的で。

(1)ができなければ、必然的に(2)もできないのだが、(1)は実現できないのではないかとわたしは思っている。
あまりにも軍産学複合体の力が強大であるからだ。

つまり経済破綻に喘ぐ米国、戦争をやめられない米国に、安倍はこき使われ、米国の代理戦争に日本の若者を差しだそうとしている。

半分ほどもいる愚かで無責任な国民がいつものように棄権した、今回の衆議院選挙で、その道筋はほぼ決まったと思ってよい。

 

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO