支配されぬ生き方というのは魅力的なテーマだ。

そのひとつは、小さくてもいいから畑を持って、そこで日常の食べ物の糧を得ることだろう。

私の両親はそれをやっていた。

わたしが小さい頃の実家には小さな畑があって、料理に使う野菜は、ほとんどその畑から採っていた。

母が店から買ってくるものは、魚とか米とか味噌・醤油のたぐいであって、野菜を買ってきたのは見たことがなかった。

近くの川には、ウナギが、うじゃうじゃいたが、釣る気もなかった。長じてウナギが高級食材であることを知ったが、わたしの小さい頃はそうでもなかったのではないかと思っている。

釣らなかったのは、ただ好きではなかったからである。

畑で野菜を得て、川や海で魚を獲る。これで最低限の食を得る。

あと少しお金があったら本を買ったりする。

これでも世間や権力の干渉はあるのだが、生きるための最低限の鞍部は超えられるのかもしれない。

そういう時代になったのだから、こんなことを夢想するのも仕方がない。

外国に移住して、この愚かで冷酷な官僚・政治と決別するのは、もっといいかもしれない。

棄民された側としては、外国移住に何の遠慮もいらないのである。

放射能汚染ばかりではなく、将来の植民地奴隷の境遇も、さらに戦争が強いる人殺しも避けられる。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

Video not available

ブログランキング・にほんブログ村へ

2011年10月1日より有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 (月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ