尖閣問題での、中国艦船よりの射撃管制用レーダー照射事件で、安倍首相と小野寺防衛相が、腕をまくっている。

証拠があるのなら射撃管制用レーダーの証拠をすべて出したらよい。まるで子供である。

中国は、報道官と外務省が対応しているのに対して、日本は総理と防衛大臣が先頭に立って、しかも中国批判をストレートにメディアの前で繰り返している。

これでは外交交渉など出来る筈がない。日本の対応は未熟で愚かである。

日本の政府当局は子供だ、と世界中からバカにされているのだ。

安倍晋三には中国に対する個人的嫌悪感があるように思われる。こういう個人的な感情は、国のトップに立ったら禁じなければならない。抑制的でなければならない。しかし安倍晋三は子供のように反中、嫌中をむき出しにしている。

ここでは米国の後押しと、自公で3分の2をとったという、まことに過剰な自信が歯止めを奪っている。

衆議院選挙の結果、日本はきわめて不幸な状況になった。

しかし、そのことを指摘し、政府の熱気を冷ますべきメディアが、逆に煽っている。

現在、わが国のマスメディアは中国の大気汚染の報道で大騒ぎだ。この半分でも国内の放射能汚染を報道してくれたら、一挙に日本はまともな国になるのだと思われる。

実はPM2.5は何年も前から日本に飛来してきていた。わが国ではマスメディアがメディアスクラムを組んで一斉に動き出したときは、政治的モチーフがあるのである。

メディアは「西日本が危ない」と喧伝している。

1 東日本だけが放射能汚染で酷い目に遭っているのではなくて、西日本だって大変な目に遭っている。

2 反中意識の植え付け

この2点のための情報操作と洗脳をやっているのである。

現在、東京は普段の100倍の放射能に汚染され続けている。そのなかで中国の大気汚染を叩き、中国人の健康に言及するなど、気は確かかといわねばならない。

ネットではネトウヨを中心に反中の罵詈雑言が飛び交っている。しかし、わが国は米国の西海岸、アラスカ、カナダと放射能で汚染している加害者だ。

中国に賠償させろと息巻いても、もし中国が海産物汚染で日本に賠償を要求したら、その額は何十年、何百年にわたって天文学的な数字になるであろう。

いずれにしても先の衆議院選挙前に放射能汚染を報道してくれていたら、「自・公・民・みんな・維新」による、消費税増税、原発推進、TPP参加はなかったであろう。

それだけ「記者クラブ」メディアはまだ強大な国民洗脳力と誘導力をもっている。

しかし同時にわが国「記者クラブ」メディアの罪深さをも証明している。

かれらは、先の衆議院選挙で、景気と雇用問題が重要課題であるとして、消費税増税、原発、TPPの本質を隠蔽した。

その結果は危険きわまりない軍国主義政府の誕生である。現在、尖閣で、偶発的な衝突が引き金になって、いつ戦争が始まってもおかしくない状況だ。09年の政権交代時には想像もつかなかった事態だ。

恐いのは、安倍への支持率が高いことだ。

それは先の都知事選にも出ていた。

先の東京都知事選は、猪瀬直樹が圧勝した。獲得した433万8936票は、個人として日本の選挙史上最多得票記録である。

猪瀬直樹 4,338,936票 65.27%

宇都宮健児 968,960票 14.58%

猪瀬は宇都宮の4.5倍もの票を集めている。これは政策の違いで開いた票差ではない。まして人格の違いでもたらされた票差でもない。人気の違いですらない。

利権が網の目のように張り巡らされ、政策や人格をせせら笑ったのである。

辛うじて宇都宮は供託金の没収を免れたが、他の松沢成文、笹川堯ら7人の立候補者は、すべて供託金没収の憂き目に遭っている。

こうなると、経済的な富裕層でなければ、立候補の決断自体が難しくなってきた。

現職、前職の後継者以外は、義憤に駆られて捨て身で立候補というわけにもいかなくなった。
ブログランキング・にほんブログ村へ
国の立て直しはたいへん困難になった。

注意しなければならないのは、この「右傾化」の正体だ。

好戦的な「右翼」の登場といっても、全般的に現代の「右翼」は軽薄である。

現代の「右翼」は「左翼」を知らない。ましてネトウヨ、保守政治家、保守系政治評論家は「左翼」に無知である。

ただ、既得権益支配層に隷属していて、商売繁盛のために中国・北朝鮮を叩いて見せる。

しかし『資本論』も『経哲草稿』も『ドイツイデオロギー』もまともに読んではいない。それで中国・北朝鮮を社会主義国家、 「左翼」思想の国だと勘違いして「左翼」批判をしたつもりになっている。

現代の「右翼」は昔と違って、ほとんど対米隷属である。かれらは言葉の本来の意味でのナショナリストではない。

この「右傾化」の状況のなかで、日本植民地化のための政党間の連携と政界再編は、既得権益支配層によって以下の3つに分けられてゆくだろう。

1 自・公

2 みんな・維新・民主の松下政経塾派

3 生活の党・新党大地・社民・みどりの風・新党日本・日本未来の党。

本来なら3に共産党が入るべきだが、共産党が他の政党と選挙協力する見通しは暗い。

ブログランキング・にほんブログ村へ
この続きは、

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 http://bit.ly/AvYMkY でご覧いただけます。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご購読をよろしくお願いします。

なお、この号の続きは読めませんが、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 http://bit.ly/n3i2Oc 携帯用 http://bit.ly/LP86GH を2011年8月29日より、配信サイト「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ