10月26日に福島の県知事選があった。

東日本大震災と福島第1原発事故後、初めての知事選である。

その結果、佐藤県政の継承と発展を掲げた、前副知事の内堀雅雄が圧勝した。

この選挙では、全候補が福島第1、第2原発計10基の全基廃炉を主張した。つまり前の衆議院選挙と同じで、選挙のとき、この国では程度の差こそあれ、誰もが脱原発派になる。ご愛敬である。

結果は、これまで県民不在の政治をやった佐藤雄平の県政が、継承されることになった。

自由民主党、民主党、維新の党、公明党、社会民主党5党が、内堀雅雄を与野党相乗りで支援したため、政策論争は低調となり、低投票率になって表れた、といわれる。そうだろうか。綺麗にまとめすぎているように思われる。

むしろ福島エートス・プロジェクトに席巻された福島第1原発事件の現場は、脱原発反対であり、それが内堀雅雄の圧勝という結果に集約されたのである。

開票結果は以下の通りだった。

当日有権者数:1,599,962人 最終投票率:45.85%(前回比:+3.43ポイント)

「候補者名、所属党派、得票数、得票率、推薦・支持」の順に紹介する。

内堀雅雄 無所属 490,384票 68.4% (支援)自由民主党、民主党、維新の党、公明党、社会民主党

熊坂義裕 無所属 129,455票 18.0% (支援)日本共産党、新党改革

井戸川克隆 無所属 29,763票 4.1%

金子芳尚 無所属 25,516票 3.6%

伊関明子 無所属 24,669票 3.4%

五十嵐義隆 無所属 17,669票 2.5%

内堀雅雄の圧勝は、投票の前から予想されたものだった。

この日(10月26日)にFibrodysplasiaが、こんなツイートをしていた。

Japan Chernobyl

「福島では、毎日毎日舞い上がる放射性物質を吸引させて、どれくらいの時間が経てば何人くらいどの病気で死ぬのか、壮大な人体実験をしている。被験者は200万人。棄民だね。婚姻を通じて親戚関係にある政財界1万人程度の特権階級以外の国民は、ゴミというか虫けらというか野垂れ死にしてOKという国。

チェルノブイリで選挙やって、各候補が復興!とか叫んでいたら、ガイアナ人民寺院よろしく、超高濃度汚染地帯で新興宗教が集団自殺の儀式をやっていると思うわけだが、その気が触れた選挙をフクシマでやっている。核燃料由来放射性微粒子を吸い込みながら生活して死ななかったら地球上の生命体ではない」

福島について語るのは難しい。とくに脱原発、避難を語るのは。論理に対する強い拒絶に遭って、生きた反応は返ってこない。

ネットでも福島県知事選関係の発信は、少なかった。沖縄県知事選が後にあるにも関わらず、多くの発信は沖縄に集中していた。

日本政府の姿勢は棄民で一貫している。政府に対してどうにかしてくれ、という段階はとっくに過ぎている。政治家が福島を視察するときは、重装備でゆく。あれを見て福島から、個人で脱出するしかないのだ。それも、もう遅いのだが。

「わたしたちは被害者だ」。その通りだ。しかし、福島に留まって被害者を叫ぶのも、のんきに過ぎると状況は告げている。外国、とりわけ米欧の論調は、加害者としての日本を叩き始めた。

radioactivity terrorism

ブログランキング・にほんブログ村へ

脱原発は、現在の自・公政権ではできない。かりに政権交代が起きても、「民・みんな・維新・次世代」の自民党補完勢力では、不可能である。

ご存知のように日本は官僚独裁国家である。官僚は対米隷属を利権保持の戦略にしている。

日本では、この官僚(外務省、防衛省、法務省、財務省、農林水産省など)と在日米軍のトップが出席する日米合同委員会が、国会の上に立って、重要なことは決めている。

この委員会の議論の基準になっているのが、日米地位協定(基地)と、日米原子力協定(原発)だ。

したがって、この官僚独裁から政治主導に変えなくては、脱原発はあり得ないのだ。

そのためには、それを実現してくれる政党に投票する。それをやらせてはたいへんなので、東京の大手メディアが、日夜、国民の愚民化に努めているわけだ。

つまり福島県に限らず、原発事件を起こした地方は、安全なところまで移住しなければならない。「国よ、県よ、どうにかしてくれ」ではないのだ。

誘致や再稼働する知事を選んだ県民も悪いのだから、いつまでも被害者面せずに(近隣の県民にとっては加害者である)、とにかく危険地帯から脱出して、そこから補償を求める。これしかないだろう。

原発を誘致した時点で、これを覚悟しなければならなかったのだ。あまりにも日本民族は、のんきで、民度が低すぎるのである。

繰り返すが、米国政府も日本政府も、原発事件を起こした自治体住民は棄民する。できるだけ現地に留めて貴重な人体実験のデータをとる。あとは保険と医療のマフィアが暴利を貪る。これが新自由主義、グローバリズム下の原発誘致自治体の結末だ。

今回の福島県知事選で落選した井戸川克隆の、10月17日のツイートである。

itogawa (2)

「仮設住宅には住まわせるな、健康調査はちゃんとやるようにと日本政府に注文したことを話してきました。福島県民は完全に情報閉鎖を行政、特に福島県から閉鎖されています。皆さん応援してください、グロウバー報告を拡散してください。お願いします」

「福島県民は完全に情報閉鎖を行政、特に福島県から閉鎖されています」という言葉は重い。井戸川を尊敬している住民は多いと思われる。井戸川は、今後、福島の住民に東京の大手メディアをやめるように説得してほしいものだ。東京の大手メディアとテレビを見ている限り、福島エートス・プロジェクトは進行する。

続いて、携帯(できたらパソコン)をもたせ(仮設の場合、どの部屋かにデスクトップを置く)、ツイッターから「福島」あるいは「原発」、「放射能汚染」といったキーワードで情報を集めさせる。つまり、行政と折衝するとともに、住民のメディアリテラシーを深めていかなければ、好きなように住民は操られる。

今回の、内堀雅雄の圧勝は、福島エートス・プロジェクトと東京の大手メディアの勝利なのである。内堀雅雄の獲得した約49万票、70%近い獲得票は、日常の刷り込み(洗脳)の勝利である。

そういう視点をもたなければ、井戸川は福島で勝つことはできないのではないか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ