1 小沢一郎の無罪判決

国民の生活が第一衆議院議員の大谷啓が昨日(11月11日)に次のようにツイートしていた。

「明日、小沢先生の高裁判決ですが、地裁の時と違って、テレビの特番は用意されていない模様。テレビ局関係者曰く。地裁の時は有罪と読んでたから、特番を組んだ。今回はきっと無罪だから特番は組まないと。これが、マスコミの実態なのだ」
(引用終わり)

実際、検察審査会が強制起訴したあたりから、これは無理筋の裁判で、無罪になると踏んで、「記者クラブ」メディアの関心は薄れている。

しかし、有罪だと話題性があるが、無罪だと乏しい、ということばかりでもなさそうだ。

「記者クラブ」メディアとしては、小沢が無罪だと困るのである。

徹底して小沢をクロと決めつけ、メディアスクラムを組んで、バッシングを加えた手前、メディアの立場はなくなる。

かといって読者にわびるような、まともな精神はわが国の「記者クラブ」メディアにはない。だから、無罪は素通りして、過去のメディアの非は忘れてしまおうというのであろう。

さて、本日(11月12日)小沢裁判で、東京高裁の小川正持裁判長は、無罪の1審判決を維持して、小沢無罪を申し渡した。

『産経ニュース』(11月12日付け)は、「小沢一郎代表、2審も無罪」と題して、次のように報道した。

「資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で強制起訴された元民主党代表で「国民の生活が第一」代表、小沢一郎被告(70)の控訴審判決公判が12日、東京高裁で開かれた。小川正持裁判長は無罪を言い渡した1審判決を支持、検察官役の指定弁護士側の控訴を棄却した。

検察審査会の「起訴議決」を経て強制起訴された事件で、2審判断が示されたのは初めて。指定弁護士は26日までに、最高裁への上告の適否を判断する。

1審東京地裁は4月の判決で、(1)小沢氏が陸山会に提供した4億円の「簿外処理」(2)平成16年10月の土地購入を翌年分の政治資金収支報告書に記載した「公表先送り」-をいずれも認定。さらに、会計担当の元秘書らと小沢氏の間に「報告・了承」があったと判断した。

その上で、「小沢氏が虚偽記載の違法性を認識していなかった可能性がある」と指摘。元秘書らとの共謀は認められないと結論付けていた。

指定弁護士側は「代表の政治生命の存亡に直結する重大な問題で、秘書らが了承なく違法行為を実行することは考えられない」として控訴。9月の初公判で、事件以前に秘書を務めた男性らの証人尋問実施や、捜査段階で作成された小沢氏の供述調書の証拠採用などを求めたが、高裁はいずれの請求も退けた。小沢氏の被告人質問も行われず、控訴審は約1時間で即日結審していた」
(引用終わり)

この裁判を振り返ると、様々なことを考えさせられる。

個人ではいい人なのだが、集団になると間違う。そんな日本人は多い。そのとき、大切なのは多数を率いるトップだ。これがダメだと、集団が間違った方向に走り出す。

小沢政治謀略裁判が始まったときの総理は自民党の麻生太郎である。当時の特捜部長は佐久間達哉、最高検検事は大鶴基成であった。

かれらはことごとく間違った。

小沢政治謀略裁判で、司法は政治のおもちゃにされた。政権交代を恐れた政治権力によって政敵小沢一郎を葬る道具にされたのである。
ブログランキング・にほんブログ村へ
その全体の構図を見通して、司法の側から拒否する優れた人材が、司法官僚のなかにいなかった。むしろ政治権力の意図を汲んで、司法官僚は自分の野望を遂げようとさえした。

そのことで国民の司法への信頼は地に落ちた。

しかも失敗のケリの付け方がまた日本的である。

小沢一郎への政治謀略事件を担当した検事は、すでに現場にいないのだ。谷川恒太。佐久間達哉。大鶴基成。現職にあって、検察批判の矢面に立って、責任を追及されることもないわけだ。きわめて日本的なケリの付け方である。

小沢裁判で日本の司法の信頼は大きく失墜した。今や裁判官や検事を、法と正義の番人と思っている日本人はいない。検察官役の指定弁護士(村本道夫、大室俊三、山本健一)のお陰で、弁護士に対する信頼感も薄れてきている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
この続きは、

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 http://bit.ly/AvYMkY でご覧いただけます。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご購読をよろしくお願いします。

なお、この号の続きは読めませんが、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 http://bit.ly/n3i2Oc 携帯用 http://bit.ly/LP86GH を2011年8月29日より、配信サイト「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ