今日は、犬HKの『日曜討論』に、「生活の党と山本太郎となかまたち」から、山本太郎が出た。ツイッターもそれに関するツイートが多かった。

わたしもすべてのツイートを見たわけではないが、たまたま目にしたツイートを紹介する。

(国民の側に立って、はっきりいわねば世の中は変わらない)
(国民の側に立って、はっきりいわねば世の中は変わらない)

「Thoton & The News

山本太郎「イラク戦争を思い出して。戦争には加担しないと約束したのに米兵移送を行った。これには違憲判決が出た。派兵された自衛隊員のうち28人が自殺した。50万人の帰還米兵がPTSDになった。若者をこれ以上苦しめることは辞めて」#日曜討論

くみこ

山本太郎議員「イラク戦争の時のことを思い出して欲しい。安全地域で平和的活動だけしますよ、と聞かされていたのに実際には戦闘要員の輸送までさせられた。派遣された人たちは国に関係なく心に傷を負っているというデータがある。若者がこれ以上生きづらくなる世の中にしないでほしい」 #日曜討論

きむらゆい

日曜討論/地方創生・原発・安保/山本太郎さん/
自民公明の多数で、どんどん法案を決めてしまっている。地方議会から悲鳴が多くの反対決議として上がっている。/span>

日曜討論/原発/山本太郎/原発なくても電力は足りている。ストロンチウムの検査をして欲しい。汚染水がだだ漏れしているのに、安倍総理はアンダーコントロールできていると言う嘘を世界に向かってついた。子供達の未来のためにストロンチウムの検査を。

きむらとも

『日曜討論』山本太郎代表「東電原発からはストロンチウムを含んだ汚染水がダダ漏れなのに、安倍首相は五輪を呼ぶためにブエノスアイレスで「原発はアンダーコントロール」というウソをついた。食品のストロンチウムの測定をして欲しい」~~『安倍首相はウソついた』が、全国に初めてハッキリ流れた。

二宮正幸

#日曜討論 山本太郎が一番印象に残った。予想以上に政治家らしく、簡潔に答えていた。見た人にはかなり好印象だったと思う。イラク戦争とストロンチウムを出したのは偉い! 福島事故のアンダーコントロールとイラク戦争の欺瞞! NHKで出したのは大きい!

ブログランキング・にほんブログ村へ

山本太郎によると、継続して出席できるようにセーブ気味の発言だったらしい。しかし、犬HKで、ほんとうのことを、国民の側に立っていう政党・政治家がいることを国民に知らせたのは大きい。

政治は綱引きの要素がある。山本太郎の「ほんとうのことをいう」少数派の姿勢が、社民党や共産党を勢いづかせ、隠れアクセルの公明党をやりにくくさせる効果が出てくる。創価学会の皆さんにも、正論じゃないか、とテレビを見て呟いた人が多かったと思う。

また、国民にも、お花畑で立ち止まり、考え込んだ人が多かったのではないかと思う。

だからこそ、裏側で犬HKへの、出席させるな、という圧力がかかる可能性がある。そうしたら、その不正を、犬HKに対して抗議し、街頭で、ネットで、ことの顛末を拡散させ、犬HKの堕落を糾弾すべきだ。

(以下、メルマガの一部だけ公開します。

有料メルマガのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの、当月は無料です)

さて、時代が味方する、時流に乗るという現象がある。現在でいえば「右傾化」という現象・時流である。

日本民族は変わり身が早い。それで、時の勢いに乗ると、どんな軽薄で無茶苦茶な表現も多数の読者を捉える。その論が正しいかどうかではないのだ。あるいは、論がこの狂った国家の将来を見通しているか、深いか、ではないのだ。メルマガの発行部数はそれを端的に表している。テレビに出ている有名人の、時候の挨拶程度の、毒にも薬にもならぬ言説が、巨大な発行部数になっている。

テレビのいうこと、政府や東京の大手新聞の語ることは、先験的に正しいというパラダイムが、もっとも深いところで国民を家畜化している。論理や苦しい生活のアクチュアリティなどは無視される。「福島第1原発事件は収束した」、「トリクルダウンでいずれ給料は上がる」という、世界が否定している詐欺が、この国ではそのまま通用している。

ウィリアム王子の福島訪問を契機に、常磐道を開通させ、17都県で放射性セシウム検査食品を縮小させ(2015年4月以降、検査が必要な食品は20減らされ、45品目・類となる。また、牛肉は、3か月に1回程度の検査が、年に1回の検査で済まされる)、1%はポスト福島第1原発事件へと、民族浄化へと走り出している。

この国の状況とは、鈴木敏明が『逆境に生きた日本人』で指摘した日本民族の負の特徴、(1) 権威、権力に極端に弱い、(2) 変わり身が実に早い、(3) 裏切り者や変節者が多く出る、(4) 団結することができない、(5) 日本人は日本を愛せない、という民族の負の特質が露出したものだ。

さらにわたしは、3.11後の状況から次の3点を加えたい。(6) 無責任である、(7) 総括(反省)しない、(8)民族として成長しない、ことを加えておきたい。
この8点が、今のところこの国の状況の深部に流れているものだ。

この8点がそのまま圧倒的マジョリティの同調圧力になって、わたしたちに覆い被さってきている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

アンシャン・レジーム(旧体制)を見るときは、選挙を見ると、よくわかる。現在、アンシャン・レジームは、右派の自民党(安倍晋三)、中道の公明党(山口那津男)、左派の共産党(志位和夫)を選挙に利用しながら、1%の既得権益を守っている。これに将来的には右派の維新が加わるだろう。

選挙とグローバリズムの観点から見るとき、自民・公明・共産・維新が、圧倒的な右傾化する勢力である。これに対して、反原発再稼働(脱原発、脱被曝、脱1%)、反TPP、反消費税増税、反集団的自衛権の行使容認、反沖縄辺野古基地建設などの思想は、深部に反グローバリズムが通底している。

それに対して1%のグローバリズムは、99%に対する棄民(民族浄化)で対応してきている。

福島第1原発事件を起こしてしまったのだから、もっとも責任のある自民党は、必死になって収拾にあたると思っていた。しかし、出てきた対策は、避難した県民の帰還策、放射能汚染食品の全国的な提供(食べて応援)、被曝への放置、汚染瓦礫の拡散、原発再稼働だった。これは、棄民(民族浄化)であり、世界史に残る最悪のグローバリズムなのである。

Disposal ground of the radioactive waste of nuclear power plants of the whole country

この国ではミリタリスト(軍国主義者)の正体はグローバリストなのであり、富を生産するシステムさえあれば、移民で対応できるのである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ