(今年も暮れました。今年は、「新しいアプローチ」(!)による北方領土献上が、象徴的なフィナーレでした。

プーチンは、米国経済誌・フォーブスが発表する「世界で最も影響力のある人物」ランキングで4年連続首位の巨大な政治家です。今や米国大統領選にまで影響力を発揮しています。

その巨大な政治家に、それもナショナリズムが燃えさかっているロシアに、37位の安倍晋三が領土問題など持ち出したところに、そもそも大きな間違いがありました。プーチンが大統領にある間は、北方領土問題は出さずにおこう、といった愛国心と賢明さが安倍と外務省にあったらよかったのですが、そんなものは毫もない人物と組織でした。

首相官邸ホームページで 「プーチン訪日で北方領土返還」とほらを吹き、この成果をもとに年明け解散と吹きまくっていたのですが、記事もこっそり削除し、解散など「頭の隅にもない」とする体たらくです。ほんとうにこの者たちには、政治も外交もわかっていないのです。

安倍晋三で北方領土が返ってくるのだったら、とっくに返還されています。軽くプーチンにひねられて、もう領土問題は両国にないとまで総括されてしまいました。それを保証する3000億の経済協力です。

さて、『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は、現在、PC用と携帯用(内容は同じものです)とを合わせて3300部ほどです。これから合計で4000部を目指すことにします。読者の皆さまのご支持に感謝申し上げます。

今年の配信は、今号で締めくくり、次回配信は新年の1月8日(日曜日)の予定です。お楽しみにお待ちください。

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』は通常通り、年末年始も配信いたします。号外の日曜版だけ、1月8日の配信になります。

皆さまに来年が良い年でありますように祈り上げます)

今年を振り返ると、安倍晋三の手法に日本が染め上げられた1年であったといわざるを得ない。それは、嘘で塗り固められた腐敗国家、死せる国ということだ。政権もメディアも嘘をつき、その嘘に染め上げられ、間抜けな政権が何でもできる、愚かさの極致に達したということだ。

もっともすでに日本は終わっている。安倍政権は墓場で国民の死体を食い散らしているのに過ぎないのだ。この状態は社会的弱者いじめとして、来年も継続されるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

その結果、生活保護の受給者が増える。社会的コストはますます増える。すると、安倍晋三は裕福層には目もくれず、貧困層からさらなる収奪を図る。この愚かな悪循環は、安倍晋三がトップにいる限り、続くだろう。

こんな世相を現した素敵なツイートを見つけた。

「KAMEI Nobutaka

語彙がまたひとつ増えましたね。どんどん集めましょう。

戦争→事変
戦闘行為→衝突
武器輸出→防衛装備移転
公約違反→新しい判断
産めよ増やせよ→結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援
年金カット→持続可能性賭博→リゾート
差別→区別
事故→事象
墜落大破→不時着 ←イマココ

近未来の言い換え語録を予測します。

徴兵制→給付型奨学金
軍事教練→インターンシップ
軍事研究→大学の社会貢献
原発→クリーンエネルギー
学徒動員→フィールドワーク
強制無償労働→ボランティア
子ども産んで家事やれ→ワークライフバランス
非正規雇用・失業→みんな違ってみんないい
(引用終わり)

「みんな違ってみんないい」と現実を正当化されたら、さぞかし1%は嬉しいだろうが、99%は困るのだ。わたしたちが目指すのは自立と共生の社会であり、そこは「みんな同じでみんないい」でなければならない。

米軍による、墜落したオスプレイの残骸撤去が進んでいる。

墜落したオスプレイについては、第11管区海上保安本部が、航空危険行為処罰法違反で捜査に着手している。しかし、米軍によって部分解体され、証拠隠滅されてしまえば、後に解体部品を見せられても捜査も原因解明も困難であろう。この一件を見ても、日本が植民地状態にあることがわかる。日米地位協定によって、日本の法律が及ばない世界がこの日本には厳として存在するのだ。

12月16日には、放射性物質が積んであったのか、それとも機体部品の一部に放射性物質が使われていたのか、米軍関係者が福島第1原発で見るのと同じ白づくめの防護服を着てオスプレイの解体撤去作業を始めた。この理由についての説明は何もない。ただ、墜落直後に、放射性物質が漏れているので近付かないようにという警備の注意があったことは、ネット上にも投稿されていた。

こうなると、オスプレイ墜落の恐怖は尋常ではない。おそらくパイロットたちが、あの激しい損傷で、2名の怪我程度ですんでいるのは、空中で制御不能になり、墜落するとわかった時点で、放射性物質の不安もあり、機体からできるだけ遠ざかるためにパラシュートで脱出したものと思われる。

この重要な事故に対して、日本だけ、できるだけ軽微に見せかけようとして、「不時着」と評価し、国民の洗脳に努めている。しかし、米国の主要メディアは、米軍準機関紙「星条旗」新聞、米海兵隊専門誌「マリンコータイムズ」を含めてすべて「墜落」と報道している。

それだけではない。米軍岩国基地所属のFA18戦闘攻撃機の高知沖墜落をも採り上げ、1週間以内に米軍機が墜落事故を起こしたことを報道している。日本のメディアは隠すこと、小さく括ることに懸命だ。日本の大手メディアは、米国以上に米日1%の利権メディアなのである。

今回のオスプレイ墜落事故の規模を、米海軍安全センターは、最も重大な「クラスA」に分類した。このクラスAという評価は、被害額が200万ドル以上の場合と、死者が発生した場合に該当する。

今回の場合、死者は出ていないので、被害額が8060万ドル(約95億円)だと見積もられた結果である。

これに対して、日本政府の対応には国民を守ろうとする意思がまるでない。

15日に、沖縄を訪れた若宮健嗣防衛副大臣は「陸地部分では大きな事故につながるが、パイロットが洋上に出て、なんとか浅瀬で着水できた。不幸中の幸いだ」と述べた。

若宮は、墜落現場では「(パイロットの)判断で人けがない場所に落ちたんですね」と語った。これは、在沖米海兵隊トップのニコルソン四軍調整官が、沖縄の怒りに火を付けた「パイロットは住宅、住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」を彷彿させる感想である。若宮はわずか7分であたふたと現地を後にした。

若宮にも、ニコルソンに似たような植民地意識を感じる。

報道によると、墜落現場までは歩いて約15分の距離なのに、若宮は目の前で墜落した機体を見ることもなく、沖縄県民への謝罪を述べることもなく、そそくさと現場を立ち去った。

傑作は、「「人けのない所に落ちた」という若宮の発言について、「当日はイザリ漁をしようとしている人もいて被害が出た可能性を指摘されると「米軍から情報を聞き取りたい」と答えた」(『琉球新報』)ということである。米軍の情報の方が優先されるらしい。いずれにしても、「不幸中の幸い」とは、こういう場合に使う言葉ではない。
沖縄の不幸は続くだろう。北方領土をロシアに貢いだように、沖縄は米国に貢ぐ。

それは、自民党が対米隷属を党是としているからだ。そのためには国民の不満を一定程度に抑えなければならない。それで弱者としての沖縄が、犠牲の島として選択されたのである。

沖縄だけが差別され、犠牲を強いられねばならないのである。この理不尽を解消していくひとつの手段として、今後、米軍絡みの事件・事故が起きて、米軍に抗議するときは、工夫する必要があるだろう。

ひとつは、東京の大手(「記者クラブ」)寿司友メディアは、政府広報機関にすぎないから、国連、外国特派員協会、独立系メディア、市民メディア、フリーランス、ブロガーにも幅広く声を掛け、公開の場で抗議するのである。

今回、翁長雄志が、なんちゃって防衛相の稲田朋美などに抗議しているが、それより国際世論に理不尽な現実を広く訴える。その道を模索するべきである。

ところで、日本にとってきわめて重要な北方領土問題が、ほぼ同時並行して起きた。

訪日した相手がプーチンとあれば、世界も競ってこの話題を採り上げると思いきや、騒いでいるのは日本だけだった。

安倍晋三が総理になってから、日本の地盤沈下が凄まじい。今回のプーチン来日でも、相手がもっとも動向の注目される国際的人気スターであったにもかかわらず、ほとんど国際的な関心を惹かなかった。

『第四メディア』でも『マスコミに載らない海外記事』でも、18日現在、まったく採り上げられていない。現在、国際的な関心の中心はシリアのアレッポ解放であり、米大統領選での、ロシア関与の問題である。共同記者会見でも、ロシアの記者が真っ先に訊いたのは、シリア問題だった。

共同声明も出なかった。東京の大手(「記者クラブ」)陰謀メディアが共同声明を粉飾しているのは、ただのプレス発表である。

今回、安倍晋三は、北方領土をロシアに献上し、あまつさえ3000億円の経済協力を献上した。

これはいつもの安倍晋三の手法である。国民の税金を日本国民のためには使わない。官僚とグローバル大企業のために使うのである。

日本ではまだ伝えられていないが、これは今後、さらに拡大していきそうだ。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されてきましたが、2016年11月6日にPC用だけで3000を超えました。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

皆さんの判断の材料に供すべく、次の資料を添付しておきます。 2016年11月13日のメルマガの冒頭に書いたものです。

「初めにご報告と感謝を。

無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と携帯用とを2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信してきました。

PC用と携帯用をあわせて3千を越える読者に支持されてきました。読者の皆さまには深く感謝しております。

2016年11月6日、PC用だけでついに3千超えを達成し、「まぐまぐ」の「殿堂入り」を果たしました。

5年ほどかかりました。テレビにでも出ていたら、桁が違っていたでしょうが、出なかったおかげでほんとうのことを書き続けてこれました。

わたしのようにどの組織にも属さず、辛口の政治評論が中心で、どの政党も遠慮せずに批判し、既得権益支配層を批判するばかりか、だらしのない国民をも叱咤し続けて、3千部達成というのは、珍しいのです。

たまにお便りで読者を知ることがあるのですが、わたしの読者は粒よりで、一騎当千のつわものばかりです。これが何よりのわたしの誇りです。

なにぶん歳なので、いつまで書けるかわかりません。それ以上に、狙われているので、ネットから追放される可能性もあります。皆さんのなかにもわたしのツイートをリツイートして、妨害された方がおられるでしょう。共産党からネトウヨまで、幅広い妨害に遭っております。つまり公認左翼と右翼とに怖がられております。

毒にも薬にもならない言葉ではないわけで、妨害はわたしの栄光だと思っております。

いくら妨害に遭っても、明察の支持者がいて、11月8日にはツイッターのフォロワーが3万人を超えました。感謝しております。

PC用だけで「まぐまぐ」の殿堂入りという、ひとつの区切りを迎えました。ご報告と感謝を述べておきます」

以上です。

ご検討のほどよろしくお願いいたします。