状況への呟き

(今日は、2月18日~19日のツイートをまとめました。
文章はブログ用に加筆・編集してあります。
また、「状況への呟き」では、ここで新たに作った呟きを入れることがあります。

投稿サイト、あるいはご自分のブログへの引用・転載等は、ご自由にどうぞ。

投稿サイト『阿修羅』などに、上手わたしのツイートを編集して投稿してくださる篤厚の方がいて、1位にランクされているのを何度も見たことがあります。
また、ブログ『晴耕雨読』に、ツイートをうまく編集して掲載していただいております。
感謝しております)

2月18日

ウクライナが険しくなっている。
NATOとロシアの武力衝突を止めているのはドイツとフランスだ。
日本は、いくら背伸びしても、フランス並み、イギリス並みの国にはなれない。政治力が違いすぎるからだ。
軍事力は政治力の延長である。いかに軍事力が優れていても、それを使う政治家が凡庸であれば、戦争には勝てない。太平洋戦争でそれが証明された。
しかし、政治家がおのれを知らないから背伸びする。

安倍晋三を批判するのはISISを利する。これほど愚劣な意見は珍しい。
ぜひこの言葉は残したいものだ。
戦争に向かう日本が、いかに単純で、幼稚で、愚かな連中に引っ張られていたか。その証拠になる。
今は、誰がほんとうに人間として強いか、弱いか。実によくわかる状況になってきた。

正木ひろしは『近きより』で、次の3点により、日本国民は太平洋戦争を反省しないと考えた。
(1)日本人は、戦争は不可避なものだと考えている。(2)日本人は戦争の英雄的であることに酔う。(3)日本人は国際的知識がない
この3点は、敗戦後70年ほどたった現在の日本国民に当てはまる。
現在の政治家で、日本国民をバカばかりと思っていない者はいないだろう。
ただ、かれらはバカのお陰で政治家になれたバカである。口にするときは、国民を褒めることになっている。政治家が国民を叱らないから、いつまで経っても、日本国民は賢くなれない。

日本人の戦争観は、人道的な憤怒が起きないようになっている」(正木ひろし)
太平洋戦争が終わっても、支配層に怒った人はごくわずかだった。
日本に進駐したとき、日本民族を知って、いかにマッカーサーが喜んだか、わかりますよ。「12歳の少年」という評価に侮蔑だけ見ては間違う。
マッカーサーは驚喜して、絶対、留まり続けると思った筈だ。

太平洋戦争で、日本の支配層が敗戦を引き延ばしたため、国民の死者が急激に増えていった。
「高級職業軍人や憲兵や検事の大部分」が、引き延ばした理由は、「敗戦になれば、戦勝国の手による刑罰の必至であったため、(中略)絞殺されるよりは、国を焦土と化し、全国民と無理心中するため」だった。(正木ひろし『近きより』)
日本人は、突撃と玉砕、焦土の無条件降伏ばかりで、途中での賢い引き方、幕の下ろし方を知らない。

自民党のダメなところは、国民がお花畑のバカばっかりと知って、そこで止まったこと。
これは政治の責任であって、この民度を上げようとしなかったこと。
GHQの政策のままに国民を放置したこと。
そこから大量の世襲議員が生まれ、今、劣化した政治が戦争に向かい始めた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2月19日

9.11と、3.11は、黒い霧に覆われている。
9.11に関しては、ほぼハイジャックされた飛行機によるビル倒壊でないことが明確になっている。
3.11の謎は人工地震の問題だ。これは国会でも採り上げられている真面目な問題なのである。
世界の諜報機関は知っていて、日本国民だけ知らないことが多すぎる。

シリアは狙われている。その最大の理由は、シリアにはロスチャイルドに買われた中央銀行がないことである。
つまり、アサド体制を倒し、ロスチャイルドの中央銀行を作るために、シリア攻撃がなされている。
この理由はリビアと同じだ。
ロスチャイルドの中央銀行がない国は滅ぼされるのである。

シリアはなぜ狙われるか。大きな理由のひとつは、シリアには世界通貨基金(IMF)から借金がないことだ。
だからシリアは新世界秩序(New World Order、略称:NWO)に抵抗できる。そのため逆に攻撃されるのだ。
IMFの支配下におき、ロスチャイルドの中央銀行をおくのが、シリア侵略の最大の狙いだ。

ネットでは、すでにISISが米国の傭兵であることは常識になっている。
今時、米国とISISとが敵対関係にあるといった論は、お花畑の国会か御用メディアでしか通じない。
ISISにシリアを侵略させ、そのISISを叩くふりしてシリアを攻撃する。
ふたりの人質見殺しのあと、日本もその悪行に手を染める。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ