プーチンの極東のパペット

いよいよ日本はバカの島になってきた。そのことに気付いている人は多いが、日本が反日のトップに支配されていることは、まだそれほど知られていない。

ロシア極東のウラジオストクで開かれていた東方経済フォーラムで、12日にロシアのプーチンが、北方領土交渉を先送りし、日本との平和条約の年内締結を提案した。わたしたちには唐突に見える提案だが、実際は用意周到に練られた提案だった。

反日の売国奴であるアホぼん三世は、案の定、「プーチン氏の平和条約締結に対する意欲の表れだ」と理解を示した。

自民党は、領土問題解決を先行し、その後に平和条約を締結するという考え方だった。なぜなら平和条約を先に結ぶと領土は永久に返ってこないからだ。だから蜂の巣をつついたような騒ぎになったかというと、そんなことはなく、まったく静かなものである。

プーチンの発言に対して、おねだり太郎こと河野太郎外相も、大甘の理解を示して「平和条約を結ぼうというのだから文句をいう筋合いのものではない」と語った。すっかり自民党はアホぼん二世、三世の時代になっている。想像力も闘う決意も愛国心も皆無なのだ。根底には、日本などどうなってもいい、というニヒリズムがある。

『Sputnik日本』(2018年9月13日)に「日露が同じ方向を向き、しかもロシアには強い思いがあることがわかったのはいいことだ=河野外相」とおねだり太郎が語っている。

日本の河野太郎外相は13日、訪問先のベトナム・ハノイで開かれた記者会見で、ロシアのプーチン大統領が年内に露日平和条約の締結を提案したことについて記者からの質問に答えた。

河野外相は、プーチン大統領の発言について日本側が抗議する可能性はあるかとの質問には、「特にない」と答え、日本として北方四島の帰属の問題を解決し、平和条約を締結するという方針に変わりはないと指摘した。

また外相は、ロシア側が一生懸命交渉することを呼びかけ、両国が同じ方向を向いていることが改めて確認され、しかもロシアには強い思いがあるということがわかったのはいいことだと述べた。

また外相は、「プーチン大統領もロシアの経済を発展させるためには日本との協力が必要で、そのためには平和条約を結ぶ必要があるとの強い思いがあるのだろうと思いますので、四島の帰属の問題を解決して平和条約を結び、日露の交流をさらに深めるというところはお互い一致をしているわけですから、粛々とやっていきたいと思います」と語った。日本外務省のホームページで発表された」(「日露が同じ方向を向き、しかもロシアには強い思いがあることがわかったのはいいことだ=河野外相」

意味不明の発言である。ロシアの経済のためには日本の協力が必要。プーチンには平和条約への強い思いがある。それで四島の帰属の問題を解決して平和条約を結ぶ。おねだり太郎よ、気は確かか。プーチンは平和条約を先に、と提案したのだ。自己正当化のためにプーチンの提案を曲解しているではないか。

おねだり太郎が、プーチン発言に日本側が抗議する可能性はあるかとの質問に、「特にない」と答えているところなど、政権内の打ち合わせがされていた可能性が高い。

「ロシア側が一生懸命交渉することを呼びかけ、両国が同じ方向を向いていることが改めて確認され、しかもロシアには強い思いがあるということがわかったのはいいことだ」。やはりお坊ちゃんである。ここまで大甘だと北方四島など、最初から献上される運命にあったとしかいいようがない。

22回も島のトップが特定の外国を訪問するなど尋常ではない。結論は四島の献上だったのである。外国への尋常ならざる55兆円ものバラマキ。そういうバカと狂気のブレンドされたトップが、占領された領土をバラマいたとしても少しも不思議ではない。

「プーチン大統領もロシアの経済を発展させるためには日本との協力が必要で、そのためには平和条約を結ぶ必要があるとの強い思いがある」というのは思い上がりである。ロシアは中国との関係、「一帯一路」、AIIB(アジアインフラ投資銀行)を重視している。日本との関係は死活的なものではない。

それにしても、ロシアとの平和条約など結べるのか。

米国のディープ・ステート、軍産学・イスラエル複合体は、ロシアとの第三次世界大戦を狙っている。そこでロシアとの平和条約を許すのか。

また日米安保との整合性の問題が出てくる。さらに具体的には「イージス・アショア」の問題がある。「イージス・アショア」の山口、秋田への設置は、ロシアにとって最大の脅威になっている。平和条約を結ぶとなれば、当然、ロシアは「イージス・アショア」の撤去を要求してくるだろう。米国は頑として受け付けないだろう。これをどう乗り越えるのか。

かてて加えて、かりに平和交渉ともなれば、何年もかかる。アホぼん三世はそのとき総理ではなくなっているだろう。どうやって責任をとるのか。そのことすら考えていないだろう。

そもそもアホぼん三世のやっていること自体が、世襲アホぼんのやりそうなことなのだ。アホぼん三世はプーチンとの個人的な信頼関係醸成で領土問題が解決すると勘違いしている。また、プーチンにすり寄りながら、トランプのポチにもなっている。これは両者から軽蔑され、信用を失うやり方だ。

アホぼん三世はプーチンに手玉に取られ、領土を実質的にロシアに献上する密約を結んだのかもしれない。

これまで世界中に国富をばらまいてきたかれの過去が、今度は領土を献上するという不安を抱かせるのである。

また、これまで日本政府が平和条約締結へのステップとした、北方四島における共同経済活動が、密約の可能性に根拠を与える。これは実は成功するほど領土は返還されなくなるのだが、劣化した政治家、官僚がその認識をもっていない。四島は、アホぼん政権では、とっくに献上が決められていたのではないか。

ロシアは北方四島における日本との共同経済活動は「ロシア法の下で行う」、つまり四島の主権はロシアにあって、そのもとで共同経済活動を行うとしてきた。論理的には、これでも共同経済活動をやるということは、四島の返還を断念すること、領土の献上を意味する。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

メルマガの一部の紹介はここまでです。

申し訳ありません。ぜひ有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』の購読をご検討ください。

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

・・・・・・・・・━━━━━━