どうやら安倍晋三は、さらなる米国製品爆買いと非核化の費用持ちなどの売国で、三選を確実にしたようだ。

自民党はもともと敗戦後に米国の日本統治のために作られた政党である。とりわけ清和会はそうであるが、そこから出てきた安倍晋三は、明治維新以来、日本を破壊してきた長州の出自である。

典型的な売国奴であり、それを許してきた野党と国民のだらしなさは特筆ものだ。

岩上安身

おいっ! 本当にどこまで売国奴に成り下がったんだ、安部晋三! 自分の地位保証のためにそんなにアメリカのバックがほしいか。トランプに体制保証してもらいたくて仕方ないのは、金正恩以上に、安倍晋三ではないか。

 

金子勝

【日本は倒産会社にそっくり】リーダーが3代目になって無能になり、新しい産業や技術についていけずに衰退産業にしがみつき、人事権を行使してヒラメばかりを取り立て、借金を積み重ねて自分の権限で利益をバラマキ、不正会計など改ざんに手を染め、宴に明け暮れ社員を欺き、批判する者を排除する。
 
鮫島浩

安倍政権が「金正恩はトランプに拉致問題は解決済みと言わなかった」という希望的観測を国内マスコミに振り撒いたことに北朝鮮がさっそく反発。米朝首脳会談の中止を突然発表したトランプに慌ててすり寄ったのと対照的だ。日朝の信頼関係は皆無なのだろう。外交の怠慢である。

米国が安倍晋三に北朝鮮非核化の費用をもたせたのだが、これで日本はたいへんな地獄に巻き込まれることになった。このことにリベラル左派がほとんど無関心だ。
日本のリベラル左派の限界は、野党にからきし弱いことだ。別言すれば野党を甘やかし続ける。野党は絶対無謬の存在であり、野党を批判することは与党を利する、という自己正当化の退廃した不文律が牢固として存在する。

そのため、わたしの周りには、わたしの支持者をわたしから引き剥がすのに夢中になっている者さえいる。わたしから影響力を引き剥がしたいのだ。

現在、あれほどバカにし、毛嫌いしていたトランプを評価するリベラル左派が増えている。

表層しか見ておらず、安倍晋三とは反対のことをするトランプは急に人気を得たようだ。敵の敵は味方、といったプラグマティズムも、リベラル左派に強固に根付いている。

わたしたちは常に日本国民の幸せの側に立とう。そこだけが唯一間違いのない思想の原点だ。現在の米朝首脳会談と交渉について、いったい何をわたしたちは抑えておかねばならないのか。

1 北朝鮮の非核化といっても漠然としている。どこからどこまでを非核化というのか明確になっていない。トランプも金正恩もそのことに言及していない。現在の時点で、米国は北の新たな核開発を止めれば現在所有の核兵器所持は認めている。

2 もし北の非核化が、すべての核廃絶のみならず解体した核のゴミの処理まで含む場合、いったい日本はどこまで引き受けるのか。最初から米国は引いており、安倍の無能と無責任と怠惰が、大きな災いを日本にもたらす可能性が高い。

3 日本政府には想像力も構想力もないので、ポスト・トランプといった発想がまったくない。早ければ4年、長くても8年でトランプの任期は終わる。その後の新大統領がトランプの政策を引き継ぐ可能性は低い。かりに新大統領が引き継いだとしても、米国のディープ・ステートと米軍産学・イスラエル複合体が、「CVID」を復活させる可能性が高い。怒った金正恩が非核化を中止すれば、目も当てられなくなるのは日本である。投じた巨額の資金は水泡に帰することになる。

朝鮮と日本、中国と日本とを常に敵対関係におくのが米国のアジア統治の戦略である。すでに無能な安倍を使って、その戦略は起動している。将来、北朝鮮と日本とは、激しい怨嗟の中に投げ込まれる可能性が高い。

4 安倍晋三は米朝和解の流れのなかで、完全に蚊帳の外におかれた。安倍晋三はなんとか蚊帳の中に入れてもらおうとして、あてがわれたのが、北の非核化の費用拠出である。しかし、これはさらなる蚊帳の外の仕掛けであることが安倍にはわかっていない。

5 金正恩は、核ミサイル開発と経済発展の両方をやる「並進路線」から、経済発展だけに注力する政策に転換した。これに飛びつく人もいるが、この問題でも日本は蚊帳の外である。日本の戦後賠償などの資金を種銭として北朝鮮開発で儲けるのは、現在、蚊帳の中にいる米中露韓の4か国である。

この5点は必ず抑えておきたい。

現在、米朝和解をやっているのは、米朝と、中国、ロシア、韓国である。これが蚊帳の中にいる。この仕掛けを作ったのは、昨年9月の東方経済フォーラムでのプーチン提案である。他方、蚊帳の外にいるのが、米国のディープ・ステートと米軍産学・イスラエル複合体、そのパシリの安倍晋三である。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

メルマガの一部の紹介はここまでです。

申し訳ありません。ぜひ有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』の購読をご検討ください。

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

・・・・・・・・・━━━━━━☆