米国によるシリア攻撃については、これまでの米国の偽旗作戦と同じように、今回も米国の自作自演だったとの評価が定まりつつある。これから、さらに多くの証拠が挙げられてきて、シリア政府は使っていないことが証明されていくだろう。

米国の戦争は、いつも相手が悪いことにされる。米国は正義を背負って出て行く構図を取る。その正義が嘘であり、金儲けのための戦争であることが、世界中で見破られてきた。米国にとってテロは必要なのだ。

シリアがやっていない理由のひとつに、バッシャール・アル=アサドが、日本の星浩のインタビューに答えて、次のように語っていることが挙げられる。

人の語る言葉の真贋を見極めるには、聞き、読む人の力量が試される。わたしのメルマガを購読されている皆さんには、その力があると信じている。

インタビュー動画の11分頃の内容を、文字起こしをしたので、お読みいただきたい。2017年1月20日に公開された動画である。

すべての戦争に死傷者がつきもので、すべての戦争が悪い戦争です。すべての戦争に流血や殺戮があり、どんな戦争にもよい戦争はない。

よい戦争というものはない。自明のことです。

(中略)

化学兵器というのは、数時間で数千人を殺害します。
そのようなことは、この戦争が始まって以来、シリアでは起きていません。

もっとも重要なことは、道徳的に政府としてそのようなことはしません。

申し上げたように自国民を殺したり、大量破壊兵器を自国民に使うのは不可能です。

これはさらに重要ですが、2013年にわれわれは化学兵器を禁止する条約に署名し、それ以来、われわれは化学兵器を放棄し、すでに保有していません。

実際にはテロリスト側がそのような兵器を使っている。最初は2013年でした。

2013年春には国連に調査団を派遣するよう要請しましたが、アメリカがわれわれの要請を妨害したのです。

アメリカは調査団がシリアに派遣されれば、テロリスト側が塩素ガスをシリア軍兵士に使ったとの証拠が見つかるとわかっていた。

わたしはシリアに関する西側のストーリーを反映する指摘は完全に否定します。

それはシリア政府やシリア軍を悪者に見せるための手段の一部です。

シリア・アサド大統領、単独インタビュー(全録)

シリアは中東で、もっとも教育レベルの高い国である。遺伝子組み換え食品(GMO)はなく、ロスチャイルド保有の中央銀行もない。シリアの中央銀行は国有なのだ。ロスチャイルド家(一族)がシリア攻撃に熱心な一番の理由はここにある。

また、シリアはシオニズムとイスラエルに反対している。これはワン・ワールド(NWO)の思想的背景を占めるシオニズムの策略に抵抗しているということだ。それでワン・ワールドはシリアを計画の障害とみなしている。

さらに、シリアには世界通貨基金(IMF)から借金がなかった。だからワン・ワールドの奴隷にならずにすむ。売国せずにこれまで済んできた。

「すべての戦争に死傷者がつきもので、すべての戦争が悪い戦争です。すべての戦争に流血や殺戮があり、どんな戦争にもよい戦争はない」というのは、自国民の多くの死を見てきたアサドの実感だろう。

化学兵器使用と簡単にいうが、自国民が数時間で数千人死ぬとわかっていて、普通の人間には使えるものではない。よほど精神に異常を来した人間しか使えないだろう。

決定的なのは、2013年の化学兵器禁止条約に署名して以来、シリアは化学兵器を保有していないということだ。

米国はそれを知っているのである。2013年に、国連調査団の派遣を米国が妨害したのは、米国が育てたテロリスト側が塩素ガスをシリア軍兵士に使った証拠が見つかるからだった。

これまで日本国内の状況が激変続きだったが、それが世界の激変に拡大してきた。

まず、米国でトランプ政権が軍事政権に変質した。トランプは米国での権力闘争に敗北したのである。格差社会からの、すなわち貧困からの脱出を願ってトランプに投票した米国貧困層は、次の選挙で苦い答えを出すことになろう。

反ロシアは、米国1%の「国是」であった。それに異を唱えたトランプは、結局、葬られることになろう。

米国ディープステート(国家の中の国家)は、極東で戦争を起こそうとしている。

日韓とも米国の実質的な植民地であるが、韓国の元大統領パク・クネ(朴槿恵)は、大統領就任以来、米日に距離を置き、中国へ接近しようとした。その結果、日本の田中角栄や鳩山由紀夫、小沢一郎らと同じように宗主国の怒りを買って葬られることになった。

韓国の大統領選は、これまで次の大統領として絶対視され、リードを保ってきた革新系で親中、親北派のムン・ジェイン(文在寅)を、奇怪なことに中道系「国民の党」のアン・チョルス(安哲秀)が、支持率で上回り、最近、初めてトップに立った。こういうところにも実質的な植民地であることが露出している。日韓とも国家主権や民主主義は仮想なのである。

韓国のパク・クネの放逐は、静かな制裁といってよい。他方、北朝鮮の金正恩の放逐は暴力的な制裁になるかもしれない。金王朝は、核保持こそが、米国から金王朝を守ると信じてきた。それが打ち破られるかもしれない。

ロシア・プラウダによると、金正恩は、平壌市民の 25%を直ちに平壌から離脱させるように命令した。(『In Deep 』4月13日)

プーチンは、米国が煽動するカラー革命に対して、次のように述べている。

ロシアのプーチン大統領は、テレビ局「ミール24」のインタビューで、ロシアは自国内および集団安全保障条約機構(CSTO)(旧ソ連構成共和国による安全保障・領土保全を目的とする条約機構 注 : 兵頭)に加盟する他の国々で「カラー革命」を起こさせないと指摘した。スプートニクが報じた。

プーチン大統領は、ロシアでは世界の様々な地域で実施され、深刻な不安定化につながる様々な理論が知られていると強調した。
プーチン大統領は「もちろん、このようなものは一切起こさせてはならならず、ロシアでしかるべき形で行動すること、CSTOの我々のパートナーたちをサポートすることに最善を尽くす」と述べた。

先の報道によると、プーチン大統領はNATO加盟国が状況分析をせずに米国のミサイル攻撃を支持したとしてこれを非難した。(「プーチン大統領:ロシアは自国でカラー革命を起こさせない」『Sputnik日本』2017年4月13日)

プーチンも、戦争なしには生きられない米国の宿痾に、辟易しているのではないか。米国はどうしてこう他国に干渉し続けるのだろう。これをやめると公約して当選したトランプにしてもこうなのだ。

プーチンは、ロシアと同盟国に対して、米国による「カラー革命」を起こさせないと述べた。これで、「カラー革命」は極東に向かうことになるのかもしれない。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

こんにちは。

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。
2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されてきましたが、2016年11月6日にPC用だけで3000を超えました。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。