最近、テレビの旅番組を見ていて気付いたことがある。旅先の外国人に接するとき、日本の出演者やナレーターがとても図々しい。

調子に乗るとよく外国人をバカにする。その国が、病院も学校も無料で、選挙の投票率が90%を超えることなどけっして採り上げない。バカにする日本人の方がよほどバカに見えてくる。絵は食べ物と美しい自然がほとんどだ。「日本スゲー系」の一環で、刷り込み(洗脳)はどんな番組にも注意深く張り巡らされている。

「自己責任」と言い放って出て行く今村雅弘復興相、生きてりゃ丸儲けの金田勝年法相、なんちゃって防衛相の稲田朋美。よくもこんな無能・無気力・無責任な大臣ばかりで、政権が存続できるものである。要は国民がだらしないので、国民にお似合いの政権をわたしたちはもたされているのだ。

こんなツイートが目についた。

太田隆文(映画監督)

森友学園問題で分かったこと。日本はすでに独裁国家だということ。総理夫人や官僚は守られ、私人は徹底して国家権力に攻撃される。野党は解散総選挙と言われると及び腰になり、マスコミは決して本丸には攻め込まない。だが、一番の問題は日本がそんな国であることを多くの国民が未だ気付いていないことだ。

宗主国に実質的な軍事政権ができた。このとき、少しはまともな植民地の総理だったら良かったのだが、運悪く「安倍マンセー」総理である。戦争の結果を考える思考力・想像力が皆無である。その冷酷、その虚言癖、ずる賢く人を操ろうとする性向。まだある。自分の衝動的な行動を制御できないし、良心の異常なまでの欠如。自分の過ちを決して認めない無責任などは、サイコパスの特徴である。カルトがそれを加速している。

海の向こうの宗主国がシリアに巡航ミサイルを59発も撃ち込んだ。シリアが化学兵器を使用したので罰したという。まるで世界の警察官に逆戻りである。

トランプはかつてこんなツイートをしていた。

原口一博

「繰り返して言う。我等のとても愚かな大統領に。シリアを攻撃してはならない。もしあなたがそれをやればたくさんの悪いことが起きるだろう。その戦争でアメリカは何も得るものはない」ドナルド・トランプ2013年9月5日
国際法も国連決議も何もない。それ以上に災禍だけしかない。

そういうことだと、シリア攻撃を実際にやってしまったトランプは、愚か者だと過去の自分から指弾されることになる。

皮肉なことだが、米国のお陰で、世界は米国の偽旗作戦にだまされないようになっている。ベトナム、9.11、イラク、リビア、アフガニスタン、ウクライナなど、すっかり免疫がついた。今回のシリア攻撃も、待てよ、偽旗作戦をまたやったのか、というのが大方の感想だ。

第一、シリア政府は、ほぼISISを制圧し、最終的勝利を目前にしている。ロシアの強力な軍事支援を受け、米国に対してもアサド退陣を引っ込めさせた今、わざわざ国際世論を敵にまわす毒ガス兵器など使う必要がなかった。米国の偽旗作戦にはムリがある。

むしろシリア攻撃を世界でもっとも喜んだのは、ISISであろう。生みの子ISISを捨てられない米軍産の本音が露出することにもなった。

米国の戦争は、一部が民営化されている。とくに情宣部門だ。請け負った民間軍事会社が編集し捏造した写真・動画を洗脳のために大量にばらまく。そのとき、最近は子供の写真・動画がよく使われる。

倒れているのも子供であり、加害者を非難するのも子供である。民間軍事会社にとっては、教えたとおりに喋ってくれる、もっとも安手の、しかし効果抜群のキャラクターなのだ。

今回もトランプは、国民向けのメーセージで、しきりに子供を口にした。これが180度の政策変更の正当化に使え、プロパガンダにも使えると思ったらしい。

米軍のシリア攻撃で、子供4人を含む9人の民間人が死亡したほか、7名が負傷しているのだが、トランプはこれに対してどう説明するのだろうか。

同じ子供の死でも、政治的に利用できる死と、無視される死とがあるのだ。米国ディープステート支配下の世界中のメディアが、この偽善を貫いている。

トランプは、すっかり米軍産に洗脳されてしまった。政治経験がないので、これから起こることへの警戒心がないし、事前の対策も打てない。

米大統領選で、ワシントン政治のポリティカル・コレクトネスを、もっとも鋭く批判したのはトランプだった。それが、いまやビルやブッシュ、オバマ、ヒラリーなどの戦争屋と同じワシントン政治に取り込まれつつある。

多くの反トランプ陣営、とりわけヒラリー陣営は喜んでいるかもしれない。しかし、ことはそう単純ではない。

ホワイトハウスは、シビリアンコントロールが効かなくなりつつある。それが世界最大の軍事国家での状況なので、非常に深刻である。

大統領になってから、トランプは国務省と情報機関とメディアを敵に回した闘いをはじめた。ここから、かれの悲劇が、米国の、そしておそらく世界の悲劇がはじまる。

トランプが政権を作るにあたって、絶対にこれだけはやっておくべきことがあった。それは政権の多数派を同志で固めることである。トランプは、どうやらそれすら知らなかったらしい。

トランプは苦境を乗り越えるために、軍人を多く政権に登用しはじめた。いまやトランプ政権は軍事政権と化している。マティスやマクマスターはその代表である。シリア攻撃に反対したバノンを、国家安全保障会議(NSC)から追い出すまでに力をつけてしまった。

中国の習近平訪米中に攻撃命令を出す。夕食中にその攻撃を得意げに伝える。大国を迎えてのこんな非礼極まるやり方は、米国の外交史にもなかったことだ。完全にトランプ政権が軍人主導に変質したことを物語る。

現在の北朝鮮と米国との対立激化も、背景にはトランプの人事の失敗がある。

政権内の多数派は、いまやディープステートから送り込まれた政治家や軍人たちである。かれらは、北朝鮮への先制攻撃をトランプにやらせたがっている。この作戦の最大の魅力は、米国の被害がないことだ。

ヒラリー無きヒラリーと化したトランプを見て、トランプを大統領に押し上げた米国貧困層は離れて行く。そこでディープステートの息のかかった政治家を大統領にすげ替える気だ。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

こんにちは。

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。
2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されてきましたが、2016年11月6日にPC用だけで3000を超えました。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。