1 橋下徹のじゃんけん政治

11月24日の『産経ニュース』は、「橋下氏のじゃんけん発言に激怒 渡辺氏「バカなこと許されない」」と題して次のように報じている。

「みんなの党の渡辺喜美代表は24日、都内での街頭演説で、日本維新の会の橋下徹代表代行が同党との選挙区調整に関し「最後はじゃんけんで決めていい」と発言したことについて「そんなばかなことが許されるのか」と反発した。「じゃんけんで決められるほど、いいかげんな候補者を選んでいない」とも述べた。

同時に、橋下氏に対し23日に候補者同士による討論会を通じての一本化を提案したと明らかにし、「橋下氏は『合流が前提でなければできない』と返答してきた。何のために戦う集団を立ち上げたのか」と批判した。

日本維新と太陽の党の合流についても「(両党の)政策合意書に『改革』という言葉が出てこない。戦う覚悟が書かれていない」と指摘した」
(引用終わり)

橋下徹のじゃんけん発言が物議をかもしている。

この話題はバカなマスメディアを喜ばせ、引きつけておくための効果は抜群である。この話題でまた翌日のマスメディアは盛り上がる。こういう下劣な話題に、橋下は事欠かない。当人は「メディアが相手にしなくなったら自分は終了」(2011年、記者団に向かっての発言)と思い込んでいるので、話題のつなぎ方には必死である。それでこのドタバタ劇は投票前日まで続くだろう。

橋下は、「じゃんけんは理屈でなく、まとまろうという強烈なメッセージだ」「それぐらいのことを理解できない人が国家運営にあたっているというのは、不安で恐ろしい」と開き直って見せた。しかし、所詮、国政をじゃんけんで決める程度にしか思っていないことは、これまでのかれの著作、発言に照らして明らかである。

この橋下の発言に対して、『産経ニュース』は「民主党の安住淳幹事長代行も福岡市内で記者団に対し、「そこまで有権者を愚弄しては政党不信を助長させてしまう。野合を重ねる姿勢にいずれ厳しい審判が下る」と批判。自民党の石破茂幹事長は佐賀市での講演で、「こんな話は聞いたことがない」と、あきれてみせた」と報道している。

しかし、これは第1極同士、選挙後に野合する者同士の、エールの交換だと思った方がいい。

「有権者を愚弄しては政党不信を助長させ」たのは、やらないと国民に約束した消費税増税を通し、「2030年代に原発をなくすことを目指す」とか意味不明のことをいいながら原発を海外輸出し、原発は新設しないといいながら、大間原発の工事を継続した民主党の安住たちである。こんなことはすでにはっきりしているのだ。

「野合を重ねる姿勢にいずれ厳しい審判が下る」のは、実質的にはできあがっている民・自・公3党の大連立政治をやった民主党自身である。

暗愚な野田が、3年半の悪政を隠すために、「改革を進めるか、それとも時計の針を元に戻すか」と嘘を吐いている。

改革も時計も元に戻したのは野田である。マニフェストを裏切り、民・自・公の3党の大連立を作ったのは野田である。

口を開けば野田はもちろんのこと、民主党の政治家たちからは嘘が出てくる。だまされないように注意しなければならない。
ブログランキング・にほんブログ村へ
橋下徹の正体。日本維新の会は、民主党の前原誠司、自民党の谷垣禎一、石原伸晃の選挙区の、候補者を見送ったり、鞍替えしている。これは仲間通しのバッティングを避ける措置だ。明らかに選挙後の野合のための伏線である。

繰り返していうが、第3極なんてものはないのだ。

「維新・みんな」は、第1極であり、この第1極の出来レースのパンチの応酬でマスメディアの情報は流れてゆく。政治はここにしかないといわんばかりに。

わが国の、現在の政治劣化は橋下徹に象徴される、といっていい。その根本的な政治観、人間観は、以下のようなものだ。

橋下徹は『まっとう勝負!』(小学館)のなかで書いている。

「なんで「国民のために、お国のために」なんてケツの穴が痒くなるようなことばかりいうんだ?

政治家を志すっちゅうのは、権力欲、名誉欲の最高峰だよ。その後に、国民のため、お国のためがついてくる。

自分の権力欲を達成する手段として、嫌々国民のため、お国のために奉仕しなければいけないわけよ。

(中略)

ウソをつけない奴は政治家と弁護士にはなれないよ! ウソつきは政治家と弁護士の始まりなのっ!」
(引用終わり)

この下劣な本が出版されたのは、2006年である。大阪府知事になったのが2008年。まさか大阪府知事になるとも思わず、筆が走ってしまったのだろう、と思ってはならない。

大阪府知事に就任した半年ほど後にも「僕は、国のため、世のため、人のためという人間じゃないので」と記者団に向かって喋り、また大阪市長になった2012年には「弁護士会の言うことほど、日本で一番あてにならないことはない」と記者団に語っている。

あまりに品位がないので、笑って済ませてしまいそうだが、本人は本気で自分の世界観、人間観を語っているのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
この続きは、

無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』

PC用 http://bit.ly/n3i2Oc 携帯用 http://bit.ly/LP86GH

でご覧いただけます。

2011年8月29日より『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』を配信サイト「まぐまぐ」より、ほぼ週刊で配信しています。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

もちろん、全文は、有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 http://bit.ly/AvYMkY でご覧いただけます。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・号外と発行しています。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご購読をよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ