1 安倍晋三の人間失格の暴言

郷原信郎が、かれのブログ『郷原信郎が斬る』に「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」は、“首相失格の暴言”」(2017年10月12日)を書いている。

昨夜(10月11日)のテレビ朝日「報道ステーション」の党首討論で、安倍首相が、「籠池さんは詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」と発言した。
内閣の長である総理大臣として、絶対に許せない発言だ。

籠池氏は、森友学園が受給していた国土交通省の「サスティナブル建築物先導事業に対する補助金」の不正受給の事実についての詐欺罪で逮捕され、起訴された。

しかし、刑事事件については、「推定無罪の原則」が働く。
しかも、籠池氏は、その容疑事実については、完全黙秘を貫いていると報じられている。
その籠池氏の公判も始まっておらず、本人に言い分を述べる機会は全く与えられていないのに、行政の長である総理大臣が、起訴事実が「確定的な事実」であるように発言する。

しかも、安倍首相は、憲法の趣旨にも反する、不当極まりない解散(【“憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」】)を、総理大臣として自ら行った。
それによる衆議院選挙が告示された直後に、自分の選挙を有利にする目的で行ったのが昨夜の放送での発言なのである。
安倍首相は「丁寧な説明をする」と言っていたが、それは、籠池氏が詐欺を働いたと決めつけることなのか。

法務大臣には、個別の刑事事件に関しても、検事総長に対する指揮権がある(検察庁法14条但し書き)。
その法務大臣に対して、閣僚の任免権に基づき、指揮を行うことができるのが総理大臣だ。
そのような「行政の最高責任者」が、司法の場で裁かれ、判断されるべき籠池氏の詐欺の事件について、「籠池さんは、詐欺を働いた」などとテレビの総選挙に関する党首討論で、言い放ったのである。
法治国家においては、絶対に許せない「首相失格の暴言」だ。

(中略)

しかも、安倍首相は、自分の妻である安倍昭恵氏が、その籠池氏に「騙された」と言うのである。
それは、どういう意味なのだろうか。
「詐欺師の籠池氏に騙されて森友学園の小学校の名誉校長になった」という意味だろうか。
それとも、「騙されて100万円を寄付させられた」という意味だろうか。(「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」は、“首相失格の暴言”)

一国の総理が、まだ裁判にもなっていない、完全黙秘をつらぬいている人物を捉えて、しかも関係した自分の妻を庇って、裁判官に先立ってテレビで有罪を決めつける。
「籠池さんは詐欺を働く人間。昭恵も騙された」。
まるで子供並みの言い草である。

そんなに自信があるのなら、堂々と国会の証人喚問に応じたらいいではないか。
うそがつうじない国会では夫婦で逃げ回る。
うそが通じるテレビでは裁判官に先立って有罪を決めつける。

ほんとうに、この卑小で卑劣な男に、日本はどこまで破壊されるのだろうか。

「推定無罪の原則」も安倍は知らないのである。
「首相失格の暴言」どころか、人間失格の暴言だ。

しかも今回の衆議院解散は、総理の犯罪である森友・加計学園事件を隠蔽するための、モリカケ逃亡解散である。
その総理の意図に応じて、米国のエージェントである小池百合子と前原誠司とによって、民進党内リベラル狩り、モリカケ潰しが行われ、自公が勝利するための段取りが実施された。

その効果があって、選挙は自民党の勝利が伝えられる序盤戦になっている。
勝つためには手段を選ばない、最低最悪の総理による、最低最悪の選挙になっている。

さて、今日のメルマガは、前回のメルマガで予告したように「キケロ兄弟の選挙戦術 —— 現代に生きる古代ローマの知恵と戦術」を切り口に、政治と選挙を考察する。

ここに引用するのは、共和政ローマ法務官であったクィントゥス・トゥッリウス・キケロが書いた政治論であって、選挙論である。
兄に向けて書いた手紙の形式をとっている。

クィントゥスの手紙は佳境に入る。

2 友人よりも敵を近くに

<友人を近くに、敵はもっと近くに>

さまざまな考えの持ち主を常に傍らに置いておくべきです。
投票権を持つ人々は、あなたを判断する場合に、質と数の両面においてどのような人物たちを周りに集めているかも考慮します。
そこには三つのタイプの支持者がいるはずです。
あなたの家にやってきてあなたに挨拶をする人、フォロ・ロマーノに向かうあなたをエスコートする人々、そして、どこにいくにも、あなたの供をする人々です。

最初のタイプの人々を信頼してはいけません。
多くの人は、複数の候補者の家に出向いて挨拶するものです。
とはいえ、「立ち寄ってくれたことをうれしく思う」と感謝することを忘れずに。
訪問をうれしく思うと伝え、(機会があれば)その人物の友人たちにも彼が挨拶にやってきたことを伝えるべきです。
友人たちがその言葉を相手に伝えてくれます。
何人もの候補者を訪問しているとしても、特に目をかければ、彼らをあなたの支持へと引き寄せることができます。

一方、訪問者がそれほどあなたを支持してはいない人物であると取り巻きから知らされたときも、相手を信じているふりをすべきです。
その人物が噂を否定すれば、「あなたの忠誠を疑ったことはないし、今後においてもそうだ」と言ってやるのです。
「友人として信頼している」と相手を納得させられれば、彼が本当にあなたの友人になる可能性を高められます。
とはいえ、あなたへの好意を相手が示しても、それを文字通り受け入れてはなりません。

(中略)

ここまで友情(と交流)について多くを書いてきましたが、次に気をつけるべき点を指摘します。
政治の世界は嘘、背信行為、裏切りであふれています。
これまで誠実な行動をとり、友人であるかのように装っていても、実際には、あなたに嫉妬している人物もいるかもしれません。
戯曲家のエピカルモスの賢明な言葉にあるように「簡単に人を信じてはいけません」

誰が信頼できる友人であるかを見極めたら、あなたの敵が誰なのかも考えなくてはなりません。
あなたに敵対する人のなかには、これまでにあなたが傷つけた人々、特に理由はなくてもあなたを嫌っている人々、そして対立候補の親しい友人たちが含まれます。

友人を擁護したがゆえに敵にまわしてしまった人々には、優雅に接して謝罪し、「自分は深いつながりを持つ人物を助けただけで、仮にあなたたちが友人なら、同じように擁護しただろう」と伝えるのです。
特に理由はなくても、あなたを嫌っている人々には、親切にするか、便宜をはかるか、彼らのことを心配していることを言動で示すことで、信頼を勝ち取るべきです。
あなたのライバルの友人たちにも同じアプローチを用いることができます。
あなたに敵対する人にも慈善の精神で接するのです。

クィントゥスの手紙を読んでいると、現代の政治と選挙の現実そのままであることがわかる。
いや、多くの日本の政治家はこのレベルには達していないであろう。

本来、政治というのは、哲学や倫理学、それに文学や宗教と密接に結びついているものだ。
だから偉大な政治家は、つねに政治家以外の人と交わり続けた。

「さまざまな考えの持ち主を常に傍らに置いておくべきです」。
これは政治家のみならず、すべての人間に対していえることである。

これが決定的に欠けているのが安倍晋三であろう。
とにかく自分を批判する人間はもちろん、耳に痛いことをいう人間も側におかない。
その結果、阿諛追従のオトモダチで周りが固められ、そのオトモダチに便宜を図る。

その結果、国家・国政の私物化、身内びいきが行われ、縁故主義(ネポティズム)がはびこることになった。
そして泥棒国家ができあがったのである。

「政治の世界は嘘、背信行為、裏切りであふれています」という考察は、いまも同じである。
日本の永田町といえば、うそと背信と裏切りのるつぼである。
それは、小池と前原による、民進党内リベラル狩り、モリカケ潰しでも露骨に炙り出された。

党の代表が自党の国会議員をだましてまで党破壊に率先して務める。
だまして他党に売られた政治家たちは、昨日までの政策をすべて捨て、自分はもともと戦争法(安保法制)にも改憲にも賛成だったというのだから、もはや政治家とて飯を食っていくためには何でもするという浅ましさである。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

与謝野晶子与謝野晶子

そうです。
何を書くか、よりも、誰が書くか、ですね。
どんな位置にいる、誰が書くか、が大切なのです。
それは、ほんとうのことを言えるかどうかの違いになってきます。
この位置は、競合する表現者には同じステージで真似できない強みになるのですね。
「こんにちは! 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します」って、それだけ? あいかわらずぶっきらぼうですね。
若い人たちは、あなたのことを何も知らないのだから、もっときちんと自己紹介しなくちゃ。
せっかく「プロフィール」を書いているのだから、リンクを張っておきますね。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

太宰太宰

わかりやすいというのは、論理的ということね。
その論理も、説得する論理ではなく、納得させる論理でなければいけないのだろう。
それでどうしてもある程度の長さが必要になる。
ぼくが長編を書いたのも、そのためさ。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO