このページは、2017年7月31日に更新しました。

『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

漱石漱石

横浜市長選は、民進党の自作自演の敗北劇でした。野田、蓮舫執行部には、政権交代の意志がありませんでした。だから自主投票にして、自公推薦候補に勝たせたのです。同時にあった緑区の市会補欠選挙では、民進党の江田憲司の秘書だった宮崎ゆうすけが、自民党候補との一騎打ちに勝利していますね。きちんと闘えば、市長選も勝てたのです。

このページの要旨

横浜市長選での民進党の体たらくがひどい。
まず野田・蓮舫の辞任が遅すぎた。
安倍同様に、野田・蓮舫に都議選惨敗の総括などできないのだから、まず責任をとってすぐに辞めるべきだったのである。
それがポストにしがみつき、総括に蓋をした。
この遅すぎた辞任で、閉会中審査も臨時国会も消えてしまった。
やっと辞めてくれたと思ったら、代表選に前原と枝野が出てくる。
要するに民進党は、旧民主党政権崩壊のA級戦犯たちが未だに党の実権を握っているということだ。
これで、いずれが勝とうと、民進党の再生はないだろう。
小池新党へ吸収され、自民党と補完勢力の二大政党制へ向かう道を辿ることになろう。

そんな奇妙で偏狭な、わかりづらいことが、横浜で起きた。
民進党の山尾しおりが、横浜の市長選で、カジノ賛成の、自公推薦候補を応援した。
民進党国際局長の牧山ひろえも応援しているから、民進党のふしだら、裏切り、鵺(ぬえ)性が、横浜で全開である。
山尾しおりが期待されていただけに、その罪の深さを感じる。
カジノに反対を叫び、カジノ賛成の現市長を応援する。
この裏切りは、消費税増税に反対して政権交代をやり、政権を獲ると消費税増税に賛成した野田佳彦と重なる。
まじめな総括をしないから、こういう愚民観にもとづく失敗を重ねることになる。

芥川芥川

横浜市長選では、民進党のダメな部分が全部露出しましたね。投票に行かなかった横浜市民も悪いが、わかりやすい対決構図を作らなかった民進党はそれ以上に悪いです。民進党は、この選挙の大切さがわかっていませんでした。自民党を政局に追い込める、きわめて重要な選挙でした。野田―蓮舫の死に体執行部で8月いっぱい夏休みに入り、閉会中審査も臨時国会もこれでなくなりました。安倍が困ったときは、いつも野田が助けますね。奇妙な政党です。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

1 返り咲くA級戦犯

暑い夏が続いている。
腐敗した、愚かな夏だ。

横浜市長選での民進党の体たらくがひどい。

まず野田・蓮舫の辞任が遅すぎた。

都議選惨敗での獲得議席数はわずかに5だった。
その前に大量の離党者まで出している。

その離党者も吸収して、小池新党は55議席も獲得する。
大惨敗した自民は、公明と並ぶ23議席だった。
共産党は無党派層を民進党の倍も集めて19議席獲得した。

安倍同様に、野田・蓮舫に都議選惨敗の総括などできないのだから、まず責任をとってすぐに辞めるべきだったのである。
それがポストにしがみつき、総括に蓋をした。

この遅すぎた辞任で、閉会中審査も臨時国会も消えてしまった。
よく安倍を助ける連中だ。

やっと辞めてくれたと思ったら、代表選に前原と枝野が出てくる。
要するに民進党は、旧民主党政権崩壊のA級戦犯たちが未だに党の実権を握っているということだ。

民進党のA級戦犯というと、いつも小林旭の「昔の名前で出ています 」のフレーズが浮かぶ。
「京都にいるときゃ民主党と呼ばれたの、神戸じゃ民進党と名乗ったの。
横浜の酒場に戻ったその日から、あなたがさがしてくれるの待つわ。
昔の名前で出ています」というわけだ。
しかし、民進党のA級戦犯など、本人たちが粋がっているだけで、もう誰も探さないのである。

これで、いずれが勝とうと、民進党の再生はないだろう。
小池新党へ吸収され、自民党と補完勢力の二大政党制へ向かう道を辿ることになろう。

民進党は滅亡をより加速し、相対的に安倍独裁を深化させることになる。
その結果、国民の不幸を深化させることになろう。

民進党の退廃は、山尾志桜里(しおり)国民運動局長の、横浜市長選における自公応援にも露出した。

連合のひっかけにまんまと乗り、笑いものになる。
これほど炎上するとは思わなかったというから、その危機感の希薄、想像力のなさは相当なものだ。

その後は説明なしの引きこもりが続いている。
自民党と同じで、不始末を犯すと隠れてほとぼりが冷めるのを待つ。
こんな政治家ばかりだ。

こんなツイートをみつけた。

2 裏切りの横浜

Yasu

キッシンジャー

率直な日本観を示す。
これは米政府全体の見方ではないが、ホワイトハウスの代表的な見解だ。

中国と日本を比較した場合、中国は伝統的に世界的な視野を持ち、日本は部族的な視野しか持っていない。

日本はものの見方が偏狭で、全く奇妙だ。
島国の国民だ。
英国も島国だが。

部族的で偏狭。
まったく奇妙。
この分析は安倍晋三を見ていると、実に的確であることがわかる。

安倍晋三の正体は新自由主義のグローバリストであるが、それだけだったら外国からも、論理の月旦にかけられて理解されやすい。

ところが、その安倍が日本会議に所属し、中国を病的に敵視し、改憲を主張し、天皇を元首にして、戦前回帰を狙っている。
さらに不可解なのは、対米隷属の売国奴である。
ここから欧米は、部族的で偏狭、まったく奇妙な民族と眉をひそめるのだ。

あれやこれやと、矛盾する思想が一個の政治家に同居し、それが一国のトップにまでなれる。

国民は生活苦に喘いでいるのに、さらに増税し、外国にはふんだんにカネをばらまく。
放射能汚染された地帯に国民を住まわせて被曝させる。
同胞意識が極端に希薄である。

まるで日本には「長州部族」や「1%部族」が存在し、長州以外の部族、「99%部族」を敵視し、奴隷化しようとしているかのようだ。

そんな奇妙で偏狭な、わかりづらいことが、横浜で起きた。

民進党の山尾しおりが、横浜の市長選で、カジノ賛成の、自公推薦候補を応援した。
民進党国際局長の牧山ひろえも応援しているから、民進党のふしだら、裏切り、鵺(ぬえ)性が、横浜で全開である。

山尾自身はカジノ反対だという。
まったく奇妙である。
ほんとうにわかりづらい。

山尾しおりは、現在の民進党で、もっとも期待された政治家であっただけに、「山尾よ、お前もか」という悲鳴にも似たツイートがツイッターを駆け巡った。

おかよ(脱原発)‏

山尾しおり様
林市長が採択に協力したのはこの教科書です。
どうか内容を確かめてください。
横浜市の中学生はもう8年近くも「つくる会」系の教科書を使わされ日本会議の洗脳にさらされています。

 

もりのこのは

横浜西口で民進党牧山広恵参議院議員が横浜市長選の林市長の応援演説をしていた。
山尾しおり議員の林現市長応援に市民の反発があったのにと怒り、演説が終ったところで、(牧山広恵に 注 : 兵頭)カジノを作らせる気かと抗議しました。
すると、彼女、私もカジノは反対なんですよと…もう何言ってるのよ、民進…ダメだ、こりゃ。

radio_hidetaro日本あ~あ党‏

山尾女史が横浜市長選で味噌をつけたお陰で、次期党首の芽が無くなったと言える。
山尾女史の能力は買う。
しかしそのベクトルがどちら向きか分からない。
連合、就中、電機労連押しから見ても、ムラに近い存在。
再稼働容認派だろう。
それでは小沢潰しに奔走し、今は東電の顧問弁護士、仙谷と同じだ。

ぱじぇんと

@ShioriYamao 1週間前に仙台で「市長選が『安倍おろしそば始めました』の夏にしよう」と言っておいて、今日は横浜で自公推薦の林文子氏を応援。
山尾さんは何がしたいんですか?

こいずみやすひさ

山尾志桜里氏
仙台では郡和子氏の応援
横浜では林文子氏の応援
意味わからん
民進党らしいっていえば、らしいか

halken‏

返信先: @ShioriYamaoさん
山尾さん、横浜市長選で林氏を応援しているというのは本当ですか? 林氏はカジノ誘致を否定せず、育鵬社の教科書導入を推進しています。
カジノは稲川会埋地一家初代の長男と子飼いの菅官房長官が絡んだ市民無視の利権話。
育鵬社は言わずもがな。
山尾さんは、こういう政治を応援していくってことですか?

壺井須美子

山尾議員本人でも親戚でもないのに、連合の支援が無ければ選挙に勝てないのだから仕方が無いと、横浜市長選での山尾議員の自民党候補者応援正当化に賛同する一般市民が居ることに驚く。
自分の一票も主権者として価値も捨てているよう見える。
連合離れが怖いなら有権者に訴えて勝つのが代議士だろう。

山尾しおりが期待されていただけに、その罪の深さを感じる。
これらの声を聞かなかったら、もう山尾は終わりだ。
ただの愚民観のエリートに過ぎず、飯の種としての政治を生きることになる。

「おかよ(脱原発)」の指摘は貴重だ。
林市長の思想は日本会議である。
横浜市の中学生は、育鵬社の教科書で日本会議の洗脳にさらされている。
山尾が出発すべきはこの現実からであり、連合との個人的な関係ではない。

カジノに反対を叫び、しかしカジノ賛成の現市長を応援する。
この裏切りは、消費税増税に反対して政権交代をやり、政権を獲ると消費税増税に賛成した野田佳彦が重なる。
まじめな総括をしないから、こういう愚民観にもとづく失敗を重ねることになる。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

与謝野晶子与謝野晶子

そうです。
何を書くか、よりも、誰が書くか、ですね。
どんな位置にいる、誰が書くか、が大切なのです。
それは、ほんとうのことを言えるかどうかの違いになってきます。
この位置は、競合する表現者には同じステージで真似できない強みになるのですね。
「こんにちは! 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します」って、それだけ? あいかわらずぶっきらぼうですね。
若い人たちは、あなたのことを何も知らないのだから、もっときちんと自己紹介しなくちゃ。
せっかく「プロフィール」を書いているのだから、リンクを張っておきますね。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

太宰太宰

わかりやすいというのは、論理的ということね。
その論理も、説得する論理ではなく、納得させる論理でなければいけないのだろう。
それでどうしてもある程度の長さが必要になる。
ぼくが長編を書いたのも、そのためさ。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO