このページは、2017年7月4日に更新しました。

『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

漱石漱石

自民党は都議選を総括できないようですね。これをやらなけれは衆議院選挙で同じ惨敗が待っています。惨敗の責任は、安倍晋三その人にあるのに、「THIS IS 敗因」(Tは豊田、Hは萩生田、Iは稲田、Sは下村)といった解説を流行らせているようです。つまりここでも人のせいにして安倍晋三は逃げています。このツケは大きいでしょうね。

このページの要旨

安倍晋三が最初で最後に応援演説した秋葉原の候補が落選した。
安倍の応援は、マイナスではあってもブラスには働かないことが、ハッキリした。
候補者にはとんだありがた迷惑だったわけだ。
今回の歴史的惨敗で、東京の大手(「記者クラブ」)寿司友メディアの支持率がでっち上げであることが明確になった。

都議選での自民党に対する無党派層の支持が低く、これは安倍晋三の消費税増税や戦争法、特定秘密保護法、共謀罪といった政策を見ると当然である。
民進党はたった10%であり、同じ野党の共産党のちょうど半分だ。
今日(7月3日)、自民党は小池百合子と若狭勝の離党を承認した。
書類上だけ自民党と切れて、さらに世間を欺いて都民ファーストの会を大きくしようということだろう。
偽装離婚のようなものだ。

共産党は2議席増やしており、小池旋風のなかで、堅実さを見せた。
民進党の低落傾向には歯止めがかかっていない。
民進党は野田―蓮舫執行部の若返りを図るべきだ。
そうしなければ、もし小池に新党で衆議院選挙に挑まれたら、またぞろ大量の離党を生むことになろう。
自民党の惨敗は歴史的なものだ。
自民党で、もっとも問題なのは、これは安倍個人の性格的なものが影響しているのだろうが、党内の自由な議論を封じてしまったことだ。
それで、都議選の大敗北に遭っても、党内から自由闊達な議論は起きてこないのではないか。
こう見てくると、安倍晋三は国家も自民党も破壊したのである。

芥川芥川

ウソと問答無用で国会運営をやってきたので、いまさら総括もできないのでしょう。自民党が都議選の惨敗を意外だと思っているところに、一番の問題があります。国民の苦しみや怒りを、汲み取る手段が、自民党にはないのですね。いわば世俗離れした、富裕層のお坊ちゃん、お嬢ちゃんによって、日本の政治は運営されています。このツケが一挙にきた感じです。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

1 都議選を終えて

街頭応援演説から逃げ回っていた総理。
その安倍晋三が最初で最後に応援演説した秋葉原の候補が落選した。
安倍の応援は、マイナスではあってもブラスには働かないことが、ハッキリした。
候補者にはとんだありがた迷惑だったわけだ。

今回の歴史的惨敗で、東京の大手(「記者クラブ」)寿司友メディアの支持率がでっち上げであることが明確になった。
選挙直前になって支持率が急降下したのは、選挙で支持率のウソがバレるので、あわてて下げたのだろう。

都議選が終わってからも、東京の大手(「記者クラブ」)寿司友メディアの周章狼狽は続いていて、10%以上も下げるところが出てきた。
それでも以前が高すぎたので、まだ40%の半ばもある。

都議選に関して、こんなツイートがあった。

菅野完

しかしあちこちからもれ聞こえる話から類推するに、安倍ちゃん、ほんまに怒り狂ってるみたいね。
せっかく都議選で小学校選んで応援演説してるのにどの候補も会場を満席にできず、行く先々でヤジが飛び、支援者さえ居眠りしてると。

まあ、アホって怒ると判断を誤るからなぁ

立川談四楼

TLが秋葉原駅前の大変な騒ぎを伝える。
籠池のおっさんが返すんだと札ビラを見せびらかすわ、安倍辞めろコールが起こるわ、そして安倍さんが街宣車に上がると凄まじい帰れコールで声が聞こえない。
私は一国の総理がこれほどの罵声を浴びるのを初めて見た。
この光景は政権崩壊の始まりなのではないか。

きっこ

小池百合子、さっそく「安倍政権と連携して行く」と宣言したね。
「自民党をぶっ壊す」と言って選挙で大勝して自民党を大きくした小泉純一郎と同じ詐欺に、またまた民度の低いB層の有権者が騙されたってわけね。

哲夫:反ファシズム

それにしてもなあ。
これだけモリカケ問題が沸騰してて、投票率が50パーセント台なのか。
選挙に行かなかった連中、小池に騙されてさえいないんだなあ。
こんなんじゃ、この先どうにでもされてしまう。

都議選の投票率は51・28%だった。
この戦後最低最悪の総理による悪政。
森友・加計学園事件、共謀罪、改憲ときて、それでも都民の半分ほどしか投票に行かない。

日本人の政治への無関心、政治民度の低さは、人間離れした独特なものである。
おそらく改憲の国民投票になっても、この程度の参加であり、戦争になっても我関せず焉の国民が半分あるいは3分の1ほどは存在するのだろう。

投票は平日にして、その日を休日にする。法的な義務にして、投票しない者には罰金を科す。一部の外国がそのようにしているが、日本も採り入れた方がいいのだとわたしは考えている。

2 無党派層が投票した都民ファーストの会

第19回東京都議会議員選挙の結果は、次の結果であった。

一言でいえば、自民党本隊の惨敗、小池「都民ファースト」の圧勝である。

左が告示前の、右が当選した議員数である。

「都民ファースト」 6→55(+49)

公明 22→23(+1)

自民 57→23(-34)

共産 17→19(+2)

民進 7→5(-2)

維新1→1(+0)

ネット3→1(-2)

この結果をもたらしたのは無党派層の投票である。

無党派層はどの政党の候補に投票したのだろうか。

都民ファーストの会 30%

共産党 20%

自民党 13%

民進党 10%『TBS NEWS』

30%と圧倒的に都民ファーストの会が強かったことがわかる。
続いて共産党が20%である。
わたしたちの世代には共産党アレルギーの強い人が多いのだが、いまやネットでも『赤旗新聞』の引用を何のこだわりもなくする時代である。
時代が変わったことを感じさせる。

自民党に対する無党派層の支持が低く、これは安倍晋三の消費税増税や戦争法、特定秘密保護法、共謀罪といった政策を見ると当然である。
これでも高すぎると思われるほどだ。

民進党はたった10%であり、同じ野党の共産党のちょうど半分だ。
この人気のなさは執行部の野田―蓮舫の自民党補完政党色に原因がある。
野田、蓮舫とも今回の敗戦の責任をとって辞任すべきだ。

このふたりが民進党の顔として出しゃばっているかぎり、民進党の再生はないだろう。

民進党の周辺には、この政党を甘やかすことで、結果的に民進党の首にかけられた縄を引いている人が非常に多い。

ほんとうに民進党を支持しているのなら、いうべきこともいわなければいけない。

ピント外れの蓮舫が、小池百合子にすり寄っているが、小池が新党で衆議院選挙に打って出たら、民進党は離党者と落選とで壊滅するであろう。

小池百合子は、都民ファーストの会の55議席に、公明党の23議席、それに東京・生活者ネットワーク(1議席)の合計79議席に支持されて都政を運営していくことになる。

議会過半数が64議席である。
これから政治経験のない未熟な都民ファーストの会を率いて余裕の独裁的な都政を運営することになろう。

小池百合子は、今日(7月3日)、都民ファーストの会の代表を辞任し、野田数(のだ かずさ)幹事長を代表に再任させると発表した。
都民は、別に都民ファーストの会に投票したわけではないだろう。
小池百合子が代表である、都民ファーストの会に投票したのである。

その代表が、投票が終わったら、さっさと代表を降りるのは無責任だろう。

これから政治経験のない、未熟な都民ファーストの会が、ちょうど自民党の魔の2回生のように不祥事、不始末を犯していくだろう。
その責任は負わないというわけだ。

7月3日、自民党は小池百合子と若狭勝の離党を承認した。
自民党の補完政党との批判が強まったので、小池百合子と都民ファーストの会を守るために離党を受理したのだと思われる。

書類上だけ自民党と切れて、さらに世間を欺いて都民ファーストの会を大きくしようということだろう。
偽装離婚のようなものだ。

今回の都議選で、小池人気がいかに強かったかを、『選挙ドットコム』が緻密に分析している。

3 民進党と自民党の惨敗

(都民ファーストの会は 注 : 兵頭)このうち、7つある1人区では、千代田区、中央区、武蔵野市、青梅市、昭島市、小金井市の6つを制しました。

15ある2人区のうち、台東区、渋谷区、府中市、西東京市、南多摩の5つの選挙区で議席を独占したほか、荒川区では公明党、北多摩第二では東京・生活者ネットワークの知事を支持する勢力の候補者とともに議席を獲得しました。

定数3以上の残りの20選挙区中、19選挙区で公認候補がトップ当選し、品川区、大田区、世田谷区、杉並区、練馬区では1位と2位を占めました」(都民ファの勝因・自民の敗因は何だったのか? 各党の都議選を振り返る

メディアは都民ファーストの会の圧勝ばかりを採り上げているが、もうひとつ議席を増やした政党がある。
共産党である。
2議席増やしており、小池旋風のなかで、堅実さを見せた。
都民ファーストの会の49議席増は、今後ともあり得ないような増加で、その点、共産党の健闘は際立っている。

民進党の低落傾向には歯止めがかかっていない。
告示前にたった7議席だったものが、5議席に減った。
しかし、選挙前に16人の候補者が離党している。
野田佳彦は、「国会運営も各種の選挙も幹事長の責任だ。うまくいく時も、そうでない時もあるが、しっかりバネにして、党勢拡大を目指す責任を果たしていかなければいけない」と語るなど、相変わらず民進党破壊に熱心だ。

野田―蓮舫の自民党補完政党の正体が国民に見破られている。
執行部の若返りを図るべきだ。
繰り返すが、もし小池に新党で衆議院選挙に挑まれたら、またぞろ大量の離党者を生むことになろう。

自民党の惨敗は歴史的なものだ。

中野区では都議会議長、北区では都議団幹事長ら幹部の落選が相次いだうえ、それぞれ2人の候補者を擁立した品川区、目黒区、板橋区で共倒れして議席を獲得できず、下村博文都連会長ら5役が辞任する意向を表明しました。(都民ファの勝因・自民の敗因は何だったのか? 各党の都議選を振り返る)

自民党で、もっとも問題なのは、これは安倍個人の性格的なものが影響しているのだろうが、党内の自由な議論を封じてしまったことだ。
加計学園事件でも、党内の闊達な議論を踏まえるのではなく、独裁とオトモダチ利益分配装置としての国家戦略特区で、民間議員を使うという手法をとった。

それで、都議選の大敗北に遭っても、党内から自由闊達な議論は起きてこないのではないかとわたしは見ている。

こう見てくると、安倍晋三は国家も自民党も破壊したのである。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

与謝野晶子与謝野晶子

そうです。
何を書くか、よりも、誰が書くか、ですね。
どんな位置にいる、誰が書くか、が大切なのです。
それは、ほんとうのことを言えるかどうかの違いになってきます。
この位置は、競合する表現者には同じステージで真似できない強みになるのですね。
「こんにちは! 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します」って、それだけ? あいかわらずぶっきらぼうですね。
若い人たちは、あなたのことを何も知らないのだから、もっときちんと自己紹介しなくちゃ。
せっかく「プロフィール」を書いているのだから、リンクを張っておきますね。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

太宰太宰

わかりやすいというのは、論理的ということね。
その論理も、説得する論理ではなく、納得させる論理でなければいけないのだろう。
それでどうしてもある程度の長さが必要になる。
ぼくが長編を書いたのも、そのためさ。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO