5月17日、大阪都構想の賛否を問う住民投票の結果が出た。

反対 70万5585票

賛成 69万4844票

1万1000票ほどの接戦だった。

投票率は66.83%である。

この結果は、大阪都構想に市民の賢明な反対の意思が示されたものである。と同時に、安倍晋三の改憲の動きに弾みがつくのを止めることになった。地方自治の原則に立って、自民党大阪が反対を貫いたのも賢明な判断だった。

今回、関西にいて思い知らされたのは、もし改憲で国民投票が行われた場合、間違いなく自・公・維新を中心とする圧倒的な情宣に国民がさらされるということだ。それだけの資金が改憲賛成派にはあるということだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

まさに改憲反対派は、今回の大阪市と同様の竹やりの闘いに追い込まれるだろう。

今回の住民投票に関して、わたしの目に触れたツイートには、次のようなものがあった。

「ジャーナリスト 田中稔

「大阪都構想」は住民投票の結果、NOを突き付けられた。維新の幹部が「憲法改正の予行演習」と本音を吐露したあたりから流れが変わったような気がする。それにしても、ここまで拮抗するとは…。

はな

いま思うことは
・「多数決」は怖い。
大阪市では反対が「僅差」で勝った。 ということは、「僅差」で憲法を変えられる可能性もあるってことだ。
・「僅差」で180度違う結果に決まった。
これをきっかけにして「自分が選挙に行っても何も変わらない」という人が減ればいいな。

三宅雪子

70代の多くが反対に回った理由はなにか。決して、自分のことだけを考えてではないと思う。年代的に、この住民投票が国政に与える影響、そして、それが自分の子どもや孫の世代に関係していくことをわかっていたからではないかと推察する。そうであって欲しい。シルバーパスの廃止などだけではないと。

保坂展人

同感! 片山善博(慶応大学教授・元総務相)→大阪都構想は、スムーズな戦争遂行のために東京市を廃止して作られた東京都の制度を大阪に持ち込み、市を壊して大阪府に権限と財源を集めようとするものだ。住民に身近な市町村にできるだけ仕事とお金を移していく分権改革の流れに反する(18日朝日)

西谷文和

ギリギリ反対が勝ったみたいですね。よかった! しかし、維新と橋下がこれだけの支持を集めたことにも分析が必要。とりあえず、大阪市が解体されず、よかった、よかった。賛成票の裏には、カジノやリニア、なにわ筋線などの利権に群がった人たちがいる、と思います。騙されなかった大阪市民に感謝。

tk0801 大阪市解体「反対」と書こう

大阪市解体に賛成派:桂ざこば、金美齢、青山繁春、勝間和代、辛坊治郎、須田慎一郎、高橋洋一、竹田恒泰、たむらけんじ、津川雅彦、ハイヒール(リンゴ・モモコ)、百田尚樹、堀江貴文、眞鍋かをり、宮崎哲弥、メッセンジャー黒田、ロザン(宇治原・菅)、山口もえ」

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後のツイートを見ると、右寄りで反中の人が多く、大阪都構想のイデオロギー的本質を物語るものになっている。この顔ぶれを見て、賛成しなくてよかったというツイートもあった。

橋下徹は政界を引退する。この男のことだから、いつ豹変するかしれない。しかし、一応、テレビの前ではそのように公言した。

(以下、長いのでメルマガの一部だけ公開します。

有料メルマガのお申し込みはこちらからです。
週3回(月・水・金)の定期配信です。それに、ほぼ週1回の臨時増刊号を加えています。(実質、ほぼ週4回になります)
初回お申し込みの、当月は無料です)


(無料メルマガのお申し込みはこちらからです。ほぼ日曜日ごとの、週1回の配信です)

記者の「12月まで市長を続ける。将来、もう一度政治家になる可能性はあるか」の問いに、橋下徹はこう答えた。

「ないですよそんなの。まず一つは、住民の皆さんの気持ちをくむ。負けるのだったら住民投票をしかけるべきでない。その判断が間違っている。住民の皆さんの考えをくみ取れていなかった。それは政治家として能力が一番欠けているところです。

政治家は嫌われちゃいけない。民主主義である以上。僕みたいな政治家が長くやる世の中は危険。みんなから好かれる、敵のいない政治家が本来、政治をやらなければいけない。敵を作る政治家は本当にワンポイントリリーフで、いらなくなれば交代。権力は使い捨てが一番。それが健全な民主主義だ。

ぼくみたいな敵をつくる政治家がずっと長くやるなんて世の中にとって害悪。でも8年間、僕みたいなスタイルでやっているのだから、大阪も相当問題を抱えていたのかもしれない

橋下徹はうそばかりついている。うかつに聞くと、ここには、橋下徹という男が、いかほどスノビズムの持ち主であったかが顕(あらわ)れているように思える。しかし、負けた橋下は精一杯の嫌みを大阪市民に投げつけたのである。

「でも8年間、僕みたいなスタイルでやっているのだから、大阪も相当問題を抱えていたのかもしれない」というところに、橋下の本音が顕れている。大阪のような財政破綻している府には、自分のような荒療治の政治家が必要だった、といいたかったのである。

「政治家は嫌われちゃいけない」という思いが「民主主義」と繋げられている。これだったら絶えず多数派を志向してポピュリズムでいかないといけない。

ところで優れた政治家は、とりわけ日本のように政治的民度の低い国では、少数派であることは必然である。また、国民に苦言を呈する政治家が、今ほど必要な時代はない。

政治家としての橋下の問題は、まさにここにあるのだ。実は、橋下徹こそ敵を作らず、常に権力とマジョリティに寄り添い、ポピュリズムに徹底した政治家だったのである。

橋下が今年12月の大阪市長選に出ないことだけは確かだろう。大阪は財政破綻一歩手前にあり、市長を続けて政治家としての無能が白日のもとにさらされる前に、逃げ出すだろう。記者会見で、橋下がさばさばとしていたのは、これがあるからだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ