前回のメルマガで野田の所信表明をわたしは批判した。内容をつぶさに検討すれば、批判するのは当然の代物である。「YAHOO! みんなの政治」で、「野田佳彦首相が2012年10月29日の臨時国会冒頭で所信表明演説。首相の演説を採点すると何点? (2012年10月29日~)」というアンケートをやっている。

これはまだ途中経過であることを断って、すでに採点のトレンドは出たと考えられので、紹介しておこう。

11月2日正午現在の投票総数は、計2449票である。

「100点  1% 16 票  90点  0%   7 票  80点  0%   9 票  70点  1%  16 票  60点  1%  15 票  50点  1%   35 票  40点  1%  19 票  30点  4%   89 票  20点  3%   83 票  10点  8%  189 票  0点 80% 1971 票」
(引用終わり)

厳しい採点が30点以下から急に増え、10点が8%の189票である。

しかも0点が80%で1971票もある。

一国の総理の所信表明に対する、国民の採点で、国民のなかから0点が80%を占めるというのは普通ではない。

これはもちろん所信表明それだけを聞いての採点結果ではない。これまでの野田という政治家の言行不一致、巧言令色、鮮なし仁の、人格全般に対する採点である。

ありていにいえば、また嘘を吐いている、という冷ややかな分析の結果なのだ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
これは、今後野田が何をマニフェストで喧伝しようとも国民は信じない、という深刻な事態を物語っているのだが、この深刻さを民主党自体が理解できていないのである。

ここにわが国の究極の閉塞感がある。

首相も与党もきわめて鈍感で、民意とのずれに気付かずにいる。「記者クラブ」メディアの言葉や数字を頼りに政治をやっていている。

「回答者の支持する政党の割合」がまた興味深い。

「民主  (2%)  自民 (23%)  生活 (27%)  公明  (1%)  みんな (5%)  共産  (1%)  社民  (0%)  きづな (0%)  維新  (2%)  国民  (0%)  たち日 (3%)  大地  (0%)  改革  (0%)  日本  (0%)  その他 (2%)  なし (33%)」
(引用終わり)

30点以下の採点者が95%もいた。その非常に厳しい採点者のなかに、33%の支持政党なしの無党派層の多くが入っている。つまり3人にひとりの無党派層がこの厳しい結果を出したともいえるので、次の選挙で野田民主党は無党派層に期待できないのである。

次の選挙では、一部の、これも鈍感な民主党支持者に頼るしかないであろう。

2位が国民の生活が第一の27%で、3位が23%の自民党である。

民主党の2%という数字は、与党だから当然というより、民主党支持者が野田のあの所信表明を批判できないようでは、もはや民主党再生は決定的に無理だという証左にもなっている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
この続きは、

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 http://bit.ly/AvYMkY でご覧いただけます。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご購読をよろしくお願いします。

なお、この号の続きは読めませんが、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 http://bit.ly/n3i2Oc 携帯用 http://bit.ly/LP86GH を2011年8月29日より、配信サイト「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ