米朝首脳会談と安倍晋三

12日、シンガポールで米朝首脳会談が行われた。世界は興奮状態にある。とりわけ日本は。

米朝首脳会談で、トランプと金正恩が署名した「米朝首脳会議合意文書」には、どこにも「拉致」の文字はなかった。

文書の内容は明らかにされていない。しかし、カメラが撮った画像分析によると、次のようなものだった。

・トランプ氏は北朝鮮の安全を保証し、金正恩氏は朝鮮半島の完全な非核化を約束する

・相互に信頼し、非核化を進める

・新しい米朝関係を築く

・平和体制の構築に努める

・4月の「板門店宣言」を再確認し、北朝鮮は非核化に努める

・両国は捕虜や行方不明兵の遺骨回収に努める

・米朝首脳会談は画期的で新しい未来を始めるものだと認識する

・ポンペオ米国務長官と北朝鮮高官がフォローする交渉をできる限り早く開く

以上である。

最初にあげた「トランプ氏は北朝鮮の安全を保証し、金正恩氏は朝鮮半島の完全な非核化を約束する」の合意が、最大の合意事項であろう。トランプと金正恩の懸念が、ここで解消されている。

新しい米朝関係は、平和体制の構築におかれる。つまり米戦争屋—安倍晋三ラインは、完全に否定された。

しかし、「よかった、よかった」はもう一日だけでいいだろう。日本にとっての米朝首脳会談の結果を考えるべきだ。

トランプは記者会見で「戦争ゲームをやめる」と語った。「二国間の新たな歴史を始め、新たな章を書く準備ができた」「戦争ゲームをやめる。膨大な量の金を節約できる」。

結構なことだ。「膨大な量の金を節約できる」とは、いかにもビジネスマンのトランプらしい発想だ。米国はそれでいいだろう。

トランプは、米朝首脳会談を「アメリカ第一主義」で貫いた。その結果のひとつが、北朝鮮の非核化の費用を日韓にもたせるというものだ。日韓といっても実質的には日本に払わせるというものである。

しかし、頭の悪い安倍晋三は、状況の未来が何もわからない。「朝鮮半島の完全な非核化に向けた、金正恩委員長の意思を改めて文書の形で確認した。このことを、北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた一歩だと支持いたします」と述べた。

十八番の「支持する」である。日本の歴代の総理は、程度の差はあれ、米国大統領のポチであるが、安倍ほどの、世界から笑われるポチは珍しい。積極的に対米隷属のポチを露出し、日本の国際的地位を貶めてきた。安倍の政治は、反日の外国人が日本破壊をやっていると考えた方が遙かに理解しやすい。

トランプの巧妙で狡猾な戦略については度々ふれてきた。もともと朝鮮半島危機は、米朝対立が原因であり、米朝問題である。それを米国は巧妙に日韓対北朝鮮の問題にすり替えてきた。

北朝鮮の核と、中国の「一帯一路」、日本の安倍晋三。これらはまさに白人にとって黄禍だ。あの白人に劣った黄色人種たちが、極東でにらみ合っている。

そして戦争をやりかねない。金正恩も安倍晋三もきわめて好戦的で、危険だ。それだったら米国が間に入って仲介してもよい。その代わり、北朝鮮の非核化にかかる費用は、日韓にもたせよう。米国はカネは出さない。

安倍晋三は何もわからず、その罠に簡単にはめられてしまった。拳を振り上げ、北朝鮮に向かっての進軍ラッパを吹き鳴らし続けたのである。トランプは大笑いしていたのだろう。

その結果は、北朝鮮の非核化費用を日韓にもたせるという結末になった。

また、トランプは、「安倍首相にとって(拉致問題は)重要な問題だ。(金正恩氏に)提起した。合意文書には盛り込まれなかったが、今後協議する」と述べた。もともと拉致問題は国家主権侵害の問題であり、日本が解決して行くべき問題である。それを他国のトップに頼むというのは非常識である。まったく政治家としての見識を欠き、民族の誇りを失った姿勢だ。

当然、当事者が解決すべき問題としてボールは安倍に投げ返された。

アホぼん三世総理のもと、今後の日本は、ただ米中と南北朝鮮にカネをむしり取られるだけの白痴ATMになりそうだ。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

メルマガの一部の紹介はここまでです。

申し訳ありません。ぜひ有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』の購読をご検討ください。

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

・・・・・・・・・━━━━━━☆