アホノミクスは、日本の99%が不幸になるばかりの信用詐欺だった。

消費税増税は、法人税減税と米国製兵器の購入などに使われている。円安は、ドル防衛のためのドル高のためだった。

輸入価格高騰と自衛隊の傭兵で、国民の生命財産を、米国グローバル大企業とヘッジファンドに貢ぐ。これらの正体を隠すスピンが、アホノミクスの株価高騰だった。

現在の株高は、実体経済を反映していない。国民の大切な年金資金と日銀の資金投入によって政治操作された官製相場だった。

8月26日、株価は急反発し、前日より570円高で引けた。この日の午前中、米国から急の電話会談の申し入れがあり、約40分間、オバマと安倍とが話し合っている。ここで、公的資金を投入して株暴落を東京で止めろ、という指示が入ったのである。

オバマとしては、ドル防衛のためにどうしても利上げをやりたい。そのためには米国の株価を落ち着かせなければならない。それで植民地の年金を棄損してでも株価を落ち着かせようとしたのだろう。

メディアの扱い方が面白い。株価が下げては青ざめ、上がっては喜ぶ。単純なものである。おそらく高給なので大方が株を買っているのだろう。

しかし、米日ともデフォルト直前。明日無き宴に酔っているのにすぎない。ともに政治相場・官製相場であり、やってはいけないことをやっているのは同じだ。「今だけ、金だけ、自分だけ」の政治が続いている。

仕手戦を見れば分かるように、株は、かりに業績が悪くても大量の買いが入れば上がる。逆に売り浴びせれば下がる。アホノミクスの場合、政策の成功偽装のために、公的資金が投入されるのだから、上がるのは当たり前だ。実体経済を反映したものではない。

問題は、いつまでこれを続けるのかということだ。これは公的資金の投入をやめた途端、ヘッジファンドは売り浴びせて去っていくから、大暴落する。それが恐いので、よほどしっかりした大物の首相が出てこないとやめることができない。

しかし、そんな人材は、もう自民党(米国恐喝ビジネスのカモ)にはいない。官僚も自民党も公明党も、「今だけ、金だけ、自分だけ」の政治をやっているのである。

だから犬HKなどは、政府広告・広報機関として、見せかけのアホノミクスの成功例として株高に取り組む。巧みに株購入を勧める。おそらく職員も買っているのだと思われるが。

株暴落の状況に、こんなツイートが目についた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

「岩上安身

暴落のツケを戦争でごまかす、という展開だけは勘弁してもらいたい、本当に。RT @komatsunotsuma: 世界株安止まらず 東証895円安、上海も8%超下落。

ジョージ

これはアベノミクスに関する経済面での究極の安倍晋三批判だと思うんだけど、リツイートが56ってどういう事!?
漫画なのに意味がわかんないんだ。ヤバいよ! 日本の人!

S ・Kuroda

この1週間で株に投入された年金資金が9兆円も目減りしたよ。また国民の財産を米中の金融魔に提供した安倍ちゃん。安保法制でガチャガチャしてる間に、次は郵貯とJAの資金を使うよ!

非自公民の脱原発に一票(しろ)

世界同時株暴落で阿鼻叫喚⇒安倍首相「四半世紀ぶりの良好な経済状況を達成しつつある」「デフレではない状況に」
日経株暴落した日にB・ジョークか。マスコミは「年金でギャンブル失敗」を報道しろ!

Hironobu SUZUKI

株価が暴落すると一番傷つくのが株価を上げるために一番使われた年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)だけど、国家公務員共済組合連合会、地方公務員共済組合連合会、日本私立学校振興・共済事業団も政権からの要請でポートフォーリオを変えて株比率を増やしたので以前より脆弱になっているよ

犬HKは、今回の暴落で、大損した者たちも、1%の富裕層であり、ほんとうは、株をやっていない99%の国民の年金が棄損されたことの方が致命的だった事実を伝えるべきだ。

ところが、安倍晋三を怖がって、中国を悪者にし、米日とも経済には問題がないといった嘘を振りまいている。今回の世界同時株暴落の最大の原因は、米国の利上げ予測である。

(以下、長いのでメルマガの一部だけ公開します。

有料メルマガのお申し込みはこちらからです。
週3回(月・水・金)の定期配信です。それに、ほぼ週1回の臨時増刊号を加えています。(実質、ほぼ週4回になります)
初回お申し込みの、当月は無料です)


(無料メルマガのお申し込みはこちらからです。ほぼ日曜日ごとの、週1回の配信です)

8月25日、夕方になって「生活の党と山本太郎となかまたち」の、山本太郎の質疑があった。珍しく犬HKが放映した。しかし、途中で打ち切るにちがいないという思いは、時間とともに強くなった。

なぜなら山本太郎が、米国の戦争犯罪を採り上げたからだ。

犬HKは、日本最強の、大本営発表伝達の愚民育成機関である。その功績の見返りが、会長の年収が3092万円、職員の平均年収が1780万円だ。これは破格の高給であり、学校の校長や警察の署長でも足元にも及ばない。

非正規労働者2000万人の平均年収は168万円であり、年金生活者3000万人の年金は年額50万円だ。

犬HKは、自分たちの優雅な生活を守るために、日夜、政府の広告・広報に努めるのである。

しかし、その正体は米国のメディアだと捉えた方が、より剴切だ。

米国は、日本支配を(1)官僚(とりわけ法務官僚、そのなかの東京地検)と、(2)東京の大手(「記者クラブ」)メディア(とりわけ犬HK)を使うことによって実現している。

ブログランキング・にほんブログ村へ

東京の大手(「記者クラブ」)メディアにとっては、政府批判以上に米国批判はタブーである。それで、国会中継とはいえ、とにかく山本太郎の質疑を放映したくない。打ち切りたい。18時になると、待ってましたとばかり打ち切った。

この姿勢は、犬HKのすべての放送に貫かれているものだ。7時のニュースにはさらに露骨に現れていた。国会の質疑の模様を放映しながら、山本太郎の質疑は放映しなかった。これは巧妙で、あとで文句をいわれないために社民党の福島瑞穂の質疑も併せてカットしていた。

カットした後、放映したのが東急の運転見合わせのニュースだった。しかもツイッターにはその情報が流れていると解説するあたり、いじましいとしか言いようがない。

共産党を放映しているのは、野党の分断工作である。卑劣で、さもしいのだ。

山本太郎のこの質疑も、なかなかによかった。まだご覧になっていない購読者のために、リンクを張っておく。

「山本太郎8/25「総理との一騎打ち 」【全19分】」

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ