状況への呟き

(今日は、2月27日・28日のツイートをまとめました。
文章はブログ用に加筆・編集してあります。
また、「状況への呟き」では、ここで新たに作った呟きを入れることがあります。

投稿サイト、あるいはご自分のブログへの引用・転載等は、ご自由にどうぞ。

投稿サイト『阿修羅』などに、上手わたしのツイートを編集して投稿してくださる篤厚の方がいて、1位にランクされているのを何度も見たことがあります。
また、ブログ『晴耕雨読』に、ツイートをうまく編集して掲載していただいております。
感謝しております)

2月27日

核を欲しがる安倍らの試みは、決して満たされることはないだろう。むしろ3.11に仕掛けられた罠のように、国家破綻に導かれる。
3.11の後、米国の他に、新しくイスラエルにも支配されるようになったのは、日本が原爆など欲しがるからだ。米国もイスラエルも日本に原爆を与えることはしない。

日本に原爆を与えない(与える)ということが、米国・イスラエルの世界戦略のカードになってしまっている。
中韓を初め、世界のどの国も日本の核武装を欲していない。
日本の場合、その幼稚で劣化した政治のために、実際に使うという可能性が高いからだ。

日本に核兵器を与えてしまえば、米国・イスラエルのカードは消える。だから日本に核兵器を与えることはしないのだ。
そのことで世界の、とりわけ中国との関係が築ける。また、日本を永久に米国に頼らせ、日本の国富を収奪できる。
島津論文の、米国から持ち出され、日本に引き渡す筈の核弾頭を、イスラエルがかすめ取ったという話は、最初からの米国・イスラエル間の出来レースだろう。

最初から米国もイスラエルも日本に核兵器を与えるつもりはない。
島津論文の安倍は、まんまと米・イスラエルにだまされたのである。
核を欲しがるから、核でもてあそばれ、カードとして利用され、だまされるのだ。
日本は、核廃絶の道を進むべきだ。劣化し、無責任で、持てば管理ができない政治文化には、それが一番いい。

核に対して、今後、日本が進むべき道は、世界に対して核廃絶を求める道だ。
もちろん米国にも要求する。これが広島・長崎の死者と連帯する道だ。
これが一番賢い政治である。
核を持とうとする限り、核保有国の邪悪に利用される。それと交渉する力が日本にはない。3.11がその証拠だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

現在の危機的な状況に抵抗し、打開していくには、ひとつは日本民族をよく知らなければならない。
「敵を知り己を知らば百戦危うからず」というではないか。
普通に反戦など叫んでいたことには、必ず負ける。
見本民族が、ものごとを深く考えず、ただ空気を感覚的に察して、長いものには巻かれろと、権力に迎合する。
この民族のDNAを知らしめ、批判しなければならない。

「国民はお客様です」でいくと、戦前と同じだ。
戦前の左翼・知識人はそうやって負けた。
国民は、誰からも批判されることがない。自分はエライ人間だと犬HKに洗脳されている。
「東條さん、ありがとう」といわされているうちに原爆を落とされた。
批判されると、大抵は怒るが、なかに覚醒する人がいる。

戦前・戦中の日本は、新聞とラジオと映画で、徹底的に国民を洗脳していった。
戦後、GHQも新聞・ラジオ・映画で、日本国民に自虐史観を植え付けていった。
自民党や右翼が、日教組を目の敵にするが、自虐史観を日本に植え付けたのはGHQなのである。
その意味では、自虐的なのは、米国を批判できない自民党や右翼なのだ。

日本は多神教の国である。そのため、マッカーサーさえ日本民族のキリスト教徒化ができなかった。
この多神教は、戒律はもちろん、理念や原則への極端な軽視を生んでいる。
それが、権力へ隷属する精神を生んでいる。
日本民族には、理念や哲学などはどうでもいいのだ。同調する現世利益が大切なのである。

現在の戦争に向かう状況に抗したい。
そのためには、日本民族がいったいどのような民族かを知っておくことが大切だ。
そうでないと、皮相な左翼の、あるいは反戦の戦略で闘うことになるからだ。
日本民族は極端に権力に弱い民族だ。
それは、現在の東京の大手メディアが、安倍批判を自粛する姿にも現れている。
権力に弱い己を、日本国民は自覚しなければならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ