状況への呟き

(今日は、1月6日のツイートをまとめました。
文章はブログ用に加筆・編集してあります。
また、「状況への呟き」では、ここで新たに作った呟きを入れることがあります。

投稿サイト、あるいはご自分のブログへの引用・転載等は、ご自由にどうぞ。
投稿サイト『阿修羅』などに、上手わたしのツイートを編集して投稿してくださる篤厚の方がいらして、1位にランクされているのを何度も見たことがあります。
また、ブログ『晴耕雨読』に、ツイートをうまく編集して掲載していただいております。
感謝しております)

2015年1月6日

犬HKの大河ドラマ「花燃ゆ」が、安倍晋三のお膝元山口を舞台に進む。これだと、次の首相も「おれの故郷を舞台に撮れや」と言い出しかねない。何しろ地元への経済効果が大きい。首相の権勢を見せつけることにもなる。
以前から犬HKはそうであったが、まだ、たしなみがあった。
現在の犬HKは、北朝鮮の国営放送より露骨で悪質である。なぜなら、民主主義を装い、ときには「権力の監視」などを口にし、北朝鮮などより遙かにスマートに国民をだまし、洗脳・誘導しているからだ。
政府と犬HKとの関係は、今やまさに飼い主と番犬の関係だ。

今後の新冷戦は、米露の対決を巡って展開する。ポチ国家としては、日本に選択の幅はない。経済同様にイデオロギーも米国と心中することになる。
中国が経済的にロシアを助けるので、米国の経済制裁は思惑通りに進んでいない。ドイツ(EU)、アラブ首長国連邦と、米国離れを模索している国も注視する必要がある。両国ともロシア・中国に接近している。
今や日本の国際的地位の低下は、この種の問題については関心すらもたれない。日本が関心を集めるのは放射能汚染だけだ。日本国民は、そのことすら知らない。

死の商人国家としての日本は、今後、
(1)融資してまで武器を買わせる
(2)外国の兵士訓練をやる
(3)戦争を仕掛ける
(4)相手国の富を略奪する
といった4段階で堕落していくものと思われる。
戦争なくしては食べていけない国になる。
米国による、日本改造のひとつの達成である。

軍事国家を深化させる世相というのは、無知・無思考・無責任に彩られた世相である。けっして知的で、自由で、国民が豊かな世界ではない。
政治家を含めて、行き着く果てがどうなるのか、まったく想像力がない。考えようとすらしていない。
金があって、今の自分が遊べたら、他人など、どうなってもいいとしている。
本質的におバカの世相だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

安倍晋三が、経営者に、法人税引き下げの見返りに賃上げへの協力を求めた。
わが国は異様な国になっている。株価も官製なら、賃上げも官製だ。
賃上げは、実体経済をベースに労組と経営者の交渉で決まる。それを、株価をあげている安倍が、支持率アップのために賃上げを頼む。
今に国民の人生も官製になる。その究極は、戦争で殺される人生である。
全てが狂って展開している。
国のトップが狂った少年だからだ。

米国務省のサキ報道官が、5日の記者会見で、安倍が戦後70年談話の発表を予定していることに関し「村山と河野談話の謝罪は、日本が近隣諸国との関係改善の重要な1章」と述べた。
こういわれると、すぐに引っ込むのが安倍晋三。けっしてナショナリストではない。正体は、弱肉強食の新自由主義者で、グローバリストである。
戦争中にやったことはやったと認めないと、バカにされるだけだ。
ドイツと日本との違いは、明確だ。ドイツは反省して平和国家を目指している。その結論が「ポスト欧米同盟外交」だ。戦争をし続ける米国から、軸足を明確に中国・ロシアに移しだした。
日本は反省しなかったので、今や集団的自衛権の行使で、米国の傭兵化し、中国を敵視し、外国に攻め入ろうとしている。

福島第1原発事件以後の日本には、チェルノブイリ原発事故に学び、ロシア(ウクライナ)の支援を仰ぐという正攻法の途があった。
しかし、日本がとった途は、米国の指示にしたがって再稼働に突き進む途だった。
植民地の実態が、民族を幸せにしないのである。

日本の既得権益支配層は原爆をもちたがっている。しかし、日本は原発も原爆ももたない方がいい。
原発も原爆も、日本は作ることはできる。しかし、管理はできない。理由は、日本で、もっとも劣化した政治の世界が、その管理に関係するからだ。
原発ですでにそれが証明された。
原爆もそうなる。作ったものの、管理ができず、自国で爆発させたり、最悪の場合、実際に他国に使用したりするだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ