このページは、2017年7月25日に更新しました。

『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

漱石漱石

日本の政治ほど浅ましい政治はないですね。国会が愚か者の住処になってきました。政権から、総理の犯罪を隠すために道義が失われています。誰もが安倍晋三が加計孝太郎に便宜を図ったと知りながら、真実に頰かぶりしています。それで政権を失ってもかまわないかのようです。

このページの要旨

不良政治家たちを正すにはレコーダーが必要である、といわれ始めた。
人間の脳で、もっとも優れているのは直線的な記憶力ではない。
つまりレコーダーに化すことではない。
脳はその場の言葉に留まらずに放射思考する。
脳は、連想し、創造し、記憶する。
これを菅義偉の記者会見で、望月衣塑子(いそこ)が実践している。
国会も「いった、いわない」の、最高のレベルがレコーダーの水準に劣化している。
この最大の原因は安倍晋三という権力者の無能にある。

蓮舫が、岡田、安住、枝野、前原と次の幹事長を打診する。
蓮舫は、憐れなほど何もわかっていない。
国民はなぜ民進党を嫌い、許さないのか。
それは、せっかく政権を与えてやったのに、マニフェストとは真逆のことをやった。見事に国民を裏切り、政権返上の愚かで卑屈な自爆解散までやってのけ、今日の政治の惨状を作ったからだ。
小沢一郎は政権交代を果たすために、すなわち国民のためにおのれを捨てて代表を退いた。
蓮舫は、小さいので自民党の期待に応えて代表のイスにしがみつく。
蓮舫が代表を辞めない限り、衆議院選挙での民進党惨敗は決まったも同じだ。

芥川芥川

政治家が小さくなってしまいました。安倍晋三は支持率が落ちて、はじめて謙虚さを繕っています。つまり、この国では、物語としての支持率を作ってきた東京の大手メディアが、国民の不幸をも作ってきたのです。それでも選挙で負け続けるので、あわてて支持率を下げはじめ、安倍晋三も謙虚さを偽装しはじめたのです。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

1 レコーダーの水準に堕ちていく日本政治

『朝日新聞デジタル』(2017年7月21日)にこんな記事が載っていた。

加計学園問題の国会審議で空費された時間の内訳

学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐる国会審議で、事実と異なる説明をしたり確認を拒み続けたりするなど、政府側の対応が原因で少なくとも14時間が空費されたことが朝日新聞の調べでわかった。
国会審議の2日分に相当する長さ。
真相解明に後ろ向きな政府の姿勢を映した形だ。

24、25日には衆参両院の予算委員会で首相が出席する閉会中審査がある。
「せっかく開くなら国民が『分かった』と納得してもらうまで説明する」と自民党幹部に話した安倍晋三首相の答弁が改めて問われる。

「総理のご意向」などと記された文部科学省の内部文書の存在を朝日新聞が特報した5月17日から、首相外遊中に閉会中審査があった7月10日まで、加計学園問題を担当する内閣府、文科省、農林水産省と関係が深い衆参の計10委員会を対象に審議内容を調べ、質疑と答弁の時間を集計した。

政府の事実と異なる説明が発端で空費されたのは、9時間3分。
大半を占めたのが、「総理のご意向」文書の存否や内容をめぐるやり取りだった。
政府は当初、「怪文書のようなもの」(菅義偉官房長官)とその存在を否定したため、再調査結果をもとに存在を認め、首相が反省を口にした6月16日の審議を含めて7時間44分が空費された。

(中略)

学園は首相の友人が理事長を務めており、首相との関係が最初に問われた3月8日の衆院文科委員会までさかのぼれば、空費された時間はさらに増える。加計審議、14時間空費 文書の存在否定・食い違う見解)(南彰))

加計学園問題の国会審議で空費された時間。
なぜ空費されたのか。

政権が、総理の犯罪をうそで隠蔽するからだ。

記録がない、と逃げ、野党に記録を突きつけられると、怪文書と逃げる。
怪文書でなかったことがわかると、記憶がない、と今度は記録の恣意性に言及して逃げる。

「勝手に官僚あるいは相手が恣意的に作った主観的な記録、自分の記憶のなかではそんなつもりでいっていなかった、記録に瑕疵がある」。
これが現在のバカ国会の到達点である。

そこでこの不良政治家たちを正すにはレコーダーが必要である、といわれ始めた。

これは確かに有効であるが、実は政治のレベルがレコーダーのレベルに劣化したことを物語るものなのである。

人間の脳で、もっとも優れているのは直線的な記憶力ではない。
つまりレコーダーに化すことではない。
脳はその場の言葉に留まらずに放射思考する。
脳は、連想し、創造し、記憶する。

これを「問題ないおじさん」の菅義偉の記者会見で、望月衣塑子(いそこ)が実践している。
彼女は菅義偉の話を聞き、放射思考し、連想し、質問する。
逃げる菅義偉が放つ言葉こそが、「退屈」であり、「時間の空費」であり、「機械的」なのだ。

菅義偉は、記者会見から考える脳を奪い、死せる眠り病の世界にしたい。
提灯記者たちが、政府の広報に努め、レコーダーのようにパソコンの早打ち競争に邁進する。
そして翌日の新聞・テレビが政府の広報に務めてくれる。
これが「問題ないおじさん」の理想なのだ。

国会も「いった、いわない」の、最高のレベルがレコーダーの水準に劣化している。
この最大の原因は安倍晋三という権力者の無能にある。

公私のけじめがつかないから、権力者になったとたん、閣僚をオトモダチで固め、オトモダチへの大判振る舞いをはじめた。
なんと幼稚な世界なのだろう。
立憲主義とは、政府権力の暴走を防ぐために、政府権力を憲法で制限する原則のことである。
政府権力は、国民を守るために、権力分立の原則に立つ憲法に基づいて政治を行わねばならない。
ところが安倍はそのことすら知らなかった。

だから森友・加計学園事件を起こし、官邸お抱えレイピスト山口敬之の「準強姦」もみ消し事件まで起こした。

加計学園事件の国会審議で、政府側の対応が原因で少なくとも14時間が空費されたという。
国会審議の2日分に相当するが、1日の国会審議で3億円、計算の仕方によっては4億円が費やされるから、総理の犯罪隠蔽のために、6億から8億のカネがドブに捨てられたのである。

2 党を滅ぼす安倍・蓮舫

24、25日の閉会中審査も結果はすでに明確だ。
同じメンバーがやるのだから、「いった、いわない」「記録も記憶もない」で終わるのだろう。
あまりにレベルが低すぎて唖然とする。

この劣化した政治は、自民党、民進党とも同じであるところに深刻さはある。
カメラの前では民進党が正義を背負っているが、振り返ってみると、民進党が獲得した成果はほとんどない。
森友・加計学園事件の核心部分を剔抉したのは、籠池泰典であり、前川喜平であり、日本獣医師会である。

劣化した日本政治について、こんなツイートが目についた。

平野浩‏

民進党蓮舫代表は野田幹事長を交代させることを決断。
まず、岡田前代表に要請し、断られている。
続いて、安住代表代行、枝野前幹事長、前原元外相にも声をかけ、次々と断られている。
この代表は全くわかっていない。
その名前ではダメだということを。
彼らが民進党を壊した戦犯だからだ。

壺井須美子

@qi5yohei 蓮舫を選択するのは民進党の自由です。
敗戦と野田を幹事長にした責任もとらず、国籍問題で多くの国民が納得しているとは言えない蓮舫を、差別と人権のシンボルとして祭り上げても、それで民進党が政権を担う国民政党と、国民から認知されるとは思えない。
小沢さんは無実なのに政権をとるために代表を退いた。

きむらゆい‏

金曜プレミアム(2)
隠し撮り密着取材した後、議員たちに直撃し、視察について質問するも殆ど応えられず。
今後も密着取材すると言う。
みんな同じ報告書を出したり、これまでも告発されてきた視察旅行と言う名の単なる豪遊。
是非国会議員の豪遊に密着してほしいものです。

とどまるところを知らぬ政治の劣化。
世襲と、飯を食うための成り上がりの政治。
慣習化している税金を使った豪遊。
それを隠し撮りされて、取材されたときの狼狽ぶり。
「視察」とは名ばかり、政治家たちが「視察」先の名前すらいえない。

それにしても動画ににじみ出る暗愚な印象は、ビデオを消したくなるほどの酷さだ。

蓮舫が、岡田、安住、枝野、前原と次の幹事長を打診する。
蓮舫は、憐れなほど何もわかっていない。
これでは野田を代える意味がない。

国民はなぜ民進党を嫌い、許さないのか。
それは、せっかく政権を与えてやったのに、マニフェストとは真逆のことをやった。見事に国民を裏切り、政権返上の愚かで卑屈な自爆解散までやってのけ、今日の政治の惨状を作ったからだ。

そのA級戦犯たちは、最初こそ温和しく息を潜めていたが、すぐに前面に出てきた。またぞろ野田―蓮舫―山井の自民党補完スシ友体制を作った。
それへの国民の答えが都議選での惨敗である。

小沢一郎は政権交代を果たすために、すなわち国民のためにおのれを捨てて代表を退いた。
蓮舫は、小さいので自民党の期待に応えて代表のイスにしがみつく。
体制を維持しようとする。
蓮舫が代表を辞めない限り、衆議院選挙での民進党惨敗は決まったも同じだ。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

与謝野晶子与謝野晶子

そうです。
何を書くか、よりも、誰が書くか、ですね。
どんな位置にいる、誰が書くか、が大切なのです。
それは、ほんとうのことを言えるかどうかの違いになってきます。
この位置は、競合する表現者には同じステージで真似できない強みになるのですね。
「こんにちは! 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します」って、それだけ? あいかわらずぶっきらぼうですね。
若い人たちは、あなたのことを何も知らないのだから、もっときちんと自己紹介しなくちゃ。
せっかく「プロフィール」を書いているのだから、リンクを張っておきますね。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

太宰太宰

わかりやすいというのは、論理的ということね。
その論理も、説得する論理ではなく、納得させる論理でなければいけないのだろう。
それでどうしてもある程度の長さが必要になる。
ぼくが長編を書いたのも、そのためさ。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO