状況への呟き

(12月28日のツイートをまとめました。
文章はブログ用に加筆・編集してあります。
また、「状況への呟き」では、ここで新たに作った呟きを入れることがあります。

投稿サイト、あるいはご自分のブログへの引用・転載等は、ご自由にどうぞ。
投稿サイト『阿修羅』などに、上手わたしのツイートを編集して投稿してくださる篤厚の方がいらして、1位にランクされているのを何度も見たことがあります。
また、ブログ『晴耕雨読』に、ツイートをうまく編集して掲載していただいております。
感謝しております)

12月28日

日本には、他の誰がやっても構わないし、関心さえもたれないが、小沢一郎がやるとスイッチが入って目の色を変える人たちがいる。
それだけ小沢一郎は、どんなに小さな政党になっても、政界に存在すること自体が恐怖を与える存在なのだ。なかには安全証明のために、小沢批判をする左翼までいる。
皆さんと同じ、既得権益支配層側の、安全な左翼というわけだ。

新党「生活の党と山本太郎となかまたち」が大騒ぎになっている。
その「生活の党と山本太郎となかまたち」というネーミングと政党交付金(政党助成金)の問題。大いに議論したらいい。
ただ、党名については、わたしはなかなかセンスがいいと評価している。
わたしたちは、様々なドクサ(根拠のない思いなし)に囲まれて生きている。いつの間にか党名は、自民党や民主党がドクサとしてすり込まれ、このバリエーションでなければならないと信じ込まされているのだ。このドクサを揺さぶり、引っかき回し、新たなものを生み出すのが革命なのである。

この1年の日本の没落ぶりがひどい。安倍は、もはやオバマに会ってさえもらえない。安倍の相手は副大統領がすることになっている。
国のトップが、日本破壊に執念を燃やしたにしても、ここまで堕ちるのか。しかもすでに得権益支配層は何もいわない。なぜ太平洋戦争が起きたのか、よくわかった1年だった。

全有権者の約25%の支持で、約70%の議席の確保。つまり現在の政権は少数支配で権力を握っている。
低投票率の組織選挙。これしか勝算がないとなれば、追い詰められた政権だといっていい。その焦りが、年末の、低投票率が期待できる解散総選挙になった。
これほど劣化した政権はない。

本質的に少数支配の、追い詰められた権力。それがなりふり構わずに戦争にこの国を追い込んでいく。
「戦争のできる国」という。戦争がいいことのように聞こえる、愚かな表現である。「人殺しのできる国」といった方が、ことの本質がよくわかる。
戦争には相手がある。日本も相手の原発を狙うだろうが、相手国も日本の原発を攻撃する。
日本は複数の原発をやられて確実に滅びる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

集団的自衛権行使で、いよいよ日本が戦争を始める。この戦争は、実質的には米国に要請されて始まる、必然性なき、必要性なき戦争になる。
したがって報復のテロも想定される。日本の国民性から推して、一挙に憎悪の火が付くだろう。ますます国際的地位は低下する。孤立を深めることになる。

集団的自衛権が行使されれば、米兵と同様にPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ兵士が出てくる。
世界で若者の自殺者がもっとも多い日本は、その不名誉な記録をさらに高めるだろう。そればかりではない。もっとも深刻な問題は、米国と同様に戦争で食っていく国に、日本が堕落することだ。

これまでイラクの場合は、殉職した兵士に最大で1億円給付となっていた。かりに7,8000万平均だとして、安い命になる。
何のために生まれてきたのか。人生で、必然性なき、偶然の、意味のない死ほど悔やまれるものはない。これからの日本兵の死はそうなる。
待っているのは、米国の傭兵としての死、日米の軍需産業のための死だ。

日本政府を、よほどのバカだと見ている米国は、これから日本単独での戦争を指示してくるだろう。米国が介入せずにすむ南シナ海。そして中東。この扇動に抵抗できるほどの利口さは、日本政府にはない。乗せられて単独で戦争を始めるにちがいない。
米軍産複合体は大喜びする。米国の若者は死なずに、大儲けできる。これが、将来の見取り図だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ