今日のメルマガは、三宅洋平が、安倍首相夫人の昭恵と会った件を採り上げる。

この件については、わたしは書かずにすますつもりだった。しかし、わたしが思っていた以上に深刻な事態になっている。

わたしがそれを認識したのは、『カレイドスコープ』に三宅洋平批判が載ったためである。

本性が露呈された小池百合子と選挙パフォーマー三宅洋平

『カレイドスコープ』は人気があり、かつ影響力もある。わたしが重視しているブログのひとつである。ここはひとつ、わたしのこの問題への考え方を、三宅から離れていった支持者たちと三宅洋平本人に伝えておく必要を感じたのである。

そのことだけを書くつもりだったが、ポケモンGOの配信が始まり、いきなりこの国はポケモンGOに席巻されてしまった。中心になってやっているのは大人たちである。それでポケモンGOと三宅洋平の件のふたつを採り上げることにした。

ポケモンGOが世界を席巻している。

(ワン・ワールドに向けた99%の家畜化は深まる)
(ワン・ワールドに向けた99%の家畜化は深まる)

すでに永田町ではゲームに熱中しながら、これも仕事の一部と低能ぶりを発揮する議員まで出てくる始末。たかがゲームじゃないか、目くじら立てることもあるまい、といった瞬間、その人はイルミナティストの国際銀行家たちの愚民化に飲み込まれていく。

「啓 (都知事には鳥越俊太郎氏!)

今この時間にも関わらず、普段歩いてる通りにやたら人が集まっていて(この時間帯でこんなにいたことはない)、しかも皆手にはスマホを持ち画面に集中している。まさか…と思い通り際チラッと画面を見たら”ポケモンGO”の画面だった。はまってるのは大人ばかりのようで…異様な光景だよ…

この光景が日本中に繰り広げられている。ポケモンGOでは自民党本部を「永遠の与党」と表示する。ということは野党第一党の民進党は必然的に「永遠の野党」になる。実際、万年野党に貶めたいゲーム作成者は、民進党の入居するビルの名前を「MIYAKEZAKA BUILDING MURAL」(三宅坂ビル)と表示する。民進党を無名のままにしておきたいので、党名は表示しないことにした。

(自民党が「永遠の与党」なら民進党は必然的に「永遠の野党」になる。民進党は抗議しないらしい。この政党は日本人を知らないし、ポケモンGOの政治性も知らないのである)
(自民党が「永遠の与党」なら民進党は必然的に「永遠の野党」になる。民進党は抗議しないらしい。この政党は日本人を知らないし、ポケモンGOの政治性も知らないのである)

これに対して、民進党は抗議しない。刷り込み(洗脳)の意味がわかっていないし、権力の何たるかもわかっていないのである。民進党のこの姿勢に、なるほど自民党を「永遠の与党」とする作成者の判断が正しかったことがわかる。

たかがゲームじゃないか、といった判断は、たかがテレビじゃないか、という認識と同じだ。そのテレビが絶えざる愚民化に努めた結果、99%を貧困と戦争に向かわせ、ポケモンGOに熱中する国会議員と国民を生んだ。

ワン・ワールド政府の樹立には、奴隷化した99%が必要だ。そのための武器として新聞とテレビがタヴィストック洗脳研究所(日本の場合は電通・博報堂)の支配下におかれた。ネットの発達とともに、表現の締め付けが進んでいる。

他方、世界の支配層は、支配ツールとしてのスマホにポケモンGOを配信した。ポケモンGOを知らない人は、次のふたつの動画で十分認識できる。

【ポケモンGO】1時間やってみた正直な感想。
(7月24日の午前中で59万回も見られている。実に整理された正直な感想で、面白い)

ポケモンGO // イルミナティのマトリックス(ポケモンGOを深部で捉えた見方である)

現在の日本の状況は、沖縄県東村高江のヘリパッド建設反対運動への攻撃と、状況のスピンとして機能するポケモンGOとが絡み合っている。

いくつかのツイートを紹介する。なお絵文字、顔文字などは、メルマガで文字化けするので、割愛してある。

「Osamu Tomori

高江への派遣が予想される機動隊500人という数の衝撃は、高江地区の人口150人に比してだけでなく、琉球王国の暴力的併合(いわゆる「(処分」)の最終段階として1879年3月に日本側から派遣された武力が460人(軍隊300、警察160)という史実と比べたときにさらにくっきりする。

【沖縄・高江】7/22 
こうやって殺すんだよ! こうやって殺すんだよ!
「なにやってる? 死ぬでしょ!」
山城博治「警察の暴力に心が折れ、街宣車の上であれだけの暴力を振るうことができるのか、怖ろしさと仲間たちの姿に胸が張り裂けそうに」

比嘉まりん

沖縄県豊見城市長。ポケモンやるのもいいし、自由だけど業務時間にやる首長ってどうなの。他にやる事ないの? 5時半まで待てないって子供? ポケモンやる前に高江の事、沖縄の政治家の一人として意見したらどうなの。

岩上安身

忘れてはならないこと。機動隊員たちは命令に従っている、ということ。命令を下したのは安倍政権である。ゴルフ三昧の安倍総理が自身で言う通り、「最高責任者」である。RT@sekilalazowie 明らかに3発殴ってる。この若造、犯罪者。

ここあ

16/7/22
高江N1ゲート前。
機動隊にロープで首絞められて殺されかけて救急搬送される。
これのどこが「沖縄の負担軽減」なのか、直接説明しに来てよ、あべさん。
ゴルフしてる場合じゃないですわ。
負担軽減しに来てよ。

名もなき投資家

【怖い】
ポケモンGO。自民党を「永遠の与党」に認定
「国家緊急事態条項」発動を見越してのことでしょうか。

※国家緊急事態条項発動すると国会議員は半永久的に現在の地位を確保できることになります(憲法停止で選挙が行われない)

澤田愛子

沖縄高江で自分達の命や暮らしを守る為にお年寄りらが危険をおして機動隊と対決しているときに、安倍首相は山梨の鳴沢村でのんびりと夏休みだそうだ。ゴルフ三昧の日々だろう。一方、高江ではおばあやおじいが機動隊員から首を絞められ病院に担ぎ込まれている。冷酷非情な安倍氏の姿勢がよく出ている。

六本木タツヤ(Tony Roppon)

中2史観の持ち主なら、「フクロウは13でフリーメイソンの象徴」ということは常識ですよね。
ポケモンのファンなら「主人公・サトシの名前の由来は、ポケモン開発者の田尻智氏」と誰でも知っている、くらいの常識です。

Chiezo

20日のインタファクス通信によると、ロシア下院の共産党議員は、ポケモンGOが最先端の戦争で米国を利するために使われ、利用者のスマートフォンの撮影情報がスパイに悪用され得ると主張。連邦保安局(FSB)に国内配信を禁止するよう文書で要求した。

FSB元将校も特殊機関にとり怪しまれず、情報集められる理想的計画との見方。ロシア消費者権利保護・福祉監督庁は、20日、ポケモンgo心理的影響について学者見解を聞き、近く勧告を出す見通し。プーチン政権この勧告に基づき禁止か決める可能性。ロシアで配信なし(共同)」

高江の情報よりも圧倒的にポケモンGOの情報が多い。また、都知事選の投票率も落ちるかもしれない。これはきわめて象徴的である。これからの日本では、あらゆる政治問題のスピンとして、さらに一層の愚民化ツールとしてポケモンGOは機能していくだろう。

さて、三宅洋平が安倍昭恵と会ったのは7月17日である。昭恵が11日のFBで三宅洋平に面会を呼びかけた。

安倍昭恵は三宅に会った後、次のようにFBに投稿した。

「安倍昭恵
先週の日曜日.

三宅洋平さんと会いました
場所は「たまにはTSUKIでも眺めましょ」。

段取りしてくれたのは、最近私が入れ込んでいる竹あかりのちかけんのちかおと、選挙中に自由が丘で私が朝日けんたろうの応援に行った際に、三宅洋平応援で来ていて、話しかけてくれた、てんつくマンさん。

みんな繋がってて、本当はみんな仲良くなれるはず。

話せば意見が違うところも勿論ある。
でも、夫婦でも、恋人でも、家族の中でも、学校の中でも、会社の中でも、地域の中でも、全ての人が同じ考え方の社会はあり得ない。

みんなちがって、みんないい。

なんで多くの人が、三宅洋平を熱烈に支持するのか、わかったような気がします。

ここから何かが始まるかも・・・」

「みんな繋がってて、本当はみんな仲良くなれるはず」「みんなちがって、みんないい」は、恵まれた秩序を固定したい1%の言葉だ。99%は繋がりを絶たれ、1%からのトリクルダウンもなく、99%は不幸で1%だけがいい、格差社会の進捗が日本の状況だ。

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

優れた情報と、状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。