今年を振り返ると、政治状況の中心には、当然のことながら安倍晋三がいる。その安倍政治の特徴は、以下の8点のように思われる。

1 対米隷属

2 徹底した金持ち優遇政策(社会的弱者の切り捨て)

3 中国敵視

4 軍事国家の建設

5 福島第1原発事件に対する無為無策

6 だましの政治

7 少数派による日本統治

8 メディア支配

ブログランキング・にほんブログ村へ

こうしてみてくると、まず、「1」の、 NSC、集団的自衛権、TPP参加をやり、国と軍隊を売る対米隷属、そして「2」の、 徹底した金持ち優遇政策(社会的弱者の切り捨て)をやる新自由主義者・グローバリストとしての安倍晋三が浮かび上がる。

続いて「3」の、靖国参拝をし、中国を敵視し、「4」の、軍事国家を建設する国家主義者・歴史修正主義者としての安倍晋三が共通のものだと分析できる。

この「1」「2」と、「3」「4」とは、一見矛盾するように見える。しかし、安倍晋三においてはまったく同じものである。

わたしは、「3 中国敵視」と「4 軍事国家の建設」とは、「1 対米隷属」と「2 徹底した金持ち優遇政策(社会的弱者の切り捨て)」の産物だと考えている。

つまり徹底した対米隷属であるがゆえに、米国のアジア戦略に従って中国を敵視する。そして米国軍産複合体・イスラエル・国際金融資本(米金融ユダヤ)のために日本を対中戦争にもってゆく。これが安倍の実像であり、ミッションであるように思われる。

(以下、「2014年を振り返って」の一部だけ公開します)

有料メルマガのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの、当月は無料です。

機能的には、「3 中国敵視」と「4 軍事国家の建設」のふたつが、「1 対米隷属」と「2 徹底した金持ち優遇政策(社会的弱者の切り捨て)」の売国政策をカモフラージュしている。宗主国指示の様々な売国政策を容易にしている。

この「6 だましの政治」のために、絶えず安倍は正体を見破られる恐怖に襲われる。そこで「7 メディア支配」が企てられ、正体が喧伝されないようにしているのだ。

民主主義は最初から放棄され、「7 少数派による統治」が企てられる。今回の衆議院選挙でも、例年、もっとも投票率の低い12月が投票日に選ばれ、東京の大手メディアに選挙を盛り上げないための恫喝を加える。

さらに「自民党圧勝」の喧伝をさせて、無党派層の投票意欲を殺ぐ。こうして戦後最低の投票率を実現して政権を維持したのである。

今回の衆議院選挙の投票率は、戦後最低の52.66%だった。しかし、自民党の狙った少数派支配の目論見は実現された。

全有権者の自公に投票した比率は、約25%にすぎない。これで、国会議員の68.4%を支配することになった。

つまり今後の国会は少数派による、少数派のための政治が行われることになる。

いずれにしても、あくまでも安倍晋三の正体は、新自由主義のグローバリズムにあることを、見抜かなければならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

安倍晋三については、ネット上でもさまざまな批判が加えられている。今、ツイッターから、いくつかのツイートを取り上げると、以下のようなものがある。

「12月19日

hopkins

日本の社会は、第二次安倍政権下でどう変化したか。

人種差別や民族差別が増えた。
公共放送のニュース番組が、首相や政府に対する批判的内容を一切報じない。
日本人を礼賛する本やテレビ番組が急激に増加。
政府に批判的な人間への威圧・恫喝・見せしめ。

12月20日

浅井久仁臣

最近の時事通信の田崎氏を見ていると、ジャーナリストと言うよりも政府の広報官のようだ。
また、その田崎氏を多用するメディアの方針にも異を唱えたい。ジャーナリズムは政府権力を監視するのが役目。政府の情報の読者や視聴者への提供者であっても、代弁者であってはならない。

総選挙の翌々日の16日には、安倍首相が「読売」「朝日」「毎日」「日経」、NHK、日本テレビ、時事通信の編集委員・解説委員らを招いて都内のすし屋で会食したとの情報もある。
完オフ(話の内容は極秘)だとのことだが、マス・メディアの皆さん、あなた達は誰の代表なのですか?

12月21日

Sarah Yamasaki 山崎淑子

転載:これがアベノミクスのカラクリ! QT“@olivenews: 輸出大企業上位20社に 消費税8864億円還付 大企業は「いただく税金」中小業者・国民の税金が大企業に渡されている。

壺井須美子

300議席安倍政権は、来年から1万円の子育て世帯への給付を廃止、貧困世帯にだけ6000円を決定。鳩山小沢政権の子供一人当たり月27000円の子供手当、覚えてますか? 財源? 安倍さんはこの数か月で62兆円海外にバラまき、軍需産業に補助金、法人税減税。国民は小沢サンを見直すべきです

内田聖子

経済3団体トップ「痛み伴う改革も」。首相に要望:日本経済新聞
日本商工会議所、経済同友会、経団連のトップは、TPPの早期合意の他、原発再稼働も求めたという。恥を知れ、と言いたい。

hopkins

安倍政権下で日本は世界第4の軍事大国に。

日本の軍事費10年で3.9倍増。
1970年5,695億円。
1980年2兆2,302億円

2015度防衛予算の概算要求は5兆545億円」

問題は、徹底した対米隷属が生む中国敵視に対して、米国がどのように関わるのか、ということだ。米国のアジア戦略を押さえておくことが、何よりも大切なのである。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ