状況への呟き

(12月19日~20日の2日間のツイートをまとめました。
文章はブログ用に加筆・編集してあります。
また、「状況への呟き」では、ここで新たに作った呟きを入れることがあります。

投稿サイト、あるいはご自分のブログへの引用・転載等は、ご自由にどうぞ。
投稿サイト「阿修羅」などに、上手わたしのツイートを編集して投稿してくださる篤厚の方がいらして、1位にランクされているのを何度も見たことがあります。
感謝しております)

12月19日

放射能汚染の日本で売れない食材を、外国に輸出している。これは以前からのことだが。
バンクーバーで日本産のしいたけから放射能検出。こんなことをやっていると、外国から買ってもらえなくなるばかりか、売ってももらえなくなる。
食糧は輸入頼みの国に変え、わずかの輸出も放射能まみれにして、委細かまわず汚染食糧を輸出する。戦略がないのだ。国民を棄民する政治家たちは、外国も棄民する。

魚は回遊するので、基本的にもう無理だろう。漁港が関西だから九州だからといってる状況ではなくなってきている。
東電は、海産物をどんどん汚染している。外国で放射能汚染の結果が発表されているので、これから更に日本は孤立してゆくだろう。
オリンピックも分散開催に追い込まれたし、政治と釣り合った三流国家になる。

民主党が分裂せずに、今のままでいったら、得するのは菅直人、野田佳彦ら民主党壊滅のA級戦犯たちだ。だから、かれらは決して出てゆかない。今時、菅、野田らを拾ってくれる政党もないだろう。マイナスだけだから。それに野田はどう見ても自民党のトロイの馬だ。民主党に残る何かのミッションがあるのだろう。

結局、1%(米国、官僚、政財界、東京の大手メディア)は、自分たちの失政が作った1000兆円の借金を、すべて国民に払わせるつもりだ。それでも国民は怒らない。こういうのはすべて政治が悪いのだ、という発想がないのである。
今でも、すでに世界の識者からは笑われ者になっている。それを「我慢強い」とか「礼儀正しい」とかメディアに刷り込み(洗脳)されて、国民は家畜にされてしまっている。
家畜とは何か。主に対して言葉を奪われた民のことだ。

アホノミクスの大失敗を、すでに世界は半年ほど前に出している。恥ずかしいことに、まだ可能性があるかのように幻想を振りまいているのは、東京の大手メディアだけだ。この後に続くのはハイパーインフレ、そして日中戦争(世界戦争)である。今回の衆議院選挙で自公に政権を任せたのは、そういう意味だ。

12月20日

現在の日本は、戦争を知らない世代に、多くのことを示唆している。
なぜ日本は太平洋戦争に突入していったのか。その原因のひとつに新聞・ラジオがあったことは確かなのである。今も東京の大手メディアはどんどん日本を戦争に押しやっている。すでに完全な政府の広告・広報機関に成り下がっている。
首相と定期的に酒宴を張るメディア幹部。かれらの視界に、生活に苦しむ国民は入っていない。

今の東京の大手メディアには、もはや特定秘密保護法も必要ない。頻繁に開かれる首相と大手メディアとの宴会。「国境なき記者団」が判定する2014年の自由度ランキングでは、日本は何と59位である。世界は、たこつぼ化した日本とは違って、日本の現実をよく知っている。恥を知るがいいのだ。

安倍に対して「戦争のできる国」に変えつつある、という言い方はやめた方がいい。まるで、いいことへの変化のように聞こえるからだ。
「戦争する国」が正しい。これで三菱などの、安倍の関係筋の大企業は潤う。しかし、浅知恵はそこまでだ。反撃が国内の原発に加えられたら、その何倍の損失になって返ってくる。

外国のメディアを恐がり、記者会見を拒否する政治家たちで、日本は統治されている。
これは、ふたつのことを物語る。
ひとつは、東京の大手メディアが飼い慣らされた御用メディアだという現実。会食する仲なのである。
もうひとつは、世界には通用しない日本の政治家、ということだ。
この政治家と御用メディアとで、太平洋戦争と同じ状況が生み出されている。

自公とも、長期的な衰退過程に入っている。それでムサシにしがみつくのだ。今回の解散・総選挙も焦りが生んだものだった。とりわけ自民党は、経済は武器輸出・原発輸出しか、打つ手がない状態に追い詰められている。しかし、このリスクの高い商品は、いずれ巨額の損失と国民負担をもたらすだろう。

安倍晋三は、衆議院選挙後に「この選挙で、国民の理解と支持を得た」と語った。これは、すでに日本の政治が、「この今」に限定され、長期的な展望を捨てたことを示している。それで、たった2年間の延長でも欲しかったのである。これからあらゆることに「選挙の信任」が適用される。

ときの権力がやってはならないこと、というのがある。やればやれるが、やってはならないことである。そのひとつがメディアとの定期的な酒宴だ。これほど忌まわしいものはない。人間は弱い生き物である。こういうことを何度もやられると、権力の監視と批判ができなくなるのだ。これはやめるべきである。

権力がメディアを饗応する。それは元が取れるからだ。今の国民は、東京の大手メディアのいうとおりに動く。国民は、雨が降っていても、晴れだといわれたら信じるほど虚けている。中国に、今だったら勝てるから戦争しようとメディアが煽れば、その気になるだろう。だから権力の魔手がメディアに伸びるのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ