北朝鮮が水爆核実験をやった。それが水爆であるか、それとも原爆であるかは、今はどうでもいいことだ。安倍追及の国会が始まった直後である。いいタイミングだ。

安倍が困ったときには、北朝鮮の応援がある。あるいは、安倍も核実験を掴んでいて、それにあわせて国会を開いたのだろう。国会を閉じていた理由もこれでわかった。安倍は、この水爆核実験によって、

1 おのれの独裁を正当化する

2 戦争法(安保法制)を正当化する

3 軍事費を高水準のままに維持し、米軍産複合体と日本の軍需産業に儲けさせる

4 神社本庁などの神道を強化する(相対的にキリスト教などの弱体化を図る)

5 第三次世界大戦を南シナ海(あるいは東シナ海)で起こすための、軍備増強に北朝鮮の水爆核実験を利用する

昨日のニュースでニュースキャスターが、政府関係者に「事前に日本はこの情報を知っていたか」と訊いていた。テレビで、事前に知っていた、と答える無邪気な政府関係者が居るとも思えない。知っていたこと自体が最高機密なのだから。

現在でも、もっとも重要な情報はアナログ的な情報源から伝えられる。その情報源を守るためにも、知らぬふりしかできないのである。

金正恩は新しい世代である。すでに米国には、多くの北朝鮮留学生が存在している。米国は、帰国したそれらのエリートたちから相当程度の内実を把握している。

国際銀行家にとって、北朝鮮は、イルミニズムの宝庫(反キリスト教の無神論、「タダモノ」論としての唯物論)であり、対韓・対日支配の牙城である。この北朝鮮に原水爆を持たせることは、日韓の奴隷化を意味する。さらに第三次世界大戦の起爆剤の可能性を含めて、これほど重要な国はないのだ。

北朝鮮の核実験によって、状況は夏の選挙に向けて走り出した。最近の状況は、次第に気持ちが悪くなってきた。すべてに終末感が漂い、国のトップが法律を破り、カルトじみてきた。それだけ福島第1原発事件は深刻だったということだろう。

日本にとって致命的なのは、人災としての福島第1原発事件の、A級戦犯が、国のトップに立っていることだ。

2006年12月13日に、第一次安倍内閣に対して、共産党の吉井英勝が、質問主意書をだした。それは、地震・津波によって、内部電源=ディーゼル発電機やバッテリーなどの非常用電源も働かなくなったとき、機器冷却系が動かなくなる危険性を警告し、対策を促したものだった。

このとき、安倍晋三に国民の生命と安全を守る気があったならば、福島第1原発事件は防ぐことができたのである。そして福島は、今日も日本の豊かな穀倉地帯として安全な食を提供し続けていたのである。

しかし、吉井の貴重な警告に対して、安倍晋三は聞く耳をもたなかった。そして福島第1原発事件は起きたのである。

その失敗を隠すために、日本では放射能汚染や被曝疾患などはないことになっている。補償はこれでなくし、逆に人体実験で金儲けが企画されている。何ともお粗末で、かつ恐ろしい国なのだ。

原発や放射能汚染を語らない1%も、根底ではわが身を守るのに必死になっている。しかし、何によってわが身を守るかといえば、金だ。「今だけ、金だけ、自分だけ」の生き様が、1%を律している。

ブログランキング・にほんブログ村へ

状況の気持ち悪さ。

テレビ朝日系の、「朝まで生テレビ」が問題になっている。今日あたりやむのかと思っていたら、ツイッター上ではむしろ増えている。さぞかし電波芸者は喜んでいるだろう。

ことの発端は、番組途中に、電波芸者の田原総一朗が、「中小企業の実態を聞きたい」と観覧席へ話を振ったことだった。すると渡辺宜嗣アナウンサーが「大田区の建築板金業」と男を紹介した。その男は、田原に「じゃあ民主党も自民党も変わりはない?」(このあたりが電波芸者の真骨頂で、答えを引き出している)と振られて、

「あの、民主党政権のときよりはよくなったかなと、そういう印象はあります。なぜかというと物流としてモノが流れるようになって取引が生まれたので」

と答えた。田原は喜んで、「やや良くなったと」とまとめた。

この「大田区の建築板金業」は、実は自民党の東京都大田区議である大森昭彦だった。

テレビ朝日も田原も、あくびをしながら、番組ディレクターしか知らなかったと弁明。絵に描いたようなトカゲのしっぽ切りである。

番組自体が、ヤラセだったのではないか、という疑惑がネットに流れ始めた。もちろん最初からヤラセであり、田原総一朗という存在自体が、ヤラセのテレビ言語を操るヤラセ男だったのである。

若い人たちは、真面目な人ほど言葉をそのまま意味として受け取る。それで頭がよくても騙されてしまう。田原総一朗を見抜くときは、原発礼賛の与太話の講演で、講演料110万円の他に、交通費8万円、司会料3万円、管理手数料(食費含む)2万5千円、締めて123万5000円を、原発事故後の弘前市で受け取った事実を知るといい。この企画は、資源エネルギー庁と青森県が共催したもので、田原に支払われた金は税金である。

電波芸者は、テレビで審判と選手を一緒に演じる。だから今回のケースでは、大田区議の大森昭彦が選手だった。狙ったとおりのことをしゃべらせ、審判としての田原が、「やや良くなった」とまとめて安倍政権にヨイショした。そして己と番組の延命を図ったのである。

金のために、権力に寄り添った、テレビ言語の人生。初めから終わっていたのだ。

田原総一朗は、もともと文学や映画がやりたかった男である。それがダメで、テレビでのみ通じたのは、かれのあやつる言語が、本質的にテレビ言語だったためだ。別言すれば、思想や芸術に仕える言語ではなかったためである。

テレビ界を生きていくために視聴率を上げる。それを政治のテーマでやる。お坊ちゃん、お嬢ちゃん政治家をやり込める芸で、真面目な視聴者をだます。この芸風に気付いて、そろそろ電波芸者と決別していくべきだ。

(以下、長いのでメルマガの一部だけ公開します。

有料メルマガのお申し込みはこちらからです。
週3回(月・水・金)の定期配信です。それに、ほぼ週1回の臨時増刊号を加えています。(実質、ほぼ週4回になります)
初回お申し込みの、当月は無料です)


(無料メルマガのお申し込みはこちらからです。ほぼ日曜日ごとの、週1回の配信です)

気持ちが悪いといえば、神社本庁が、最近よく採り上げられる。ついに『リテラ』までが、「在特会より危険!?  安倍内閣を支配する極右団体・神社本庁の本質」というタイトルで採り上げた。

安倍内閣の19閣僚中なんと16人が神社本庁を母体とする政治団体「神道政治連盟国会議員懇談会」のメンバーであり、そして、安倍晋三首相はその神政連国議懇の会長をつとめているのだ。

(中略)

神社本庁の機関紙「神社新報」を見ていると、もっととんでもない主張がしばしば登場する。それは「祭政一致」だ。

祭政一致とは、神道の祭り主である天皇が親政も行ない、国政上、政府はそれを輔弼する(進言する)役割にとどめるという、大日本帝国憲法で明文化されていたものだが、神社本庁はそれを復活すべきだというのである。

たとえば、「神社新報」2008年10月27日付「憲法の基礎となる神道精神を考える」という記事のなかで神道政治連盟の田尾憲男・首席政策委員は憲法改正する目的として、こう力説している。

「そこで重要となるのが統治権の総攬者としての天皇の地位恢復。つまり、祭り主としての天皇陛下が国家統治者として仁政をおこなうとともに皇室祭祀を継承することで、表の政治機能と裏のお祭りが一体となって国が治まる。政治には党利党略や権謀術数がつきものだが、それを祭りの精神で正しい方向に導かなければならない。陛下にはそのお導きのお働きがある」

「陛下がご質問をされるだけで総理や大臣、政治家などに反省を促すことができる。政治家が陛下のお気持ちを重んじ、国民のために何がよいか党利党略を超えたところで考えるようにしなければならない。

陛下は何が国民にとってよいか、あるいは皇祖皇宗がどういうことを期待しているのか、祭祀の中で神々と接して悟っていかれる。それが政治に反映され、党利党略や謀略に走りがちな政治を清らかなものに正していくという働きを陛下にしていただかないと真の精神復興はできない」」

気持ちの悪さはどこからくるか。それは、精神の退行を見るからだ。日本が、どんどん劫初の、暗愚な日本、アジア的野蛮に回帰している。それは論理や合理性を欠いた、暗愚な世界であり、簡単に欧米にだまされる世界である。

ブログランキング・にほんブログ村へ

その宗主国の米国も、きわめてカルト的になってきた。
アンドリュー・タブラーは、「ロシアの介入で変化したシリア紛争の構図 ―― 内戦からグレートゲームへ」のなかで、次のように書いている。

(アンドリュー・タブラーは、ワシントン近東政策研究所のシニアフェロー。「グレートゲーム」とは、19世紀から20世紀にかけて、大英帝国とロシア帝国が、中央アジアのアフガニスタン周辺を巡って繰り広げた政治的抗争のこと)

ロシアは(シリアで 注 : 兵頭)さまざまな勢力を攻撃しているが、もっとも重要なターゲットに据えているのは、アメリカが支援してきた穏健派反体制グループ、サウジが支援するサラフィ派のアーラー・アル・シャム、そして(トルコが支援してきた)アルカイダ系のヌスラ戦線だ。

(中略)

ロシアがイスラム国に対してどのような計画をもっているかは依然としてはっきりしない。ロシアの空爆の80%がイスラム国以外を標的にしていることからみても、ロシアがこのテロ集団との戦いにどこまで本気なのかはわからない。ロシアが大規模な地上部隊を投入するつもりがなければ、ロシア(あるいはアサド政権)がラッカとユーフラテス渓谷を奪回するのは難しいだろう。

(中略)

要するにモスクワは、アメリカのバラク・オバマ大統領がさまざまな場面で繰り返し指摘してきた通り、 「シリアの泥沼」に足を踏み入れている」(『Foreign Affairs Report』2016 NO.1)

米国が、ロシアの空爆をどのように分析しているかが、よくわかる。

ロシア空爆の対象は「アメリカが支援してきた穏健派反体制グループ、サウジが支援するサラフィ派のアーラー・アル・シャム、そして(トルコが支援してきた)アルカイダ系のヌスラ戦線だ」と分析している。しかも、「ロシアの空爆の80%がイスラム国以外を標的にしている」と分析する。

前回のメルマガでも述べたように、シリアでの戦争は、もともと内戦ではない。

アサド政権打倒を狙う米国の指導のもとに、カタール、サウジアラビア、トルコ、ISIS、FSA、トルコが支援してきたアルカイダのシリア支部(ヌスラ戦線)、サウジが支援するサラフィ派のアーラー・アル・シャムなどによって作られた代理戦争なのである。したがって、アサドを守るロシアの空爆は、それらの、作られたテロを攻撃することになる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ