(今年も暮れました。

今日12月20日号を、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』の、今年の最終配信とします。次号の配信は1月10日(日曜)を予定しています。

来年は、『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』のPC版単体で、読者数3000を目指します。(現在は2770ほど)

わたしのようにテレビに出ていない者で、硬派の政治中心の内容で、政党にへつらわずに、使われることもなく、これだけの読者がいるのは、とても珍しいことです。また、読者の質が高いのが特徴です。

なお、わたしへのお便りは、ツイッターのDMでください。メールは見落としがたくさんあります。

来年が、皆さまにとって良い年になりますように祈り上げます)

さて、今年、最後のメルマガである。この一年を振り返ってみよう。書くことはたくさんあるが、紙幅の都合で、選挙と原発に限ることにする。

残念ながら、愉快なことは何も書けそうにない。

来年の参議院選挙(衆議院選挙)は、自公+「おおさか維新の会」が勝利する可能性が高い。もし、選挙の前に、消費税増税10%の先送りを自公が決めると、これで簡単に国民はだまされる。あるいは、東シナ海・南シナ海で中国との緊張を高める。これだけでも自公は圧勝する。

もしかすると、このふたつがなくても自公は勝つかもしれない。それは橋下徹と岡田克也の存在である。これがすでに野党を分断しているからだ。

自公はダメな政党だが、政権を維持するためには何でもするという透徹した認識。そして戦争への危機感。これが野党のなかに希薄である。もっともいけないのは、最大野党の民主党に、何が何でも政権をとるという迫力がないことだ。

メルマガで何度も予告したように、やはり安倍晋三は年金を株につぎ込んで8兆円も穴を空けた。まだ、株暴落本番の幕は開いておらず、これから年金の消失が始まる。底なしの間抜けが国のトップに立って、日本破壊に突き進んでいる。

ところが、野党は、この安倍に勝てないのだから、どうしようもない。

岡田克也という政治家は不思議な存在である。民主党政権では小沢排除に使われた。そして今度は共産党排除に動いた。常に米国・官僚・自民党に勝たせる動きをする。

election (2)

ブログランキング・にほんブログ村へ

こんなツイートが目についた。

「くわちゃん 憲法いかそう、原発ゼロ!

憲法学者の小林節さん。
憲法をドロボーする安倍首相の横暴な政治を止めるために、みんなが力を集中する時だ。改憲論者の私も、共産党や社民党と『一点共闘』し、徹底的にたたかう」「私の脳ミソには、一点共闘という言葉が染み渡っている。いまこれが大切であり、いい言葉はみんなのものになる」」

自民党と自民党二軍(民主党・維新)とが闘えば、一軍が勝つに決まっている。消費税増税、TPP、辺野古の米軍基地建設、戦争法、改憲と、大きな政策は変わらないのだから、国民としては一軍に軍配をあげるに決まっている。あるいは国民は興ざめして棄権する。

盛り上がっているのは、野党政党人の一部であって、時間とともに孤立感と敗北感を深めることになろう。

勝つためには仕方がない、という政治が国民を棄権に追いやる。夢がないのだから、当然である。せめて、夢をひとつに絞って、戦争法廃止だけでもと思ったが、それもできないかもしれない。岡田や松野が共産党排除に走るのは、そういうことだ。

(以下、長いのでメルマガの一部だけ公開します。

有料メルマガのお申し込みはこちらからです。
週3回(月・水・金)の定期配信です。それに、ほぼ週1回の臨時増刊号を加えています。(実質、ほぼ週4回になります)
初回お申し込みの、当月は無料です)


(無料メルマガのお申し込みはこちらからです。ほぼ日曜日ごとの、週1回の配信です)

来年は、この国の隠された主役・原発が前面に出てくるだろう。

この国では原発問題を書くのがとても難しい。その最大の理由は、政府・東電が情報を隠蔽し、公開するときも嘘をつくからだ。それを補強するようにメディアと知識人が嘘をつく。

その最大のものは、4号機問題だろう。

「junko

米報告書:100%の使用済み燃料が4号機から大気中に放出(事故翌週)

emi kiyomizu

報道はされてないです。
「(福島第一)4号機から使用済み核燃料の合計で100%が大気中に放出されました」:米国政府報告書

amaちゃんだ

やっぱり東電に任せている場合ではない4号機問題。なぜ核燃移動をやらないのか?
理由は、まともな核燃集合体が存在しない。
東電は、あるかのように装って隠蔽してきたが、実際には存在しない。
4号機では定検中に秘密裏の異様な作業が続いていた。

実はフクイチ4号機について、本当に不可解な事実がたくさんある。
定期点検中で止まっていたはずなのに、サーモ写真は明らかに原子炉の稼働を示すものだった。
いったい何をやってたの?
兵器用核燃料の製造しか考えられないのだ。
東電は政府と共謀して秘密裏に軍事用核燃料加工を行っていたようだ。

やっぱり福島第一原発の4号機、使用済み燃料は全部、大気中に放出されてた。
アメリカの原子力規制委員会の公式サイトに掲載されてる?
何だったんだ? あの燃料棒移動は

ブログランキング・にほんブログ村へ

戸谷真理子

「(4号機プールの燃料が溶けるようになれば)『東京すら放棄するしかない』と当時の原子力委員会の近藤駿介委員長が報告書を出しました」まともに報道されず、隠されたから、避難した人に対して、ひどい中傷の嵐だった。あれから4年。

飯山一郎

米軍は4号機の燃料プールが空だった! という情報(映像)を提供していた』という朝日新聞の記事を貼っておく。事実は事実として直視しなきゃイカンぞ!(飯山一郎)

asuka

@zodiac0088 こんばんは! やっぱり吹き飛んだのですよ。
そしてブルドーザーで…。

Fibrodysplasia

福島原発を廃炉にするには、数百兆円以上のカネと数百万人の命が必要で、それは国家破綻を意味している。インドに金持ちのための日本人村を作ったのも頷ける。日本への投資は意味をなさないし、円の価値はいずれ消滅する。そしてもし4号炉プールが燃え出したら北半球は終わる―南半球で人類は生き延びる。

4号機は試験運転のために、燃料を原子炉に移動中に地震が起きた。燃料が原子炉の底に落ちて核暴走が始まった。何度も水蒸気を吹き上げ、天井を吹き飛ばした。噴出は3ヶ月も続いた。QT>反原発派も触れようとしない原子力最大のタブー 槌田敦先生」

すでに中央省庁や独立行政法人の研究機関などが、歓迎されぬ地方移転をやり始めた。政治が逃げれば、官僚もまた逃げる。

一極集中の排除など、誰も信じない。放射能汚染が理由であり、これから現実がそれを証明していくことになる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ