米日のメディアとディープ・ステート

この世界は常識というモノが幅をきかせている。リベラリストの常識もあれば、コミュニストの常識というのもある。売国奴の常識もあるのだろう。それは、日本なんかどうなってもいい、自分さえよければ、というものだ。 ツイッターに、と…


SNSの状況

ツイッターの醍醐味は、けっして地上波メディアが報道できない、むしろ隠す情報に目に触れられることだろう。次のツイートなどもそのひとつである。 CIA創設者ウィロビー(旧@TsukamotoSozan塚本素山) 日本の国会議…


支配ツールとしてのメディア

安倍さまの犬HKの公式ホームページに、現在の犬HKばかりか、状況そのものを象徴するような画像と言葉が載って、ネットの反発を買っている。 プロレスラーの長州力の大きな画像を貼り付け、「受信料長州力(ジュシンリョウチョウシュ…


政治が下げる日本の評価

Windows 10の使い勝手が悪い。 Windows 10には、マイクロソフトの、ネット空間の占有意識と管理強化とを強く感じる。とくに表現への監視とEdgeブラウザーでMicrosoft IMEだけを使わせようという意…


米国のアジア回帰が日中を衝突させる

憲法記念日の5月3日、横浜市西区の臨港パークで「平和といのちと人権を! 5・3憲法集会~戦争・原発・貧困・差別を許さない~」集会が行われた。 そのなかで、作家の大江健三郎ら参加者は、安倍晋三を批判した。 『産経新聞』から…


メディアと「見ない自由」

『日刊ゲンダイ』(2015年4月18日)が、「NHKが敗訴 「契約結ばない限り受信料を払う必要なし」との認識に衝撃」と題して、次のように書いている。 「籾井勝人会長の私用ハイヤー問題や「ヤラセ報道」でテンヤワンヤのNHK…


「はしたない」統一地方選挙の前半戦を終えて

前回のメルマガでも述べた、「生活の党と山本太郎となかまたち」(以下、「生活の党~」と略記)の三宅雪子について、とりわけ彼女が始めた、そして成功しているツイキャスについて述べておく。 最初に述べておかねばならないのだが、以…


報道ステーションはダブルスタンダードの深化へ

昨日のメルマガで、3月27日に、古賀茂明が政権批判で報道ステーションを降ろされたことを書いた。 これがたいへん重要な事件だったことは、ネットの関心の高さにも表れている。その関心は、けっして一テレビ番組のスキャンダルから生…


メディア支配から戦争へ

東大教養学部英語コース(PEAK)の、2014年度合格者(同年10月入学)の7割が、入学を辞退して海外の大学に進学する。 関係者は危機感を募らせているという。しかし、別に驚く話でもない。放射能汚染にまみれ、戦争に向かう日…