「国際紛争」の記事一覧

ドゥテルテの運命

国際紛争

『朝日新聞デジタル』(2016年10月27日)によると、10月27日、共産党の志位和夫が、「連合指導部の『共産党と一線を画せ』との要求に従う道を選ぶのか、野党と市民の共闘に真剣に取り組む道を選ぶのか。民進党は前向きな決断・・・

北方四島問題は米日問題

国際紛争

いくら働いても、日本の国富は米国に吸い上げられていく。そのシステムのために自公や民進党などの政党は存在している。 このシステムが完成したのは、太平洋戦争の敗北によってである。 トルーマンはこう述べていた。 「猿(日本人)・・・

第三次世界大戦への訓練(2) 

国際紛争

今日のメルマガは先週の日曜日に配信した「第三次世界大戦への訓練」の第2回である。 第三次世界大戦といっても、もう誰も杞憂とは思わない。世界の識者の間ではずいぶん前から指摘されていたのだが、日本では政治とメディアが、自分た・・・

第三次世界大戦への訓練

国際紛争

新潟での蓮舫は惨めだった。新潟に来て肝心の原発に触れない。それで心を打たない演説になった。とにかく新潟の原発をどうするのか。一言も触れない。原発に触れないで、新潟の選挙応援は成り立たない。 「命を、子供を、守りたい」「し・・・

ドゥテルテ大統領の対米自立

国際紛争

前回のメルマガで書いた「周産期死亡」について、「概要」を引用させていただいた「inoue toshio 子どもを守れ!」が、こんなツイートをしていた。 「@asuka_250 ただいま、本文を「原子力発電_原爆の子」にて・・・

米ロ停戦協定はなぜ破られたか

国際紛争

9月24日、沖縄県庁で、なんちゃって極右・防衛相の稲田朋美、その実態は新自由主義のグローバリストが、翁長雄志沖縄県知事と会った。 翁長は、「辺野古の米軍基地建設を断固阻止したい」と、23日に、国側全面勝訴の福岡高裁那覇支・・・

ヒラリーとエルドアンの危険な明日

国際紛争

米国の元外交官のダン・シムプソンが「2015年末の段階で、米国について述べるならば、次のような結論に達する。それは『我々は、まるで殺人民族だ。自分達の家の中でも。外国でも人を殺している』」「米国が、武器取り引きを続け、戦・・・

稲田朋美の背後の南シナ海

国際紛争

世界は稲田朋美の防衛大臣で大騒ぎだが、日本は小池百合子の都知事で大騒ぎである。日本にとっても世界にとっても危険なのは稲田朋美だから、日本の大手メディアは真実を国民から隠すのだ。 『SukiyakiSongの日記』の「「稲・・・

トルコの闇

国際紛争

7月22日はポケモンGOの配信開始日。これで日本の愚民化は間違いなく深化する。 携帯については、文科省が抜本的な対策を打ち出さないといけないのだが、そういった器量も度量もない。ただ、大企業の政治部門として金儲けのお手伝い・・・

エルドアンという狂気の正気

国際紛争

エルドアンの精神状態が疑われる状況になっている。 もはや周りの人間がすべて敵に見えているようだ。疑心暗鬼になり、選択肢は大量粛清しか知らないようになっている。裁判官の停職、教員の停職(トルコ教育省は、クーデターに関与した・・・

ページの先頭へ