熊本大分帯状地震と総理の人災

以前から気にはなっていたのだが、今後は、政府の命名した熊本地震ではなく、熊本大分帯状地震と呼ぶ。それは政府が、なるべくこの大地震を小さく括って、安倍晋三の人災を隠し、被災地への支援を小規模にしようとしているからである。 …


広島土砂災害が露出したもの

広島の豪雨土砂災害時の、安倍晋三の行動が問題になっている。 この大雨は、日本政治の劣化の問題を象徴的にあぶりだして見せてくれた。しかし、あまりにもひどくて、それは、何かの間違いではないか、冗談ではないか、と思わせるほどの…


阪神・淡路大震災と東日本大震災との深淵

『マスコミに載らない海外記事』(2013年3月31日付)に、Paul Craig Roberts の「真実が抑圧された時、国は死ぬ」が載っている。 米国の状況を知るのに、面白いので一部を引用する。


9 阪神淡路大震災と水

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   9 阪神淡路大震災と水 全国の教育現場の校長、そして教頭に聞いていただきたい。


8 校長と組合

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   8 校長と組合 学校改革を志向するわたしは、組合を中心とした北須磨高校の、守旧派の徹底したいじめに遭い、わた…


7 闘いの日々

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   7 闘いの日々 わたしが神戸市の第3学区にある北須磨高校に移ったとき、為川は同じ第3学区の伊川谷高校に勤務し…


6 為川秀一

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   6 為川秀一 テレビは、夜になってもまるで死に酔いつぶれたように燃えさかるゲットーを映し続けていた。あるテレ…


5 落城の神戸

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   5 落城の神戸 店頭の4リットルボトルにわたしは目をとめる。水を販売していたのだった。 買おうと思ってボトル…


4 官僚の振る舞い

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   4 官僚の振る舞い 9時過ぎに、誰も出ないかもしれなかったが、気になって近くの公衆電話から職場に電話をかけた…