東京の38の公立図書館で、『アンネの日記』など、アウシュビッツ強制収容所に関係する80種類以上の関係本が破られた。

ユダヤ系団体サイモン・ウィーゼンタール・センターが破損した犯人の特定を要望した。

anne diary

こういう外国からの日本政府への要請は、これから増えそうである。日本政府のみならず、国民の民度の低さにも拍車がかかってきた感じだ。

わが国の反戦文学もこれから被害に遭うのかもしれない。イスラエル大使館は、被害に遭ったすべての図書館に『アンネの日記』を寄贈すると発表した。

たいへん陰湿な事件であるが、陰湿といえば、福島第1原発事故の直後に、福島医大の医師たちは、自分たちだけはヨウ素剤を極秘配布して飲んでいた。

yosozai

『フライデー』の(平成26年3月7日号)の記事が、ネットを怒りとともに駆け巡っている。

「本誌は、県内唯一の医大である福島県立医科大学(以下、医大)の内部資料を入手した。地元の市井の医師の情報公開請求によって、初めて開示された文書だ。そこには、医大の医師やその家族、学生だけに放射性ヨウ素被害の予防薬である「安定ヨウ素剤」が配られていたことが記されている」

福島第1原発事故直後に、メディアはいち早く現地から逃げたが、医者はヨウ素剤を飲んでいたわけだ。

それがいけないといっているのではない。

メディアは、テレビ・ラジオ・ネットを通じて、危険を県民に可能な限り知らせる職業的な義務があった。

また、医者は、自分が飲むと同時に、原発近くの住民にヨウ素剤を配布し、飲むべきことを周知徹底させなければならなかったのである。

それが、かれらの義務であり、職業の誇りであり、かれらの職業のモラルというものだ。

それをやらなかったのは、かれらが、他人の不幸を何とも思わない奴隷だからなのだが、それなら主人とは、いったい誰なのか。

『トルーマン回顧録』に引用されたマサチューセッツ工科大学の総長コンプトン博士の帰国報告では、「日本は事実上、軍人をボスとする封建組織のなかのドレイ国」であり、一般国民は、「一方のボスのもとから他方のボスすなわち現在のわが占領軍のもとに切りかわった」だけで、「この切りかえは、新しい政権のもとに生計が保たれていければ、別に大したことではないのである」と記されている。

この奴隷根性と状況は、現在に引き継がれている。

worst wage

labor comparison

現代植民地では、主人と奴隷の二項対立は消えている。主人と奴隷とは同一人なのだ。誰もが自分を奴隷だとは思わない、主人だと勘違いしている植民地なのだ。

不可視の主人は、米国や国際原子力マフィアのグローバリストである。

確かに、原子力村や文科省などの官僚、マスメディア、財界、学界などは、ネイティブの支配者ではあるが、かれらもまた奴隷であることに変わりはない。逆に奴隷を支配する奴隷として、その精神は奴隷以下の奴隷になっている。だからメディアも医者も、自分のことしか考えないのだ。

これが現代の植民地の現実である。

うまくやろうとするネイティブの支配者たちは、すべからく売国奴になる。かれらの目標は、いかに宗主国の国益を忖度して、その国益のために行動するかということだ。そのためなら、同胞を後ろからでも撃つ。すべては宗主国に役立つ人間を演じて、引き上げてもらうためだ。

与党政治家から、メディアや福島医大の学生に至るまで、この奴隷根性は、この島国に強固に住み着いているものなのである。

奴隷だから、メディアは逃亡した後に、自分たちが逃亡しなければならなかったほどの、現実の危険性を報道することもなかった。逆に政府と御用学者の、死の安全神話を垂れ流し続けたのである。

医者たちも、自分たちがすぐにヨウ素剤を飲まなければならなかったほどの、事故の危険性と事実を、隠蔽し続けた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

onodekita がこの件について本質的なことをツイートしている。

2月24日

「FRIDAY そこには、医大の医師やその家族、学生だけに放射性ヨウ素被害の予防薬である「安定ヨウ素剤」が配られていたことが記されている。

http://bit.ly/1bKkk1j (上記の『フライデー』と同じサイト 注 : 兵頭)

阿部光裕氏が既に証言していたが、医学生にまでのませていたのか…さすが、将来の被曝専門家ども」

「福島医科大の学生たちは、3.11直後にヨウ素剤を飲ませてもらっていたのか。そして、箝口令。なんかすごいな、この特権意識は。なぜ、漏れ出てこなかったのだろうか。恐ろしいことだ」

「大丈夫、問題ない、ヨウ素剤など内服する必要はないと、庶民には広報しておいて、挙げ句の果てにはさっさと配って内服させた三春町を非難しながら、自分たちはかげで、密かに内服していた訳か。

こんな二枚舌が許されるのか」

「それにしても、医師、看護師はいざ知らず、ヨウ素剤を配布してもらった学生600人以上が、秘密を漏らさなかったことは、脅威に匹敵する。福島市内に両親、親戚のいる学生もたくさんいただろうに」

「ヨウ素剤の配布。本当のことをいえば、裏切り者として、後ろ指を指される。知っているがみんな黙っている。一体何に気を遣っているのか」

2月25日

「黙ってヨウ素剤を内服した後ろめたさがあれば、今後ずっと体制側だよね。さすが、放射能専門家になる医師の卵たちだ。自己批判はないのか」

学生は、普通、こういうことを、学生仲間に、そして家族にも話すものだ。しかし、そこから先には話が漏れなかったということだろう。恐ろしい奴隷根性である。

こういう事実が表に出てき始めたのは、もう被曝の実態が隠しようもなくなったからであろう。

どうせばれるのだから、恥ずべき過去にも開き直ってきたわけだ。この国は、破綻のスピードを速めている。

この国の破綻は、憲法が定める三大義務、(1)教育を受けさせる義務、(2)勤労の義務、(3)納税の義務、を内閣(行政)が、ことごとく不可能にさせつつあることに露出している。

99%が、わが子を進学させるのが困難である、大学を出ても職がない、奨学金返済ができない。奴隷から家畜へ。これが現在、日本で進捗している現実だ。

2月25日に Fibrodysplasia が次のようにツイートしていた。

「都民は、心の準備を。QT>がん教育DVD【がんちゃんの冒険】が配布された。東京都の学校で遂に癌教育が始まった。

http://bit.ly/1ehUl0v
http://bit.ly/1fq27XV
http://bit.ly/1evdnfl 」

この「がんちゃんの冒険」なるDVDは、次のモチーフによっている。

「肉食を好み、タバコを愛する中年男性「オッジさん」と、それに友人のように取り付いたがん細胞「がんちゃん」 、

最初はがんちゃんをがん細胞だと気づかないオッジさんでしたが、共に暮らしているなかで次第にその正体が明らかに。

オッジさんが回を追うごとに、がんについて学び、検診や早期発見の大切さを実感していきます」

このDVDを見ても、生徒はがんの恐怖などけっして持たないだろう。

そのため、これから激増する小児甲状腺がんではなく、主人公を「オッジ」なる48歳の人物に設定した。

「日本人の2人に1人が、がんになる(発病する・罹患する)」と一般化して、これから激増する福島を中心とした東北の太平洋側、首都圏が隠蔽されている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

この続きは、 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 でご覧いただけます。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、ブログ用に編集してあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ