ドイツの反原発活動家が、フェイスブックやツイッターで精力的に活動している Emi Kiyomizu に、次の記事を送ってきた。

そして、世界で15万人の市民が、嘆願書の企画に参加して、福島第1原発事故で今も危険な状態が継続していることに、世界的な行動を呼びかけた。

嘆願書は、福島第1原発の原子炉を、世界の16人の原子力専門家達と国際エンジニアグループにコントロール(収支)してもらうことを、国連事務総長の潘基文宛てに要請している。

http://bit.ly/1iYZlWf

すでに嘆願書は、世界中から15万人の署名を集めた。

今週の木曜日に、小委員会のメンバーから、ニューヨークの国連に嘆願書と手紙を届ける。

この組織は、 Emi Kiyomizu によると、以下のような組織である。

「私の所属しているAHIMの町の反原発組織です。

30年以上反原発と戦った素晴らしい仲間です。

昨年は、津波で被災孤児になった日本の子供達に、クリスマスプレゼントを送るのに協力してくれました。

彼等は毎年3月11日にはNO.MOREFUKUSHIMAのビラ撒きをしてくれます。

バリバリの活動家達です」

ブログランキング・にほんブログ村へ

(和訳開始)

世界で15万人の市民が、嘆願書を集めることに参加して、福島第1原発事故で今も危険な状態が継続していることに対して、世界的な行動を呼びかけた!

福島第1原発事故が、今も継続していることに対応するために、世界中の組織が集めた嘆願書とサインした手紙は、木曜日に国連に渡される。

嘆願書の文書は、福島第1原発の原子炉を世界の16人の原子力専門家達と国際エンジニアグループがコントロール(収支)することを、国連事務総長、潘基文宛てに、要請している。

手紙や嘆願書は、世界組織Green Shadow 小委員会が、その他の市民団体にも呼びかけて、世界の数百以上の組織や個人によって署名された。

嘆願書は、世界中から15万人の署名を集めた。

今週の木曜日に、小委員会のメンバーの、Harvey Wassermanさん、Jill Stein さん、Margeret Flowers さんが、ニューヨークの国連に嘆願書と手紙を届ける。

この嘆願書に署名してください。

http://bit.ly/HIWSDv

活動家小説家Harvey Wasserman氏から。

“我々は、キューバ危機以来、今、2ヶ月以内に人類の最も危険な状態にさらされる。

東電が処理するための方法を持っていない核燃料棒1300本が、空気中100フィートにある、ひどく損傷したプール内に保管されている。

広島の原爆降下で放出された放射線量の、15,000倍以上の放射線量が、放出される可能性がある。

福島第1原発から、1,000トンの放射線汚染水が海に流出された。

オバマ政権は、約30年間に米国で新しい原子力発電所を建設するために、83億ドルの融資を提供しようとしているが、国連は、オバマ大統領が、福島第1原発の収支の為に 83億ドルを融資するように緊急にオバマ大統領に話さなければならない、国連はその努力をして、リードしなければならない。

福島第1原発事故についての嘆願書です。

http://bit.ly/18WBCCf

その後、11月7日の木曜日午後5時に、活動家達はニューヨークとアトランタのCNN事務所前でデモを行い、プロパガンダ映画 「原子力産業のための勝利」に対して抗議を行う。

(和訳終わり)

ブログランキング・にほんブログ村へ

2011年10月1日より有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 (月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ