山本太郎は狙われている。

狙っている連中は既得権益支配層であり、核になっているのは原子力村である。

先兵として週刊誌が使われている。まだ、本陣の新聞・テレビは正面切っては出てきていない。

いずれ出て来るかもしれないが、そのときは山本太郎なる政治家が、それだけ抜き差しならぬ大きな存在になったことを物語る。

政治家は、いかな大物でも、不得手な領域があり、そこに堪能な側近の影響を受ける。

誰とはいわないが、側近が間違って、主人公の政治家が間違っているケースも結構あるのである。

その側近を批判する支持者がいたときは、十分に重用すべきだ。

側近の反対を押し切って重用できるかどうか、それもすべて山本太郎の性格が決める。

山本には正義感がある。それは99%の既成政治家が捨てたものだ。

山本には明るさも若さも軽さもあって、それが幅広い支持者を集めている。

わたしが関心をもつのは、山本太郎が、清濁併せ呑む、といった下らぬ政治に染まらずに、どこまで現在の正義感(反政治の政治)を保てるかということだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Video not available

ブログランキング・にほんブログ村へ

2011年10月1日より有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』 (月額:840円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信しております。

月・水・金・それに号外と発行しております。

「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ